WelSearch ウェルサーチ|福祉の専門家や当事者たちが発信する福祉情報サイト

特別支援学校の先生のやりがいや大変さをぶっちゃけてもらいました!ウェルトーーク!vol.2-2

  • 最終更新日:

TV制作の会社を経営しながら、障害者と健常者が一緒に暮らすがコンセプトの川崎市にあるシェアハウス「MAZARIBA」を運営されている内田勉さん。福祉の専門家や当事者が発信するWebメディア「Welsearch(ウェルサーチ)」の編集長である日野。

 

『ウェルトーーク!』とは、一般的な福祉の支援とは、ちょっと違った福祉のアウトサイダーの2人が提供するによる参加者も一体なって進めていくトークライブです。

 

2019年2月3日(日)に、「ウェルトーーク!」の第2回目を開催しました。この記事では、YouTubeでライブ配信した動画だけでなく、書き起こしをしております。当日、見れなかった、参加できなかったという方も見れるようにしました。

 

第2回目の今回からは、福祉で活躍されている方をゲストとしてお呼びしております。今回は、現役の特別支援学校の先生をお呼びして、特別支援学校の現状について、多くの質問をさせていただきました。

 

長くなってしまいましたので、2つの記事でご紹介してまして、今回は2回目の記事です。2回目の記事では、特別支援学校の先生を10年間やっている柳澤さんに、先生のやりがい大変さなどについてお聞きしました。そこから、特別支援学校を卒業した後のアフターフォローや知的障害者への支援方法についても深掘りしております。

 

ちなみに1回目の記事はこちらです。そもそも特別支援学校とは、どんなところなのか?というところから、授業内容や進路先についてぶっちゃけてもらいました。

 

2回目の記事では、特別支援学校の先生をやっていくことのコツや生徒への支援方法について知ることができます。支援がうまくいかなくて大変なときはどうすればいいのでしょうか?特別支援学校の先生になりたい方・支援について悩んでいる方が参考にしていただければ幸いです。

Sponsored Link

ウェルトーーク!vol.2

「ウェルトーーク〜vol.2」では、ゲストをお呼びいたしました。特別支援学校の教員でもあり、空き家を利用した高齢者の居場所づくりもされている柳澤智敬さん。特別支援学校について、とことん聞いてみました。

柳澤智敬さん

 

柳澤さんプロフィール
特別支援学校の知的障害の学校で中学部を3年間、高等部を6年間教員として働いている。教員として、生徒たちを指導する傍ら、「きれいな街は、人の心もきれいにする」がコンセプトの街をきれいにするグリーンバード横浜南チームのサブリーダー、空き家を活用した居場所づくり『たすけあいハウス』の管理者、障害者の起業支援をされているBPKS-JAPANの副理事もされている。

 

まず最初に「ウェルトーーク〜vol.2」の動画になります。聴覚障害者の方や動画よりも文章の方がいいという方のために、書き起こしの文章もありますので、お好きな方でご覧になっていただければ幸いです。

 

第2回目は、動画の25:48あたりからの内容になります。

 

特別支援学校の先生のやりがいは?

内田
話が変わりますが、特別支援学校の先生をやって良かったなと思う時はどんな時ですか?やりがいですね。

 

柳澤
先生のやりがいとしては、今まで出来なかったことが、できるようになったりした場面ですね。例えば、重度の子だとトイレが今まで失敗していたのが、トイレに1人で行けて、1人でできるようになったりした時。

 

「こうやって教えたから、できるようになったんだな」と、わかった瞬間ですね。そういうやりがいは、自分の中であるかなと思いますね。

 

内田
逆に10年くらい先生をやっていて、1年目よりもここが成長した、教え方が上手くなったというのはありますか?

 

柳澤
生徒との接し方は、前よりは上手くなったと思うんですけど、支援学校に通っている子って本当に人それぞれなんですよね。

 

こういう支援をしてうまくいったたけど、この子にとってはダメだったとか。だから、支援の引き出しをいっぱい作ってこられたのが面白いかなと思っています。成長したなと思える瞬間。

 

日野
支援の引き出しは、あればあるほど、その人に合った対応ができるようになれますもんね。

 

特別支援学校から就職の選択肢ってどれくらいある?

日野
他に何か質問。視聴者の方とかも質問ありますか?参加者の方も。

 

【参加者の方】

その方たちが職業を選ぶ時に、どれだけの選択肢があるのですか?たぶん皆さん夢もありますよね?どのくらい夢を叶えている人がいるのでしょうか?

