WelSearch ウェルサーチ|福祉の専門家や当事者たちが発信する福祉情報サイト

日本の福祉と世界の福祉を体感したリアルな話!ウェルトーークvol.4前編

  • 最終更新日:

TV制作の会社を経営しながら、障害者と健常者が一緒に暮らすがコンセプトの川崎市にあるシェアハウス「MAZARIBA」を運営されている内田勉さん。福祉の専門家や当事者が発信するWebメディア「Welsearch(ウェルサーチ)」の編集長である日野。

 

『ウェルトーーク!』とは、この2人による、一般的な福祉の支援とは、ちょっと違った福祉のアウトサイダーの2人が提供するによる参加者も一体なって進めていくトークライブです。

 

2019年4月21日(日)に、「ウェルトーーク!」の第4回目を開催しました。この記事では、YouTubeでライブ配信した動画だけでなく、トークライブの書き起こしをしております。当日、見れなかった、参加できなかったという方も見れる・読めるようにしました。

 

第4回目のゲストは、海外との繋がりも多く、日本初の障害者が障害者の起業支援をするNPO法人BPKS-JAPAN理事長の野田さんをお呼びして、あまり知る機会が少ない日本の福祉と世界の福祉について、いろいろと質問させていただきました。

 

長くなってしまいましたので、前編・後編の2つの記事でご紹介しておりまして、今回は最初の記事です。前編では、野田さんの自己紹介から日本の福祉と世界の福祉との比較について、語っていただきました。

 

多くの国を渡り歩いて、障害当事者にインタビューをしている野田さん曰く、日本の福祉は最優秀国という驚きの言葉がありました。バリアフリーが整っていない、障害者に厳しいと言われている中、なぜ日本の福祉は世界の福祉と比べて、最優秀国なのか?今回のウェルトーークでは、その真相に迫ってみました!

Sponsored Link

ウェルトーーク!vol.4

「ウェルトーーク〜vol.4」でも、ゲストをお呼びいたしました。日本初となる障害者が障害者の起業支援をするNPO法人BPKS-JAPANの理事長「野田 徹」さんです。海外との繋がりがたくさんあり、母体のBPKSというNGOは、国連のESCAP障害者人権向上委員会で、最優秀賞を受賞されたバングラディッシュの障害者支援団体です。

 

野田 徹(のだ とおる)さん

 

プロフィール

2011年の東日本大震災で、障害者4級の当事者となる。多くの大使とも繋がっており、通訳、翻訳講師、外交なども手がける。2017年にNPO法人BPKS-JAPANを立ち上げ、日本初となる障害者が障害者の起業支援・生活支援をする活動をしている。

 

  • 2016年:国連障害者の生き方会議(アイルランド)に参加
    バングラディシュで障害者TVに出演
  • 2017年:国連障害者の生き方会議(イギリス)に参加
  • 2018年:国連障害者の生き方会議(ウィーン)に参加

 

まず最初に「ウェルトーーク〜vol.4」の動画になります。聴覚障害者の方や動画よりも文章の方がいいという方のために、書き起こしの文章もありますので、お好きな方でご覧になっていただければ幸いです。

 

第4回目のウェルトーークの動画になります。

出演者の自己紹介

日野
では、始めますか。ウェルトーーク4回目!

 

内田
4回も続きましたね!

 

日野
意外と4回目なんですよね。まだまだ続ける予定ではありますので、今日もよろしくお願いします。視聴者の方もよろしくお願いします。

 

内田
では日野さん自己紹介お願いします。

 

日野
今はウェルサーチという福祉のWebメディアを運営しており、そこで障害当事者や福祉の専門家の方々に発信をしてもらっています。

 

なぜやっているのかと言うと、福祉業界はITがすごい弱いのですが、素晴らしい活動や専門的な知識を持っている方が多いので、そういう人たちの発信する場を提供しています。

 

では、内田さんもお願いします。

 

内田
僕はシェアハウスを5件ほど運営してまして、その内の1つがこの会場にもなっているMAZARIBA(まざりば)です。

 

障害がある人とない人が一緒に住むというテーマのシェアハウスを運営しています。本業はテレビディレクターで、いろいろなニュース番組を作っています。よろしくお願いします。

 

日野
お願いします。では4回目のゲストを呼んでまして、4回目は、とっておきの面白い話をしていただきます。野田さんお願いします。

 

野田
皆さん、こんにちは。NPO法人BPKS-JAPANの野田と申します。障害当事者で、2011年から障害の世界に入りました。

日野
ではまず野田さんの活動、BPKSの活動についてお願いします。

 

