WelSearch ウェルサーチ|福祉の専門家や当事者たちが発信する福祉情報サイト

自宅の玄関を自動ドアに?身体障害者でも外出が楽になるアイテムとは?


車いすユーザーや体に麻痺のある身体障害者の方であれば、

 

  • 一人では玄関を開けられないので、外出が大変…
  • 麻痺があり、ドアが重くて開けられない…
  • 片腕なので、荷物があると鍵の開け閉めが大変…

 

といった悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

 

「玄関が自動ドアだったらなぁ…」と思ったことは一度や二度じゃないはず。

 

うぇるさーる
実は、そんな理想を叶えてくれる商品があるのです!

 

自宅の玄関や開き扉を大掛かりな工事不要で、わずか1日で自動ドアにしてしまうのが、合同会社システムクリエーションさんが提供するスイングドアオペレーターです。

 

しかも補助金を使えば、持ち出し0円でできるケースもあるということですが、詳細はどうなっているのでしょうか?

自宅の玄関を自動ドア化

この「スイングドアオペレーター(開き扉用自動ドア)」とは、既存の扉(玄関やエントランス等)をドアを交換することなく自動ドアにすることができる商品です。

 

実際の商品は、こちら。

 

 

うぇるさーる
え?こんなアイテムで自動ドアにできるの?

 

と思うかもしれませんが、できちゃうのです。

 

例えば、

 

  • ご自宅の玄関
  • 施設や病院の扉
  • マンションのエントランス

 

などの既存のドアに、このスイングドアオペレーターを取り付けるだけで、ドアを自動ドアにすることができるのです。

 

うぇるさーる
実際に、どんなものか動画で見たほうがイメージが付きやすいかと思います。

 

おすすめの方

このスイングドアオペレーターがおすすめの方は、

 

  • 車椅子ユーザー
  • 体に麻痺がある方
  • 高齢者
  • 上記のご家族
  • 介護に携わる方々

 

など、玄関の出入りが大変だった方には、とても便利になるアイテムです。

 

うぇるさーる
この大きなハードルが一つなくなることで外出が楽になり、元気になっていただけた方も多くいらっしゃるとのこと。

 

代表の酒井将之さんは、「障害者だけでなく、健常者にとっても物理的な障害を減らすことで、能力などに差がないことを理解してもらい。差別意識を減らしていきたい。」という想いで、お客様のご要望を汲み取ってくださいます。

 

スイングドアオペレーターの特徴

自宅の玄関やエントランスなどを自動ドア化してくれる「スイングドアオペレーター」ですが、特徴は5つ。

 

5つの特徴

  1. 工事は1日で完了
  2. 体が不自由な方でも使える
  3. 重い扉も楽に開閉
  4. 耐久性も抜群
  5. コロナ対策も

 

うぇるさーる
1つずつ解説していきましょう!

 

工事は1日で完了

ドアの交換をする必要がないので、今の玄関にスイングドアオペレーターを取り付けるだけでOK。

 

しかも工事は、わずか1日で終わるスピード。

 

体が不自由な方でも使える

専用のリモコンキーを操作するだけで、ドアと鍵の両方を自動で動かすことが可能。(センサーも対応可能です)

 

体が不自由な方や荷物などで手が塞がっていても、自動でドアと鍵の開け閉めができるようになります。

 

個人宅の玄関を自動ドアにした例

重い扉も楽に開閉

個人宅だけでなく、ホテルや医療施設などの重くて頑丈な扉にも取り付けすることができます。

 

老人ホームの個室扉を自動ドアにした例

 

耐久性も抜群

風速15m/sでも安全に開閉できるだけでなく、100万回もドアを開閉しても問題なく稼働しているケースがあるほど耐久性も抜群です。

 

また、回生ブレーキがついているので、追い風の日でも安心してドアを開閉することができます。

 

コロナ対策としても

ドアに触らないで開閉できるため、コロナ対策としても有効活用できます。

 

また、電気錠など既存のセキュリティーシステムとの連動することも可能。

 

 

スイングドアオペレーターの特徴は、以上の5つ。

 

うぇるさーる
さらに、システムクリエーションさんは、直近5年の施工現場数が日本一という実績!

 

お申し込みの流れ

お申し込みの流れも簡単で5つのSTEPを踏むだけです。

 

STEP1:無料相談

まずは、この記事の下にあるお問い合わせフォームを入力し、無料で相談します。

 

STEP2:無料の現地調査

次に、実際に自動ドアにしたい扉が対応可能かどうか無料で現地調査いたします。

 

STEP3:お見積り

ご自宅の玄関やエントランスに合わせて最適な仕様をご提案いたします。

 

コストを抑えたい、玄関の鍵を自動化したいなど、ご要望も可能な限りお応えいたします。

 

STEP4:各自治体への申請

直近5年の施工現場数日本一で培ったノウハウをもとに申請の支援も行っております。

 

補助金が使えるかどうか不安な方もお気軽にご相談ください。

 

STEP5:施工工事

ご自宅の玄関やエントランスにスイングドアオペレーターを取り付けます。

 

大掛かりな工事ではないので、わずか1日で完了します。

 

 

お申し込みまでの流れは、この5つのSTEPとなります。

 

うぇるさーる
現地調査から施工工事までを最短1週間で設置できるとは驚きです!

 

補助金の利用も可能

実際の材工にかかる基本の料金は、50万円となっております。

 

うぇるさーる
ただ、個人宅で体の不自由な方が導入する場合、補助金が活用できるケースもあるみたいです。

 

住宅設備改善費の給付など障害者対象の補助金を活用できるケースも。

補助金活用事例(東京都江東区)

うぇるさーる
持ち出し0円で玄関を自動ドアにすることができた事例もあるとのことです。

 

日常生活用具及び住宅設備改善費を申請して、

 

・小規模改修:20万円

・中規模改修:64万円

 

の補助金を活用することができました。

 

補助金の額は、お住まいの自治体によって異なります。

 

無料相談

ご自身の使い方によって、オプションなどの内容が変わりますが、システムクリエーションさんでは、できる限りご本人の要望に寄り添ったご提案をしてくださります。

 

うぇるさーる
「自宅でも導入できるかな?」と気になった方は、相談や現地調査は無料でしてくくれますので、下記からぜひお問い合わせを!

 

基本的に関東全域に対応しておりますが、その他の地域でもお気軽にご相談ください。

 

ぜひあなたの生活が少しでも楽になれば幸いです。

 

相談をしたからといって、契約しなければいけないということはないので、ご安心ください。

 

■運営会社HP

合同会社システムクリエーション

 

 

 


The following two tabs change content below.

ウェルサーチ 障害者・編集チーム

Welsearchの障害者・編集チーム。障害を持ったさまざまな方がリアルの日常や施設・職場での体験を発信しております。障害者の生活や考えはどのようなものなのか?感じ取っていただければ幸いです。


▼『友だち追加』から登録する▼






お問い合わせはこちら


Sponsored Link

あわせて読みたい

  1. 開きドアを自動ドア化するための負担額は?助成金を使えば負担が少ない!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YouTube公式チャンネル

障害者の自立プロジェクト

公式LINE@

記事やメルマガでは書けない

ウェルサーチの「素」の部分を配信♪



RETURN TOP