WelSearch ウェルサーチ|福祉の専門家や当事者たちが発信する福祉情報サイト

吃音で辛かった過去を受け入れられたキッカケ!吃音だからこそできる仕事を見つけたこと

  • 最終更新日:

初めまして、ジュンと申します。 

 

私は発達障害を抱えており、その他にも吃音(きつおん)の症状を幼少期より持っています。 

 

そういった背景があり、昔から「ふざけているのか?」「もっとゆっくり話していいよ」などと言われることが多く、特にコミュニケーションの部分で生きづらさを抱えて生きておりました。

 

ジュン
そんな自分が嫌いだったのですが、今は吃音を受け入れることができ、自分の好きな仕事をしながら生きております。

 

私が吃音を受け入れられたキッカケは写真撮影だったのです。

 

今回は、写真撮影を通して人とのコミュニケーションを重ね、吃音でも出来る仕事があるという事に気づいたきっかけをお話させていただきたいと思います。 

吃音とは

吃音を簡単に説明いたしますと、言葉がスムーズに出てこなく、話すという事に難儀する症状の事です。

 

「おはようございます」と言おうとしても初めの「お」が言葉として出てこなくそれを言い始めるまでに時間がかかる。

 

「お、お、お、お、おはようこざいます」と初めの「お」を連発してしまう。「おーーはようございます」と最初の「お」を伸ばさないと話せないといった症状です。

 

ジュン
吃音という言葉自体、最近言われ始めた言葉で昔は「どもり」という言葉で表されていました。

 

どもりという言葉自体、近年では差別用語や放送禁止用語とされているためほとんど使われていないという現状です。

 

吃音が原因でコミュニケーションが苦手に

吃音を知らない人からしたら、ふざけて話していると思って怒ったり、緊張しているからそういう話し方になるのではないかと思って「ゆっくり落ち着いて話せば大丈夫だから」と声をかけられる方もいらっしゃいますが、吃音自体言葉の障害で当人自体しっかり話そうとは思っていても、それが出来ないという状態です。

 

吃音には、人によって言いにくい言葉があったり、逆にこれならあまり吃音が出ないという言葉があったりします。

 

そのため言えない言葉を言いやすい言葉に置き換えて話したり、ジェスチャー等を交えてなんとか会話を試みようと吃音の方は色々工夫もされています。

 

ジュン
吃音に関しての原因は定かではなく、様々な治療法はあり人によっては改善することもあるようですが、決定的な改善方法は見つかっていないというのが現状です。

 

そういった吃音に関して、それを持っているという認識で何かしら生きづらさを感じていましたが、吃音に関して自分の中でだんだんと受け入れらるキッカケがありました。 

 

それは『写真撮影』です。 

 

カメラ

 

写真と言葉の壁

 

ジュン
私は、昔から人と関わるのが苦手な方でした。

 

冒頭で述べた通り発達障害の影響も多分にはあるのですが、 それ以上に吃音で幼少期から話し方をバカにされた記憶がずっとこびりついていたことが主な原因です。 

 

友達も決していなかったわけではないですが、どこかやはり本当に心を開けていなかったと思います。 

 

ジュン
それでも人との交流は楽しい事は知っています。

 

 自分は昔からゲームが好きでしたので、それを通じての友達はインターネットを通じてだんだん増えていきました。 

 

そのゲームの友達を通じてコスプレという物を知り 表現をするのは何も言葉だけではない。 

  

最初はコスプレをする側として仲間と楽しく過ごし そのうち、そのコスプレする仲間を撮影する側に 回って表現する楽しみを存分に味わっていました。 

 

それでも、やはりそこに付きまとうのが言葉の壁です。 

 

伝えることに興味を持つように

風景や物などを撮影するなら相手と話す必要はありませんが、 人を撮るとなるとやはり相手がいます。 

 

自分はどんな撮影をしたいのか。 

 

それを伝えるにやはり言葉は必要でした。 

 

時には怪訝な顔をされながらも、なんとかやりとりは出来ていました。 

 

ジュン
伝える事がしたい!

 

写真撮影を通じて、もっと相手とのコミュニケーションを円滑にして、いい写真を撮る。その想いが、今まで吃音があるので苦手だと思っていた「伝える」ということに、興味を持つことができたのです。

 

言葉でのやり取りに苦労しながらも、写真撮影にのめりこんだ私は技術を学ぶために、とあるプロの写真家の方と話す機会を得ました。 

 

 

吃音の当事者だからこそできる仕事に気づく

その写真家の方と最初は技術的な話をさせていただいたのですが、話の途中でその写真家の方が一言 

 

『君は吃音を抱えているんだね』

 

と言われました。

 

その時は、「自分の話し方で気分を害されたのかな?」とも一瞬考えたのですが、続けて話されたことを聞いて、その考えは一掃されました。

 

『君は吃音なのだから、他の吃音の方の気持ちも少しはわかると思う。 同じ吃音の方のための撮影もできるんじゃないか?

 

君が伝えるのが苦手なのと同じように、こんな写真を撮って欲しいのに吃音で伝える事ができない人もきっといるだろう。

 

その思いをくみ取る写真家になれるだろう。』

 

ジュン
これを聞いた時に、吃音当事者の私だからこそできる仕事が見つかったのです。

 

吃音をプラスの解釈に

同じ吃音だからといって、すべて同じように苦しみを理解することは出来ません。 

 

やはり伝える事が苦手な人は、大勢います。 似たような立場だからこそわかる事は多いです。 

 

過去の自分は、吃音だから辛い事ばかりに目を向けていました。 

 

ジュン
ですが、吃音だからわかる事もある事に気づいた後は、同じように表現に苦しむ人の気持ちを汲み取るれるんだ。 

 

ということに気づくことができたのです。

 

その気持ちで、今では相手が何を表現したいのか。 相手が伝えたい事を汲み取れるカメラマンとして活動しています。 

 

何が出来るかを考えてみる

「〇〇だから苦しい。」

 

ジュン
だからこそ、その立場でわかる事が多いです。 

 

人それぞれ何か苦しみはあります。 

 

一見するとマイナスな解釈になってしまいがちですが、この「だからこそ」がわかる事に、一度目を向けてみるとあらたな道が開けます。

 

これを読んでいらっしゃる皆様もそれぞれ何かしら問題を抱えていらっしゃると思います。

 

その問題を抱えているからこそ、他人に対して何が出来るのではないかと是非一度考えてみてくださればと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。


The following two tabs change content below.

ジュン

発達障害(ADHD・ASD)と吃音を抱える40代男性。今まで発達障害の事は知らずに生きてきたが、友人の話を聞いて自分にも当てはまる事が多すぎる事を実感し、病院にて診断を受けると見事に発達障害との認定を受ける。自分に何ができるかと考えた時、趣味の写真でプロの先生に話を聞く機会があり、吃音が強く出ていたことに気がついた先生が『君は吃音持ちだね。だったら吃音の方の気持ちがわかるはず。それを活かして吃音の方の気持ちがわかるカメラマンになったらどうか』という言葉を思い出し、発達障害者として同じ気持ち、舞台に立てる人間として趣味のカメラ、動画編集技術を活かして情報発信をする事を決意。


▼『友だち追加』から登録する▼






お問い合わせはこちら


Sponsored Link

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YouTube公式チャンネル

障害者の自立プロジェクト

公式LINE@

記事やメルマガでは書けない

ウェルサーチの「素」の部分を配信♪



RETURN TOP