BPKS-JAPANとは

野田
まず1つ、メインの活動は「障害者も起業しよう」という、いわゆる起業家支援です。自分のバックグラウンドが元々政府側にありまして、日本は障害者雇用が上手くいっていないというのを目の当たりにしてきました。

 

上手くいっていないのは当たり前で、国会議員に障害者がいないという部分からして僕ら、障害者の実情を分かっていないのです。だから健常者でものを考えているので、どうしてもミスマッチが出てきます。

 

当団体でもう1つ強いのが、外国で起業することや外資系で就労することです。外国人と仕事をしようということがメインなんです。障害者、特に特別支援学級に通ってる障害児は、一般的な教育を受けていないから意外に何にも知らなかったのです。

 

日野
外との接点が少ないですからね。

 

野田
少ない。驚きました。当団体にも特別支援学級を卒業した52歳の方がおります。もう大変なことですよ。何にも知らないので、1から今教えています。

 

それも小学校4・5年生ぐらいのものから教えています。あ、バングラディッシュにも今繋がってきましたね。この人、日本語分かる人なので大丈夫です。

 

海外の障害者との繋がりが強いBPKS

日野
今回は、国際的な発信になっております。

 

野田
これ何故かと言うと、当NPOって本部がバングラディッシュのNGOで国連ESCAPのメンバーなんです。「ESCAP」と言うのは、障害者当事者の団体がけっこう入っておりまして、僕らが提案したものを国連に持っていってくれる団体なんです。

 

何年か前に安倍首相が「障害者差別禁止法」という罰則のない法律を作りましたが、あれは実は国連が動いているんです。日本が勝手に作ったものではないんです。

 

内田
国連から降りてくるものなんですね!

 

日野
母体のBPKSは、国連の障害者委員会で大賞?優秀賞?を受賞されたんですよね?

 

野田
最優秀賞をとったんです。なんと最高の賞を4回くらい取ってます。

 

日野
そんなに取ってるんですね。

 

野田
そうなんです。優秀な団体なんです。バングラディッシュのBPKSも同じように障害者が障害者を支援するのですが、そこは生活の支援までやっています。当団体はどちらかと言うと起業のみです。起業と就労雇用もやりますけども、メインは起業です。

 

生活まで面倒見るのはなかなか大変なので、すみませんが当団体ではこれは、まだできていないです。もう1つは、外国の障害者が日本で働きたいという時の窓口もやっています。

 

外国の障害者が日本で働きたいときの窓口

内田
外国の障害者が日本で働きたいというのがあるんですね。

 

野田
あります。知らないでしょう?今、外国人のヘルパーが多いですよね?その受け入れもやっています。政府の海外就労窓口もありますが、そこに行くとまず英語が通じないという問題が出てくるんです。

 

東南アジアの英語ってすごいですからね。何を言っているかわからないんです。

 

日野
「訛り(方言)」ということですか?

 

野田
はい、訛りがすごいです。例えば、エレファントがエニファントですから。「何を言うてんねん!」って世界です。

 

当団体は、私もバングラディッシュ英語に慣れています。もう1人副理事長はベトナム英語に慣れていて、向こうの英語が分かる為、窓口になれるということです。

 

起業する時に問題なのは、ビジネスマナーがまったく分かっていないことです。それは最近の健常者も一緒です。20代30代のマナーがまるでなっていないので、今は健常者にも教えています。

 

日野
自分もちょっと教えてもらわないといけないかもしれないですね(笑

 

身体障害者4級でもできることがたくさんある

野田
私は身体障害の4級なのですが、実は全部麻痺しているんです。手も麻痺して足も麻痺しています。麻痺してるけど、動くというのは親も分かってくれないんです。

 

内田
(野田さんの腕を持ちながら)見た目的には、何も問題がなく大丈夫そうですよ?

 

野田
こんなんでもピアノも弾くし、車も運転します。問題は熱湯に手を突っ込んでも何にも感じないってことです。温度感覚がないってことです。

 

【参加者】

僕も左手は、動かないんですよ。僕の場合は、脳の病気なんですが、温度感覚もないですね。

 

野田
脳からからくるものですか?

 

【参加者】

右脳ですね。だから、左手と左足が不自由です。

 

野田さんが障害者になったきっかけ

野田
原因が違うんですね。僕は糖尿が原因なんです。

 

日野
障害者になったきっかけが糖尿病ということでしょうか?

