WelSerch

【運動不足を解消】全盲の私が実際に通って感じた障害者スポーツセンターの魅力とは?

  • 最終更新日:
公園で深呼吸をする女性

全盲の私には、悩みの種がありました。

 

それは、「運動不足が深刻」ということです。仕事などは在宅で行うことが多く、体を動かす機会があまりない。

 

「これはよくない、運動の機会を作らなければ」とは思っていたのですが、なかなかできないままだったんです。

 

菜深子
なぜできないのか?

 

その理由として挙げられるのは、まず「家で何かやってみようと思っても何をどのようにすればいいかわからない」ということ。

 

そしてもう1つ、これはかなり厄介なのですが、「運動が好きじゃないのでやる気が起きない」ということ。

 

菜深子
本当に困った人なんですね、私。

 

「これでは健康でいられなくなるかもしれない。そんなのは嫌だ。どうにかしたい!」そう思い、いろいろ考えました。

 

あまり負担を感じることなく運動を続ける方法はないものか……と。

 

そうしてたどり着いたのが、「障害者スポーツセンターに通う」という方法でした。

 

昨年4月くらいから始めて、今もトレーニングなどに取り組んでいます。そう、続けることができているのです。「ゆるく」ではありますが。

 

菜深子
ということでこの記事では、障害者スポーツセンターの魅力について、運動嫌いの私がこれまでの経験をもとにお伝えします。

障害者スポーツセンターってどんなところ?

よし、ジムに通ってみよう!

 

そう考えた私が安心して利用できる場所として選んだのが、「障害者スポーツセンター」というところでした。

 

障害者の健康増進と社会参加を促進する、そんな目的で作られたスポーツ施設です。

 

菜深子
私がお世話になっているのは、大阪市にある長居障害者スポーツセンター。

 

大阪府内に住所を有する障害者は無料で利用できます。

 

水泳、ボウリング、卓球など、ここではさまざまなスポーツが楽しめるんです。

 

視覚障害者の卓球「サウンドテーブルテニス」もできます。ランニングマシーンなどを使ったトレーニングに取り組むことも可能です。

 

【サウンドテーブルテニスとは】

音の鳴るピンポン球を、アイマスクをした状態で打ち合い、点数を競うスポーツ。一般的な卓球と異なり、卓球台から4.2㎝上げたネットの下を、音の鳴るピンポン球を転がして打ち合います。

 

シングルとダブルスがあり、プレーヤーは公平を期すためアイマスクを着用します。

アイマスクなしの種目もあります。

 

サウンドテーブルテニスの紹介動画

 

全国に障害者専用スポーツ施設はいくつあるの?

こういった施設は全国にあり、現在増加傾向にあるようです。

 

笹川スポーツ財団の調査、2021年度『障害者専用・優先スポーツ施設に関する研究(抜粋版)』によると、障害者が専用で利用あるいは優先的に利用できるスポーツ施設は全国に150あるのだそう。

 

菜深子
これは2010年の調査開始以来過去最多なのだといいます。

 

笹川スポーツ財団のホームページに施設一覧が掲載されていますので、ご興味のある方はお近くのスポーツ施設をチェックされてみてはいかがでしょうか。

 

▼参照▼

笹川スポーツ財団ホームページ

 

 

ジムで走る女性

 

実際に通ってみた感想とは?

障害者スポーツセンターで私が主に利用しているのは、トレーニング室とボウリング室です。

 

しばらく通ってみて、私にどんな変化があったのか。

 

今どんなことを感じているのか。

 

菜深子
リアルな体験談をお伝えします。

 

トレーニング室

タッタッタッタ、と走る音。熱意溢れる声。体を鍛えるみんなの頑張りが存分に感じられる、トレーニング室。

 

ランニングマシーン、エアロバイク、筋肉を鍛えるマシーン、ストレッチのためのマットや肋木など、さまざまなものがそろっています。

 

私もここで、ほんのちょっとですがそういったものを使ってトレーニングにいそしんでいます。

 

トレーナーの先生方はとても親切。

 

