WelSerch

盲目の格闘家がプロレスラーに挑戦!日本の大人たちを元気にする共生プロジェクトをスタート!

大舘裕太さんの挑戦

今までに目が見えないプロレスラーは、日本にはいなかった。

 

でも、そんな無謀とも言える挑戦をして、挑戦する勇気を与える人になりたい!そして、障害があっても周りの理解さえあればプロレスもできるんだということを自分の行動で見せたい。

 

と語る盲目の格闘家である大舘裕太さん。

 

そんな大舘さんが、日本初となる視覚障害者(盲目)のプロレスラーとしてデビューするためのクラウドファンディングに挑戦されております。

 

うぇるさーる
いったいなぜ盲目という状況で前代未聞のプロレスラーに挑戦するのか?

 

大舘さんの想いに触れてみました。

盲目の格闘家|大舘裕太とは

ボクシンググローブをはめた大舘裕太さん

大舘裕太

 

1984年12月26日生まれ

生後8ヶ月で網膜芽細胞腫 目に小児癌が見つかる

右眼摘出手術 左眼放射線治療

右目は義眼。左目の視力は0.3。

1996年 中学1年 柔道をはじめる

14才で黒帯

2000年 16才でプロレスのリングに上がる

2002年 18才 左目の視力もなくなり、プロレスから離れる

18才で鍼灸師の免許をとるため神戸の学校へ

2005年 21才 鍼灸マッサージ師国家資格取得

2014年 30才 膀胱癌で2度手術

2016年 32才 結婚|一児の父となる

2018年 34才 トレーニング再開

2022年 38才 石川県加賀市に移住

 

視覚障害があるからこそ感じた「愛」

うぇるさーる
大舘さんは、ほぼ生まれつき視覚障害がありますが、この障害を「ギフト」とおっしゃっておりました。

 

障害があることで幼少期にいじめを受けたり、やりたいことができなかったりと、視覚障害であることを嫌になったこともあります。

 

ですが、この視覚障害があったからこそ、周りに支えられて優しさにも触れることができたり、家族の愛を感じることができたとおっしゃっております。

 

「障害」と言うと、どうしてもマイナス面を見てしまう人が多い。

 

でも物事には、絶対に「良い面」も「悪い面」もある。見方を変えると、障害があるからこそできることが見えてくるようになりました。

 

だから、目が見えないということは、僕にとってギフトなんです。

 

施術をしている大舘さん

鍼治療やマッサージもできる大舘さん

 

うぇるさーる
もちろん周りの環境も重要だと思いますが、大舘さんのこの考え方は、非常に参考になりますね。

 

「良い面も見て、障害があるからこそできること」。これが見つかると、自分自身の役割というのが明確になるのではないでしょうか。

 

クラウドファンディングの概要

今回のクラウドファンディングは、盲目の格闘家である大舘裕太さんが日本初の視覚障害者プロレスラーになって、誰もが挑戦しやすい社会を創ること

 

うぇるさーる
大舘さんご自身がクラウドファンディングにかける想いを語っている動画もありますので、紹介させていただきます。

 

 

なぜプロレスラーになるのか?

左目のみ視力がほんの少し残っていた時期に、プロレスのジムに通っていた大舘さん。

 

視力がなくなってしまっただけでなく、ガンも見つかったこともあり、段々と挑戦することから逃げてしまっている自分に気づき、そんな姿を子どもに見せたくない!という思いがあったのがキッカケでした。

 

コロナ禍もあり、世界的にどんよりムードになってしまった昨今。

 

そんな現状を変えたい!

 

視覚障害があるからこそ自分にできることは、無謀と言われることに挑戦し、その姿・行動を見せて、みんなを元気にすること。

 

だから、諦めかけていたプロレスラーになる夢をもう一度追いかける。視覚障害があってもプロレスラーになり、リングに上がる!といった挑戦をすることに決めたのです。

 

リングの上でヘッドロックをかける大舘さん

 

共生社会にも繋げていきたい

うぇるさーる
さらに大舘さんは、自分がリングに上がることで共生社会の認知にも繋げていきたいとおっしゃっております。

 

障害があることで自分が幼少期にいじめを受けてきたこともあり、そのような経験を他の子には経験させたくないという想いもあります。

 

まだまだ日本では、プロレスを含むエンタメ業界だけでなく、多くの業界でも障害がある方を目にすることが少ないのが現状。

 

教育の環境でも特別支援学校や支援級などと分断されており、一緒に過ごす機会が少ないです。

 

だから、偏見も多くなってしまうのではないでしょうか?

 

プロレスというエンタメから周りの理解さえあれば、障害があっても一緒に活動できるということを実現して、日本の共生社会の認知に貢献していきたい。

 

うぇるさーる
障害理解の認知は、ウェルサーチも重要視していることでして、周りの理解・支えがある環境であれば、誰もがもっと過ごしやすくなると思います。

 

日本初の視覚障害者プロレスラーを応援しよう

大舘さんの熱い想いに触れて、感化される人が増え、日本がもっと元気になる。そんな未来を実現できるよう、みんなで応援することから始めてみませんか?

 

今は個人で発信する人も増えて、障害がある方も以前より世の中にフォーカスされることが多くなってきました。

 

だからこそ、大舘さんのように挑戦されている方がより多くの方に知ってもらえると、共生社会への道もグンと広がるのではないでしょうか。

 

うぇるさーる
大舘さんの前代未聞の挑戦を応援し、一緒に誰もが挑戦しやすい社会を創っていければ幸いです。

 

大舘さんの想いに共感してくださったら、下記からぜひ応援のほどよろしくお願いいたします。

 

日本初の視覚障害者プロレスラーになり、誰もが挑戦しやすい社会を創りたい

 

大舘さんクラウドファンディングに飛ぶボタン

 

 

 

The following two tabs change content below.
アバター画像

ウェルサーチ 障害者・編集チーム

Welsearchの障害者・編集チーム。障害を持ったさまざまな方がリアルの日常や施設・職場での体験を発信しております。障害者の生活や考えはどのようなものなのか?感じ取っていただければ幸いです。


▼『友だち追加』から登録する▼

LINEお友達追加



おトクな無料会員登録

お問い合わせはこちら


Sponsored Link

あわせて読みたい

  1. 四葉のクローバーを渡そうとする少女
  2. 授業を行う人形たちの写真

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。