 

野田
そうです。糖尿病からきて、普通は心臓発作で亡くなっちゃうとか、失明するとか。まだ足で良かったと思うんですけどね。

 

【参加者】

手は、どのような後遺症あるんですか?

 

野田
肩から先は全部アウトです。こうやって、つねっても痛くないです。

 

【参加者】

感覚がないんですか?

 

内田
(野田さんの腕にペンを刺しながら)痛くないんですか?

 

野田
感じないです。だから実際に見てなければ、わからないです。

 

内田
では、物を掴むなどはどうしてるんですか?

 

野田
筋肉はあるので、動くは動くのだけども。

 

日野
触覚がないってことですか?

 

野田
紙を手で持つのと持たないのと私は一緒の感覚です。わからないです。だから、名刺交換は大変ですね。パッてやったらあれ何もないなんてよくあります。お札は出せないですし。

 

【参加者】

私も左手で物を持っていると、よくポロッと落としてしまいます。

 

野田
同じです。そういうことです。いつの間にかないんですよ。だからもう持ちません。携帯電話もここにはめられるようにしています。

 

お札も出せないので、お財布の中に1,000円札がたくさんあるとしても1枚で取れないです。

 

日野
2枚出してしまうということはないんですか?

 

野田
よくあります。名刺なんか5枚ぐらい一気に出してしまって、すみません1枚取ってくださいって。

 

【参加者】

野田さんの場合、両手がそうでしたか?右手は普通なので、右手でなんとかなります。だから、左手でしかできなくなった状態なんですね。

身体障害者で危なかったエピソード

野田
僕は両手アウトなんですよ。だから、足も同じく裸足で歩こうが靴を履こうが一緒なんです。

 

失敗したのは一昨年、真冬の北海道でいつの間にか靴が脱げていて凍傷の寸前でした。怖かったです。気付いたら後ろに靴があるんです。「あれ!?」と。地面は氷点下ですよ。

 

【参加者】

痛さも感じないのですか?

 

野田
何にも感じないです。もともと釘を踏んじゃったんですよ。釘を踏んだことに気付かなくて、同僚に「野田さん靴から血が出てます!」と言われて初めて気づきました。

Sponsored Link

 

そこから腐ってしまって、私今、足がこういう状況です。指は3本切断しました。えらい目にあいました。

 

使いやすく杖も改造した

日野
今は杖を使っていらっしゃるんですよね?

 

野田
今杖も、これ相当改造しましたよ。1回障害者の雑誌で取り上げられまして。これ登山用の杖を改造したんです。

 

これどうやって持っているかと言うと、この手の登山用のものって普通こう持つでしょう?そうじゃないんです。僕は実はこういう持ち方をしています。

 

野田さんが使っている改造した杖

 

内田
手首まで入れるということですね。

 

野田
こういう状態で、手首のこの部分まで入れると支えてくれます。すると手を離してこういうことができます。これは便利です。

 

自動販売機で何か買う時に入れたままこうやって物を持てて買えるので、けっこう楽です。なんと言っても手を離しても支えられるというのが便利。これは楽でいいです。

 

これで1回取材が来ましたよ。面白い杖を持ってますねと。

 

 

【参加者】

改造はしてないのですか?

 

杖に滑り止めもつけている

野田
滑り止めの為に真田紐(さなだひも)が入っています。わざわざ上田まで行って買ってきました。この色がないんですよね。

 

これは何をヒントにしたかと言うと時代劇で忍者が吊着(つるぎ)に真田紐を巻くと滑らないというのを見て、「これだ!」と思いまして。それで見事に滑らないですよ。

 

内田
ちょっといいですか?おお、滑らない。

 

野田
いいでしょう?ちゃんと止まります。1回ちょっとぎゅっと結んだだけで、ちっとも取れない。色々やりましたよ。

 

なぜ杖の取っ手の部分にいろいろと巻いてるかと言うと、手首が擦れてきて、その内赤切れになっちゃうんです。だから、真夏でもサポーターを付けているんです。どうせ暑さを感じないですから。

 

汗びっしょりでもわからないからいいやと。感覚のない便利性はすごいです。そう嫌なことばかりじゃない。何でもプラス思考に。

 

世界の福祉と日本の福祉を見てみる

日野
ありがとうございます。BPKSの活動を通して、いろいろ海外と繋がりがあると思います。日本に住んでいると、日本の福祉の情報しかほとんど聞かないじゃないですか。

 

今日は、海外の福祉の状況などを聞ければと思ってます。ちょうど先月ですかね、イギリスに行かれたとのことですので、その話を聞かせていただければと思います。

 

野田
もちろん。もう外国に行けば行くほど福祉がわけわからん。

 

内田
えっ!?どういうことですか?外国のほうが進んでるんじゃないんですか?