正しいトレーニングのやり方、それが身体のどの部分を鍛えるものなのかなど、丁寧に解説してくださいます。

 

菜深子
これがありがたいんですよね。

 

例えばスクワットなど、自己流でも簡単に取り組めそうなものですが、やり方を間違えてしまうと膝を痛めることになります。

 

「せっかく頑張ったのに意味がなかった、むしろ逆効果だった」となると悲しいので、きちんと教えてもらえたら本当に助かります。

 

身体のちょっとした不調について相談すると、それを改善するためのストレッチを教えていただけたりもします。

 

「肩こりがひどいときにはこんなストレッチが有効です」というように。「来てよかった」と感じられる瞬間です。

 

菜深子
また、「これは視覚障害者ならではかな」というようなアドバイスをいただけることも。

 

発見!周りを気にせず歩ける

例えばランニングマシーンに取り組んだとき。「今日は腕を振ることを意識してやってみましょう」と先生から指示があったんです。

 

「普段は白杖を持ってるし、腕を振ることを意識して歩く機会は少ないでしょ?」とのこと。

 

確かにそうかもしれない、と納得しました。

 

ランニングマシーンを使えば、私も周りを気にせず腕を振ることに集中しながら歩ける。これは大きな発見でした。

 

頻繁に通っているわけではありませんが、こうしてトレーニングの習慣を生活の中に取り入れたことで、これまで以上に生き生きと日々を過ごせるようになったのではないかと思っています。

 

見た目にも少し変化が表れてきたのか、先生からも「初めて来た頃とは全然違う」とお褒めの言葉をいただきました。密かにガッツポーズです。

 

「かなり頑張って自転車をこいだな」などと思っても、消費カロリーはそれほど多くない。

 

これがちょっと辛いところではあります。

 

先生から「今ので消費できたカロリーはおにぎり半分ぐらいかな」と衝撃の事実を告げられ、「なんだそんなものか」と力が抜けることもしばしばです。

 

菜深子
それでも頑張った後の疲労感というのは心地よいもの。有意義な時間だと思います。

 

 

気持ちよさそうに両手を広げる女性

 

 

ボウリング室

トレーニングに慣れてきてほかのスポーツにも取り組んでみたくなった私は、新たな扉を開けてボウリングにも挑戦することにしました。

 

視覚障害者ボウリングというスポーツをご存じでしょうか。

 

ルールは一般のボウリングと同じですが、障害の程度による不公平を少なくするためのクラス分けがあったり、「ガイドレール」の使用が認められていたりといった特徴があります。

 

ガイドレールには手すりがついていて、それに触れるなどすることで助走方向や投球方向の確認ができます。

 

またスコアやボールの軌道、残ピンの数など、視覚情報を補うサポートを受けることも認められています。

 

菜深子
私も手すりに触れたり視覚情報のサポートを受けたりしながら、やってみました。

 

視覚障害者ボウリングの見どころ

 

視覚障害者ボウリングをやってみて

恥ずかしながら初めてこのセンターのボウリング室を訪れたときはもう、「ボウリングって何だっけ」状態です。

 

子どもの頃ボウリング場に行った記憶はあるのですが、ご無沙汰しすぎていて、何が何だかわかりませんでした。

 

まっさらな気持ちで、同行してくれているガイドヘルパーさんに助けてもらいつつ、右往左往するというスタートとなりました。

 

投げやすそうなボールを選び、投げ方の指導を受け、投球。

 

菜深子
一生懸命やりましたが、これが全然うまくいきません。

 

気持ちのいい「カコーン」という音が聞きたいのに、耳に飛びこんでくるのは寂しい音ばかり。

 

スコアが伸びる気配は全くなしでした。

 

菜深子
そういった調子で何度か挑戦しましたが、時にはとんでもない失敗も…。

 

ボールを投げると何かおかしい。どうしたのかと思ったら、何ということでしょう…そのボールは隣のレーンに飛んでいっているではありませんか。

 

菜深子
もう、いい音が出せないどころの話じゃない。

 