 

柳澤
ぶっちゃけますと、けっこう難しいです。例えば、接客が難しかったら、掃除だったりとか、スーパー品出しになってしまうことも多いんです。

 

あとは、就労移行支援事業所で2年間仕事して、この人は実際に企業に行けるのかな?というパターンで決まります。ただ、実際に就職する選択肢は、増えてはいないですね。

 

アパレルといっても洋服を品出しするとか、それぐらいしかないんですよね。なので、企業側も増やして欲しいなというのは正直があるんですけど、なかなか増えてこない。

 

日野
それは、学校側が企業との繋がりが少ないからそうなってしまっているのか?それとも、雇用する企業側が選択肢、配慮を持てる環境が整っていないのか?どういった課題があるのでしょうか?

 

柳澤
企業側と言いたいのですが、やっぱり両方なのかなと(笑)

 

就職の選択肢を増やしていくためには?

日野
そこを埋めるためには、何をしたらいいとかってあります?

 

柳澤
そうですね。学校でできることとしては、こうやって何ができるのかとかをどんどん発信して、企業側に伝えていくことですかね。

 

あとは、企業側も「こういうことだったらできるのなら、やらせてみようかな?」というチャレンジ精神を持っていただきたいです。

 

日野
実習だけの受け入れもありますか?

 

柳澤
そういうケースもありますね。

 

日野
企業側も最初は、そういうアプローチがいいかもしれないですね。1回こういうので、雇用を試してみる。

 

こういう生徒さんがいるからとか、どういう対応をすればいいのかもわかってきますし。そういうのがあると、企業側も入ってきやすいのかもしれないですね。

 

柳澤
そうですね。それはあるかもしれないですね。

実際、夢を叶えているの?

内田
じゃあ、もう1つ。夢をかなえられるのか?ということはどうでしょう。

 

日野
選択肢が少ないかと思いますが、そもそもどのような夢を持っているのですか?

 

柳澤
夢を持つ子は持ちますね。例えば、アイドルになりたいとか。

 

内田
お〜そうなのですね!

 

柳澤
あとは、アニメが好きなので、声優になりたいとか。そういう子たちにとって、NPOとかでちょっと頑張ってもらえると嬉しいのかなと思います。

 

日野
それは、どういうことでしょうか?

 

柳澤
例えば、夢を叶えられるような環境を整えてくれたり。学校や保護者にしたら、この子の夢はこうだけど、実際に働く時にはこうだよねとか現実も見せてあげられると嬉しいですね。

 

「こういう企業に入った方がいいよね」とかって、保護者の方が思っているだけなので、なかなかその夢を叶えることは難しいのかなと感じますね。

 

内田
現実きましたね。

 

柳澤
そうですね。やっぱり現実を見ないと。

 

特別支援学校を卒業したら就職した方が有利?

内田
もう1つ質問あります。例えば、普通の人だと学校を出て若いうち、最初5年くらいは自分の夢を追いかけて、段々と現実を知って、就職するという人も割と多いですよね。

 

障害者のケースも、学校を出てすぐ就職した方が、やっぱり就職的にはスムーズに行くのですかね?

 

柳澤
支援的に考えると、そうですね。就職しないで1年、2年とかを経過していくと、学校もフォローしにくいんです。ハローワークは入ってくれるんですけど、そこから自分で履歴書を書いて、どこに申し込みをしてとかだと1人でやることは難しいんですよね。

 

なので、学校としても早めに就職をして、その子たちが自立できるようにと促していくので、間が空くと就職は難しいのかな。そこで例えば、2、3年で辞めてしまった場合には、また今度そこから自分で頑張らないといけない。

 

そこからの就職もなくて、居場所がなくて、引きこもりになってしまうケースもあります。だったら、学校としてもなるべく仕事につけるような道で、選んでは行きたいと思いますね。

18歳から先は支援が少なくなってしまう

内田
学校を出た後のフォローは、なかなか今の世の中の仕組み的には、難しいということですかね?

 

柳澤
難しいですね〜。福祉サービスで支援に入ってくれるのも、18歳までだったら、放課後の支援も使えるんですけど、そこから先になると、もう使えなくなってしまったりするので。

 

そこから20歳になった子どもたちが大人になってからが、本当の勝負なのかなと思います。生きて行くための。

 

日野
そうですよね。あと、うちがやっぱり思うのは、支援者側ももっと選択肢を広げて欲しいなとすごく思いますね。

 

というのも、「知的障害者だから、こういうのしかできないんじゃないか」とか、そういう固定概念みたいなものを持っている方が多いので。最近見たのは、重度の障害者が入れるEスポーツの障害者施設というのを発見しました。要は、ゲームですね。Eスポーツ専門の施設。

 

そこで、プロゲーマーになって、収入も得ましょうという施設。プロゲームのチームと組んでやっている所があったんですよ。重度の障害者でもできるようなコントローラーを作って、プロゲーマーになろうと。

 

内田
それは一般の人と戦うのですか?Eスポーツのパラリンピックみたいなものじゃなくて。

 

日野
一般の市場で戦うと思います。去年の8月とかにオープンしたばかりなので、まだ実際は分からないですが。ちょっと昔まではゲームなんかしていたら、「勉強しなさい!」と言われた時代じゃないですか。

 

すごくゲームの才能があったとしても。それもこのような選択肢を知っていたら、どんどんゲームやれとか言えるじゃないですか。

 

内田
1日8時間ゲームやるとかそういうものですね。

 

柳澤
でも、仕事だからいいですよね。

 

日野
そういう世界もあるんだよというのも知って欲しいなと思いますね。

 

内田
夢が広がりますそうですね。

 

会社が合わなかった場合のフォローは?