 

野田
そうでもないです。たぶん平均すると世界どこも一緒という結論になりました。これはどういうことかと言いますと、障害者になる前から福祉関係をやってるのは、友だちに障害者が多かったからです。

 

それで2007年から海外に行って、向こうの福祉を聞いているわけです。その辺の横断歩道を渡っている現地の障害者を捕まえて聞くんです。関西なので、赤の他人に普通にもの聞けるんです(笑

 

【参加者】

めっちゃわかります(笑

 

野田
橋の上で漫才が始まるわけよ。特に大阪は。同じようなことをイギリスでやるわけです。

 

今まで、アイルランドイギリスバングラディッシュと行って、障害者を捕まえて、「あなたどうなの?」と聞いてきましたよ。今生活どうなの?仕事どうなの?とたくさん聞くわけですよ。

 

日野
見知らぬ人に、答えてくれるんですか?

 

野田
ちゃんと答えてくれます。「こういう理由で聞かせてください」って説明すると、もうバンバン喋ってくれます。

 

関西人はいかに相手の言葉を引き出すかっていうが、たぶん得意なんだと思います。

 

日野
世界でも通用する。

 

野田
間違いなく世界で通用すると思います。ずっとやってるんでね。

 

すると、まずイギリスの話をすると、よくイギリスとか北欧、北ヨーロッパっていうのは福祉が進んでるって言いますよね?

 

日本の福祉はトップレベルで充実している?

日野
北欧は、福祉の先進国というのは聞きますね

 

野田
すごくいいって言うじゃないですか。実際そうでもないです。これたぶん国連の目線から見て、いいって言うんでしょうね。

 

その観点から言いますと、国連の目線から見て日本って最優秀国なのよ。

 

内田
えー!そうなんですか?

 

野田
最優秀国。福祉の世界ではトップですよ。でも、僕ら障害者は「は?」って思うでしょう?

 

内田
ちょっと疑問に思いますけどね。

 

野田
総合するとトップなんですよ。理由は、まず1つ例を見せましょう。私には、障害者手帳があるんですけれど、大体この手帳があるという国も少ないです。

 

日野
へぇー!手帳自体がない国が多いんですね。

イギリスには障害者手帳がない

野田
手帳自体、イギリスにはないです。

 

内田
これ何手帳って言うんですか?

 

野田
これは身体障害者の4級と言って、これ4級って障害者としては中途半端なんです。重度でもないし軽度でもない。

 

これ級によって保障があるわけです。例えば、○○がタダだったり、税金免除、タクシー券はもらえるとかあるんです。これは日本だけです。こういう交通系の支援に関しては、日本はたぶん世界のトップですね。

 

【参加者】

電車も半額ですよね。

 

日野
距離が100キロ以上でしたっけ?

 

野田
100キロ超えるとJRは半額になります。特急券はならないけれど、高速バスも半額ですから。僕なんか大阪まで2,000円で帰ってます。

 

内田
青春18切符よりも安いですね。

 

野田
そんなものはいらないです。

 

【参加者】

僕も青春18切符は、買ったことないです。

 

イギリスのバリアフリー事情

野田
ですよね?僕も障害者になってから買ったことないです。障害者手帳で十分行けます。でも、これは日本だけなんです。

 

イギリスはどうなっているかと言うと、手帳はない代わりに交通福祉カードというものがあって、障害者だという証明書、要は診断書ですよね。それがあれば、交通福祉カードを買えます。

 

日野
買わないといけないんですか?

 

野田
買わなきゃいけないんです。でも、日本ではもらえるんですよ。障害者手帳はタダでもらえますし、私は横浜市民なので横浜市の無料バスカードがあるんです。これは川崎市もあるのですが、たぶん政令指定都市だけですかね?

 

【参加者】

そうだと思います。僕は今まで大阪と京都に住んでいましたが、バスカードはありました。

 

野田
大阪・京都・神戸もあるんです。それで他の市はこれはないんです。だから、鎌倉市とか横須賀市もないです。おそらく政令指定都市だけなんです。黒字だからか知らないですけれど。

 

ロンドンは、交通福祉カードっていうものを年間160ポンドで買います。年間22,000円くらいします。ところが、完全タダにはなりません。なんと3割引だけ。どう思いますか?

 

日野
買う意味あるんですか?