というわけで、このダメな状態を抜け出すため、今はああでもないこうでもないと研究しているところです。ほかの方のプレイを参考にしながら、自分に合った投げ方などを探っています。

 

そうすることで、なかなかうまくはならないものの、楽しさは見えてきている気がします。

 

投げたボールが狙った方向に転がり、ピンが倒れる。

 

それを少しでも経験すると、もっと頑張ろうと意欲がわいてきます。

 

菜深子
提供してもらった視覚情報からその場の状況を想像して、自分がどのように動けばいいのかを考える…なんて難しいんだろうと最初は思いましたが、だからこそやりがいがあるんですね。

 

 

ボウリングを楽しむ外国人男女4人

 

ボウリングは視覚障害者に向いているスポーツ

レーンの長さや幅、ピンの大きさなどのプレイ環境は常に一定。

 

重要になるのは身体の位置や動きの知覚であり、それを安定させることが上達への道のようです。

 

その点で言えば、ボウリングは視覚障害者に向いているスポーツ

 

菜深子
スポーツがまるでダメな私も、取り組みやすさを感じています。

 

ボウリングの魅力は、一人ひとりがそれぞれの向き合い方でプレイできるところ。深く深く探求するのもいいし、ゆるく楽しむのもありです。

 

菜深子
私も気軽に無理なくプレイし、継続することができています。

 

ハードなスポーツだったらきっと、今頃音を上げて逃げ出しているはず。

 

年齢や性別、障害の有無にかかわらず、みんなが同じルールでプレイできるのも大きな魅力。

 

時には隣のレーンの方と少し言葉を交わす機会があるのですが、さまざまな背景を持つ仲間とワイワイしながらのプレイというのもよいものです。

 

また言葉を交わしたことはなくても、よく見かけるエネルギッシュな方々には、いつも刺激をいただいています。

 

菜深子
まだストライクも出せない私ですが、この環境があればきっといろんな意味で少しずつ成長していける。そんな気持ちになっています。

 

ボウリングのボールを持とうとする手

 

 

スポーツや運動は笑顔が一番

私の生活を支えてくれている重要な場所、障害者スポーツセンター。

 

こういった施設の果たす役割は本当に大きいと、日々感じています。

 

スポーツに興味がある。スポーツは嫌いだけど運動不足を解消したい。

 

そういった障害のある方々が技術を磨いたり楽しんだり、新たな世界に出会ったりする。そのための場所として、今後もますます発展していくことを願ってやみません。

 

「運動は笑顔でするのが一番ですよ」

トレーナーの先生は、いつもそうアドバイスしてくれるんです。

 

笑顔でやれば、よりよい効果につながるのだといいます。

 

運動嫌いの私にとっても、運動の機会はなくてはならないもの。

 

嫌になってやめてしまっては意味がないので、「気まぐれにゆるく」ではありますが、今後も自分のペースで取り組んでいくつもりです。

 

笑顔でいられるように、ということを意識しながら。

 

皆さんは運動、されていますか?

 

菜深子
ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

 

The following two tabs change content below.
山田菜深子
岡山出身、大阪在住の先天性全盲です。夫と二人で暮らしています。趣味は読書とぼーっとすることです。ゆるくマイペースな性格で、基本的に頑張らないタイプですが、「書くことで世界を変えたい」という熱い思いを持って活動中です。ブログやYouTubeで、全盲女子のリアルな日常を発信しています。またひそかに小説家を目指していたりもします。大学時代に社会福祉を学びました。障害を持つ当事者として、社会福祉士として(現場で働いたことはないのですが)、お役に立てるような記事が書ければと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。詳しいプロフィールはこちら→山田菜深子


▼『友だち追加』から登録する▼

LINEお友達追加



おトクな無料会員登録

お問い合わせはこちら


Sponsored Link

あわせて読みたい

  1. 百合の花に隠れた青い目の女性
  2. 四葉のクローバーを渡そうとする少女
  3. 点字図書館訪問第一回
  4. iPadiPhone
  5. COVID19イメージ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。