WelSearch ウェルサーチ

究極の利己が最終的には利他になる!片倉蓮さんインタビューvol.7

  • 最終更新日:

過去にトラウマがあったり、鬱屈した経験がある人に対して居場所を提供されている法人を知っていますか?

 

生きづらさを抱えている方が自分の居場所を見つけられるシェアハウスリバ邱です。今回は、「現代の駆け込み寺」というコンセプトでシェアハウスを運営されているリバ邱代表の片倉蓮さんにインタビューをさせていただきました。

 

今回は、7つの記事にわけて、インタビュー内容をお伝えしていきます。今回がラストとなります。第7回目のインタビューは、片倉さんの今後の目標について語っていただきました。

 

リバ邸で生きづらさを抱えている人たちの居場所を作っており、クズBARでは、ほぼ0円で運営する仕組みをして、誰でも気軽に寄れる場所を作っている片倉さん。

 

自分の好きなこと・必要なことをするという究極の利己で突き進んでいます。でも、この究極の利己が利他に繋がっているとは!いったいどういうことなのでしょうか?

Sponsored Link

リバ邱代表の片倉蓮さんプロフィール

 

 

片倉 蓮(かたくら れん)さん

リバ邸

 

プロフィール

 

株式会社リバ邱、有限会社スーパー片倉の代表。高校中退後、バーの経営をするが、お金の関わりしか周りとの縁がないことに気づき、人生を見つめ直す。生きづらさをどうにかしたいと彷徨っていたところ、家入一真さんが創業したリバ邱というシェアハウスに出会い、人との繋がりの大切さを知る。クズサロンというオンラインサロンでは、100名近くのメンバーがおり、クラウドファンディングも2つのプロジェクトを成功させている。

 

究極の利己が最終的には利他になる

日野
いろいろとお話をお聞かせいただきましたが、今回が最後になります。

 

最後に片倉さんが今後、どんなことをしていきたいか教えてください。

 

そうですね〜。

たくさんあるんですけど、大きいところから行くと、リバ邸を全国に作っていきたいなと思っております。

 

日野
全国展開ですね!

ちなみに今は、どこの地域にあるんですか?

 

今は、上は札幌から下は福岡まであります。まだまだ地方が少ないんですよね。これからの人生に悩んでる人って情報が届かない地方でこそ多いと感じています。

 

だから、全国にリバ邸を作って、もっと多くの人たちに「こういう場所があるよ」と伝えていきたいです。何か失敗してもリバ邸にきて、また挑戦できる場所があるよっていうことを広めていきたいですね。

 

日野
先ほども出ましたが、選択肢が少ないだけで、幅が狭まりますからね。

 

知っているか知らないかの違いだけなんですが。

 

人間って本質的には、利己的だと思うんですよ。僕も利己的だと思ってますし。

 

でも、突き抜けた利己って回り回って利他になると思っています。僕の場合は、自分の居場所がなかったから自分の居場所を作ろうって利己じゃないですか?クズBARに関しても、自分が毎晩飲みたかったから居酒屋を作ったって利己じゃないですか?

 

日野
そうですね。

Sponsored Link

 

言われてみれば自分も「福祉の活動すごいですね」ってたまに言われますが、好き勝手やってるだけですし。まったく興味がないのは、やっていないですからね(笑

 

自分の欲求がパワーになってくる

その自分の「○○がしたい」っていう、自分の居場所が欲しい、自分が酒飲みたいっていうパワーが強いからこそ、周りに人が集まってきてるんです。「自分の人生を生きる」っていうのが前提として、自己犠牲は違うと思っています。

 

日野
たしかに人を引きつけていくにはそこにパワーは必要ですね!

 

広めたいから自分の好きなことをやらなくなるのは違うんです。だから、自分の好きなことはこれからもしていきたくて。

 

その上で自分みたいな人生に行き詰まっている人だったり、コンプレックスある人たちを救うといったらちょっと違いますが…自分と同じくらい悩みがなくなるくらいまできて欲しいなと思い、底上げをしていきたいんです。なので、リバ邸を全国に作りたいなっていう目標ですかね。

 

日野
リバ邸を全国に!

 

ぜひ作っていって、全国の生きづらさを抱えている人たちが気軽に行ける居場所になっていただきたいです。今回は、インタビューありがとうございました。

 

こちらこそありがとうございました。

 

編集後記

片倉さんインタビューありがとうございました。

 

第7回目のインタビューでは、片倉さんの今後の目標について語っていただきました。究極の利己を求めると、それが利他になってくる。この考えは、特に障害者にも当てはまりそうだなと思いました。

 

例えば、バリアフリーが整っていなく、外に出れないから、外に出れる方法を考えていくなど。リバ邸を全国に広めていくのが、今後の目標とのことですが、ぜひ広めていってください!

 

そして、全国の生きづらさを抱えている人たちの居場所になっていただければ嬉しい限りです。片倉さん、今回はインタビューどうもありがとうございました。

 

他のインタビューも下記、一覧から見ることができます。

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

あなたのご意見や感想などもぜひお聞かせいただけますと幸いです。

 

あなたの一言がこのサイトをよりよくするためのヒントとなりますので、コメントやお問い合わせもお気軽にお書きください!

 

 


The following two tabs change content below.
日野信輔

日野信輔

株式会社Nextwel代表取締役。WelSerch編集長。福祉×Webマーケティングで障害者のプロデュースなどしております。ネットの力で福祉業界の素晴らしいところをどんどん発信するサイトを構築してます。詳しいプロフィールはこちら→日野信輔


▼『友だち追加』から登録する▼






お問い合わせはこちら


Sponsored Link

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

YouTube公式チャンネル

公式LINE@

記事やメルマガでは書けない

ウェルサーチの「素」の部分を配信♪



RETURN TOP