 

野田
一応あります。なぜかと言うと、イギリスの地下鉄の初乗り料金はなんと1,000円。高いんです。

 

ところが1日券も1,000円だけれども、一週間乗っても1,000円なんです。

 

日野
変わってるんですね。

 

野田
おかしい。わけがわからない。イギリスの場合、交通インフラが最悪です。電車のバリアフリーは、まるでなってないです。

 

内田
そうですね。歴史が古いというのもちょっとあるんですよね。

 

野田
古いから古い列車も使うわけです。古い列車が来た時は、車椅子アウトなんです。

 

日野
次を待たなきゃいけないんですか?

 

野田
次の列車を待たなきゃいけないです。イギリスっていうのは石畳が多いわけです。車椅子ユーザーにとっては、最悪です。もうかなり厳しい。

 

だから、向こうの身体障害者は腕力がすごくて、がっちりしています。この石畳に関しては、変えようとしないんです。なぜかは知らんけど景観や歴史を重んじるんですね。

北欧の車椅子ユーザーはどうしてる?

野田
だから「障害者は頑張れ!」以上。アイルランドもそうでしょう。アイルランドも石畳が多くて大変です。車椅子専用の歩道があるけれど、細い。向こうから来るとどうやってすれ違うの?ってなります。

 

日野
でも、外に出る人は多いんですか?

 

野田
あまり見ないです。

 

【参加者】

車に乗られますね。私、ワーホリで働いていた時に副社長が車椅子の方で。その方は、会社と家の行き来しかしないです。絶対車で移動して、出たらすぐ車でしたね。

 

車椅子を畳んだりする人はお手伝いでしたので、あまり道端歩いてるということはないです。

 

野田
ただし、杖つきは物すごく多いです。なぜか言うと、交通事故が多いからだと思うんです。人に当たるのが物すごく多いです。やはり車のマナーは、日本がたぶん1番いいと思います。

 

内田
それで杖をついてる人が多いんですか?

 

野田
事故ってぶつかってっていうのが多いのかしら。とにかくヨーロッパは杖つきがやたら多い印象です。

 

こういう交通サービスは海外にはないので、日本っていいなと思いきや、日本の問題は就労の部分です。

 

後編もお楽しみに

第4回目の『ウェルトーーク!』前編となります。前編では、野田さんの自己紹介から日本の福祉と世界の福祉について、語っていただきました。世界の福祉の情報というのは、あまり聞く機会もないので、とても新鮮でした。

 

野田さん自身、身体障害者で方から先が麻痺している中、努力をして車の運転やピアノの演奏などができるようになり、世界も渡り歩いて、障害者の現状を街頭インタビューされております。前編でお伝えした世界の福祉についてまとめますと、以下になります。

 

世界の福祉

  • 障害者手帳がある国が珍しい
  • イギリスの地下鉄はバリアフリーが整っていない
  • 日本は保証が手厚い
  • 欧米は石畳が多い

 

前編では、世界の障害者にまつわるバリアフリーや交通事情がメインでしたが、後編は就労がメインとなります。バリアフリーや交通に関しては、世界の福祉の先進国と言われている北欧などよりも整っているとのことでしたが、就労に関しては、世界の福祉と比較して、日本はどのような状況なのでしょうか?

 

では、第4回目の後編は、こちらからどうぞ。

 

 

 

一緒にパーソナリティーをしている内田さんが運営しているシェアハウス。川崎市にある障害者も健常者も一緒に住めるMAZARIBAも随時、見学は無料で受け付けております。福祉とはかけ離れたテレビ業界で活動されており、少し違った目線から障害者福祉のことを知ることもできるでしょう。

 

次回もスペシャルゲストをお呼びしております。次回のウェルトーークの詳細は、こちらからどうぞ。

→ ウェルトーーク!

 

『ウェルトーーク!』も皆さんと一緒に作り上げていきたいと思っておりますので、「こういうトークが聞きたい」・「○○さんとのトークライブが聞きたい」といったご要望がありましたら、お問い合わせからいつでもリクエストしてください。

 


The following two tabs change content below.
日野信輔

日野信輔

株式会社Nextwel代表取締役。WelSerch編集長。福祉×Webマーケティングで障害者のプロデュースなどしております。ネットの力で福祉業界の素晴らしいところをどんどん発信するサイトを構築してます。詳しいプロフィールはこちら→日野信輔


▼『友だち追加』から登録する▼






お問い合わせはこちら


Sponsored Link

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

YouTube公式チャンネル

公式LINE@

記事やメルマガでは書けない

ウェルサーチの「素」の部分を配信♪



RETURN TOP