WelSerch

【休職者支援のオンラインコミニティ】リコネクト・ラボがオープン!!

  • 最終更新日:
lavolpbig

悩みから夢まで話せる東京の居場所「ココトモハウス」は、休職者同士が繋がるオンラインコミニティ、リコネクト・ラボB版 を2021年12月3日にリリースしました。

リコネクト・ラボとは

リコネクト・ラボは、休職者同士がゆるいネットワークでつながり、安心した環境で休むこと、また次のステップや選択肢を見つけるサポートを行うオンラインコミニティです。

 

リワークなどと異なり、復職を目指すのではなく、自分自身と向き合ったり、休むための居場所として利用できます。また、ラボ内では社会保険労務士やキャリアカウンセラーなど、専門家の方からの助言を受けることができます。

 

リコネクト・ラボのサービス

リコネクト・ラボでは無料のコミュニケーションアプリSlackを通じて交流を行いながら、お互いの気持ちをシェアしたり、次の選択肢を考えます。

lavolp

休職者同士で繋がる

休職している人の悩みとして、休み中に何をしていいのかわからないといった悩みだったり、安心できないといった悩みがあげられます。リコネクト・ラボでは、休職者同士が集まり、安心した環境の中で、ゆっくりと回復を目指すことができます。

 

専門家に相談できる

心と身体が疲れて自分で考えたり、調べることが難しい時に、社会保険労務士や社会福祉士、キャリアカウンセラーなどの専門家に、医療や福祉制度に関する質問・相談をいつでも好きな時にすることができます。

 

選択肢が見つかる

定期的なグループワークや対話を通じて、自分に合った働き方や、自分が本当に選びたい生き方についてのヒントが見つかります。

 

休職者同士が安心して休める場所を作りたい

lavolp2

 

サービスリリースにあたり、30名以上の休職者に話を聞かせてもらいました。話を聞いていく中で、多くの休職者が、これからの自分のことに不安を持っていたり、休職期間をどうすごせばいいのかわからないといった問題を抱えていました。

 

また、休職に辺り、自分のこれまでの生き方や働き方を見直したいという声も多く聞かれました。リコネクト・ラボではこれらの問題を解決するため、休職者同士が繋がることで安心して休める環境作りや、次の人生の選択肢を考えるための情報提供やアドバイス、メンタルサポートを行っていきます。

 

今後について

リコネクト・ラボは、B版としてスタートし、より利用者にとって役立つコミニティになるようサービスを改善していきます。(B版では全てのサービスが無料で利用できます)

 

B版終了後は、月額1,000円の課金制としてサービスを運営していく予定です。B版終了一か月前までに告知させていただきます。

 

リコネクト・ラボへの登録はこちら

 


The following two tabs change content below.
普段は就労支援員をしながら、ココトモハウスというコミニティの管理人をしたり、生きづらい人のためのコミニティ、Creeの運営をしています。過去にギャンブル依存症になり、誰にも打ち明けることができなかった自分は世界で誰よりも孤独でした。そんな自身の経験から、この社会に居場所がない人のために何かをしたい、そんな思いで自分の人生を生きています。言葉を通じて、少しでも同じ思いを持つ人達の力になれたら、と思っています。どうかよろしくお願いします。→ココトモハウス


▼『友だち追加』から登録する▼






お問い合わせはこちら


Sponsored Link

あわせて読みたい

  1. 自己肯定感が上がる
  2. 平凡な自己像

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。