WelSearch ウェルサーチ|福祉の専門家や当事者たちが発信する福祉情報サイト

シェアハウス株式会社リバ邸代表の片倉蓮さんインタビューvol.1

  • 最終更新日:

過去にトラウマがあったり、鬱屈した経験がある人に対して居場所を提供されている法人を知っていますか?

 

生きづらさを抱えている方が自分の居場所を見つけられるシェアハウスリバ邱です。

 

今回は、「現代の駆け込み寺」というコンセプトでシェアハウスを運営されているリバ邱代表の片倉蓮さんにインタビューをさせていただきました。今回は、7つの記事にわけて、インタビュー内容をお伝えしていきます。

 

第1回目のインタビューは、片倉蓮さんの自己紹介です。もともと中卒で学歴コンプレックスや生きづらさを抱えていた片倉さんが行っている事業の概要について語っていただきました。

Sponsored Link

リバ邱代表の片倉蓮さんプロフィール

 

 

片倉 蓮(かたくら れん)さん

リバ邸

 

プロフィール

 

株式会社リバ邱、有限会社スーパー片倉の代表。高校中退後、バーの経営をするが、お金の関わりしか周りとの縁がないことに気づき、人生を見つめ直す。生きづらさをどうにかしたいと彷徨っていたところ、家入一真さんが創業したリバ邱というシェアハウスに出会い、人との繋がりの大切さを知る。クズサロンというオンラインサロンでは、100名近くのメンバーがおり、クラウドファンディングも2つのプロジェクトを成功させている。

 

シェアハウスのリバ邱とは?

日野
こんにちは、インタビュアーの日野です。

 

今回は、生きづらさを抱えている若者たちの居場所づくりをされている片倉さんにインタビューをさせていただきます。片倉さん今日はよろしくお願いします。

 

はい、よろしくお願いします。

 

現在、

 

  • 株式会社リバ邸
  • 有限会社スーパー片倉

 

っていう2社の代表をさせていただいております。

 

日野
かしこまりました。まずリバ邸では、どんな事業をされていらっしゃるのでしょうか?

 

もともとリバ邸っていうのが連続起業家の家入一真さんが創業した事業なんです。

 

GMOペパボ株式会社で29歳という史上最年少上場をされたり、都知事選とかも出てる人ですね。

 

日野
はい、有名な方ですもんね!

 

僕もそうなんですが、家入さんも中卒なんですよ。自分がドロップアウトした経験を元にそういう人たちの居場所も必要だよね!

 

ってことで現代の駆け込み寺また、再挑戦する人のための駆け込み寺っていうので最初リバ邸を立ち上げました。

 

実は、僕も高校一回やめてるので、中退して、また通信高校入ったんです。僕もそういう経験があったらから、家入さんにはすごい共感してたんです。

 

日野
片倉さんも中退されていたんですね。

 

1回失敗した人たちってどうしても社会から除け者にされるじゃないですか?

 

高校やめてる時点で「こいつおかしいんじゃないの?」みたいなイメージですよね。

 

日野
そこまで思うかはわかりませんが(笑)

 

まぁ、一般的にはいいイメージは持たれにくいですよね。

 

それがすごくコンプレックスだったんですよ。だから、そういうことを一般の人には話せないでいたんですね。でも、僕がリバ邸に初めて関わった時にガールズバーを経営してた話とか高校辞めた話をしてたんですね。

 

そしたら、みんなけっこう面白がって聞いてくれて、否定が全くないんですよ。リバ邸に住んでる人って、本当みんな優しい人ばかりなんです。それでなんかここ僕が求めてる形に近いなって思ったんです。

 

最初は自分のつけた名前のシェアハウスを運営してたんですが、「自分もリバ邸でやろう」と思って、リバ邸の仲間になったんです。

Sponsored Link

 

日野
もともとはリバ邸とは別の形でされてたんですね。

 

トラブルも乗り越えた経験も

その時のリバ邸って「全国に勝手にシェアハウスを建てていいよ!」って家入さんが言ってたので、色んな人が運営をやってたんですよ。

 

でも、それって仕組み化されてないから、トラブルも多いんですよね。それで、家入さんが「これは誰かがリバ邸をまとめないといけないよね」って話をしてたんです。

 

僕が代表をやりたかったんですけど、色んな各地で「僕もやりたいです」って人もいっぱいいたんですよね。で、どうしたら代表になれるか考えたんです。

 

日野
それ気になりますね!

 

これは自分でたくさんリバ邸の支部を作っていくしかないなと思ったんです。

 

実績を作ろうと思って、自分で10軒くらいリバ邸を作ることができたんですよ。10軒くらいリバ邸を作ったら、家入さんから直接

 

「蓮君、代表やりなよ!」

 

って言ってもらったのが、代表になった経緯です。

 

 

クズBARとオンラインサロンも運営

日野
リバ邸にそんなエピソードがあったんですね。

 

他にもスーパー片倉の代表をされているとのことですが、何をされているんですか?

 

有限会社スーパー片倉では、茨城にある居酒屋と、小竹向原にあるクズBARというバーの運営をしています。HPはないのですが、クズバーの場所はこちらですね。

 

東京都板橋区小茂根2-9-14

 

あと、オンラインサロンを展開していますね。クズサロンっていうんですが(笑)

 

日野
とことんクズにこだわるんですね(笑)

 

メインとしては、クズBARの運営とオンラインサロンですね。

 

日野
リバ邸とスーパー片倉の2軸で活動をされているということですね?

 

はい、2軸で今は活動してます。

 

日野
わかりました。

また次の章で詳しく聞かせてください。

 

 

編集後記

片倉さんインタビューありがとうございました。

 

第1回目のインタビューでは、片倉さんの事業である

 

  • 株式会社リバ邱
  • 株式会社スーパー片倉

 

の概要について語っていただきました

 

片倉さん自信も中卒で学歴コンプレックスを持っており、生きづらさを抱えていました。クズバーやクズサロンなど自分自身をクズ扱いしているほど(笑

 

これについては、理由があるので、後のインタビューで語ってくれます!次回のインタビューでは、リバ邱の詳しい事業内容やクズバーをほぼ0円で運営している秘訣について語っていただきました。

 

他のインタビューも下記、一覧から見ることができます。

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。あなたのご意見や感想などもぜひお聞かせいただけますと幸いです。

 

あなたの一言がこのサイトをよりよくするためのヒントとなりますので、コメントやお問い合わせもお気軽にお書きください!

 

 


The following two tabs change content below.
日野信輔

日野信輔

株式会社Nextwel代表取締役。WelSerch編集長。福祉×Webマーケティングで障害者のプロデュースなどしております。ネットの力で福祉業界の素晴らしいところをどんどん発信するサイトを構築してます。詳しいプロフィールはこちら→日野信輔


▼『友だち追加』から登録する▼






お問い合わせはこちら


Sponsored Link

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

YouTube公式チャンネル

公式LINE@

記事やメルマガでは書けない

ウェルサーチの「素」の部分を配信♪



RETURN TOP