WelSearch ウェルサーチ

WelSearch(ウェルサーチ)の想い

私がなぜ「WelSerch(ウェルサーチ)」という
サイトを立ち上げたかというと、
福祉をよりよい世界にしたいと思ったからです。

 

  • 支援者
  • 当事者

 

の両方に役に立って、
楽しめるような居心地のいいサイトに
なるようにしていきます。

 

福祉業界って大変なの?

 

福祉業界はとくに、
支援者も当事者も

 

  • とてもいい活動をされている方
  • とても素晴らしい挑戦をされている方

 

が非常に多いと思っています。

 

ですが、

 

その活動を外部に発信している人が
他の業界に比べ、極端に少ないです。

 

だから、

 

メディアで取り上げられるものは、

障害者の事件だったり、
福祉業界の就業環境の悪さだったり

いいとは言えないような
話題ばかりが目立ってしまいます。

 

結果、

 

福祉って大変だよね…

 

っていうイメージが確立してしまいます。

 

おそらくあなたも福祉の仕事をしていたり、
障害者の家族がいたり、

障害者の当事者だったら、

 

「大変だね~」

「すごいね~」

 

などと言われたことはありませんか?

 

それが論より証拠です。

 

 

福祉業界はすごい

 

福祉業界にはとてもいいことがたくさんあります。

 

障害者でもできることがたくさんあります。

 

でも、

 

その「いい部分」を知らないで、
ネガティブ状態に陥ってしまう人が
とても多いと感じています。

 

  • 給料が少ないから…
  • 障害者だからできない…

 

と思ってしまっている人がとても多いです。

 

でも、このような状態になってしまうのは
今の世の中、しょうがない部分もあるかと思います。

 

 

なぜかというとそれは、
先ほども申し上げたように、

1部の過激な情報のみが
クローズアップされやすいからです。

 

 

だから、福祉の素晴らしい活動や
障害者の能力をこのサイトでは
発信していき、より多くの人に

Sponsored Link

知ってもらいたいと思っています。

 

 

当たり前を知りたい

 

では、素晴らしい活動をされている
情報しか発信しないのか?

 

というとそうでもありません。

 

なぜかというと、

障害者の生活や、支援者の生活を
知りたいという方はとても多いのです。

 

例えば、昨日、半身不随に
なってしまった人というのは、
どう生活していいかわからないです。

 

そういった人たちにとっては、

 

  • ペットボトルの開け方
  • お風呂の入り方

 

など当たり前の生活のことを
どうすればいいかがわからないのです。

 

これは支援者も一緒です。

 

今さら

 

このような当たり前の世界から
知っていただきたいと思っています。

 

何か自分も行動しなきゃ!

 

と思う必要はありません。

 

 

  • こういう世界があるんだ
  • こんなことができるんだ

 

というのを知っていただき、

今の生活にもっと希望をもっていただきたいのです。

 

このサイトを通じて、
選択肢をもっと増やして
いただきたいと思っております。

 

 

みんなで作っていきませんか?

 

でも、私1人の力では限界があります。

 

だから、

 

みんなで協力してサイトを作り上げて、
みんなで福祉全体をよくしていければと思い、
このサイトを立ち上げました。

 

一方通行のコミュニケーションではなく、
ライターさん、読者さん、運営者。

 

みんなが気軽にコミュニケーションがとれる
サイトにしていければと思っています。

 

ですので、

 

気軽にコメントをしていただきたいですし、
にやりほっとや福祉あるあるも
投稿していただければ幸いです。

 

「こんなのでいいのかな~?」

 

というものでも構いません。

 

あなたのその投稿がより多くの人の役に立ち、
福祉全体がよりよい環境になっていくと信じていますし、

そうなるよう私も精一杯努力します。

 

あなたもこのサイト、
いや、福祉全体を一緒によりよくしていく
仲間になっていただければ嬉しく思います。

 

日野信輔

YouTube公式チャンネル

Facebookページ

RETURN TOP