内田
ちなみに、卒業した後の継続的なフォローが課題と言うのが分かったんですけど、例えば転職したい。この会社ちょっと俺に合わないんじゃないかな。そういう時は皆どうしているんですか?

 

柳澤
2、3年だったら学校に電話来たりして、フォローはしていきますね。5年とか経っていると、知っている先生いたらそこで対応する。一応はするんですけど、どこまで対応できるかは難しいかなというのはありますね。

Sponsored Link

 

なので、早めだったら学校でも対応してくれると思うので、まず学校に電話してもらえるといいのかな。そこから、こう動いた方がいいですよとか相談もできるし、言えることもできるので。そこは、学校に電話していただけるといいかなと思いますね。

 

日野
ちなみに、学校によってカラーって違うんですか?

 

柳澤
違いますね。

特別支援学校によって、そこまで就職の差はない

日野
この学校は、この就職に強いとかはあるのですか?

 

柳澤
就職は、どこの支援学校が強いとかあんまり関係がないかな。どこと繋がっているかというのはありますが。この企業とは繋がっているけど、こっちの学校だと繋がっていなかったとか。

 

今まで実習とかも引き受けてくれたところとかもあったりはするので、学校と企業の繋がりによっては変わってくると思うのですが、そこまで大きくは変わってこないかなという感じがしますかね。

 

日野
わかりました。学校によって、カラーは違うけど、就職先に関して言えば、そこまで差はないということですね。

 

支援のボーダーラインは作っているのか?

日野
あと、うちのメンバーさんから事前に質問いただいております。

 

将来、障害を持っていても教育指導訓練を行えば成長が望める。でも障害というゆえに、ここまでが精一杯だとか、また支援に切り替えようという、ボーダーラインの見極めはどのように決めていますか?と言う質問です。

 

柳澤
見極めは、正直したくはないかなというというところです。

 

日野
そうですよね。実際やってみてという感じですかね?

 

柳澤
そうですね、関わりや支援方法を変えればできることもあると思いますし。今までこの方法だとできないけど、逆にこの方法でアプローチすればできるじゃん。じゃあそれでもいいんじゃないかなとか。

 

日野
いろいろな方法を試してみるのがいいということですね?

 

柳澤
そうですね。それでも難しかったら、「じゃあ、違うことできるようにしようか!」と言うのはあります。

 

見極めとなると、いろいろ引き出しを変えてみるのが良いかなと。絶対できないと決めるよりは。

 

日野
まずやってみて、これでもできるかな?あれでもできるかな?と、いくつか試してみて、難しそうだったら他の方法というか。

 

柳澤
いろいろな方法にチャレンジしてみるのがいいです。そういう形がベストかなと思いますね。じゃないと絶対できないと決めたら、そこで発展もないし成長もなくなるので。

上手くいかなかったら本人のやる気がなくならないの?

内田
1回やってみて、うまくいかなかったからもう本人がやる気なくしちゃうとかありそうな気がするんですが。

 

柳澤
それは実際にあります。けっこうネガティブな子が多いので。

 

日野
例えば、どんな風に思っているんですか?自分は、できないから?とか。

 

柳澤
例えば、普通校に中学校まで行ってて、いじめられてきて、精神的に辛くなって支援が必要だということになって、支援学校に来るケース。あと、軽度な知的障害もあって来るパターンも多いです。

 

そうすると、今まで健常者にいじめられているから、自分は生きていたらいけないんだ…と、そうやって思っている子もいるので。

 

自己肯定感が低い人へのサポートは?

日野
そうですよね。今、Twitterにも力を入れているんですけれど、やっぱそういう自己肯定感が低い人と言えばいいんですかね。

 

「自分って生きていていいんですか?」とか、「自分には何も価値がないんですけど」・「障害を持っているから何もできないです」・「偏見があるんです」と、そう思っちゃっている方が多いんですけれど、そういった方に向けてはどういった言葉がけというか、支援されているのですか?

 

柳澤
そうですね〜。こっちもポジティブな言葉使ったりしてますね。逆に、スモールステップでこういうことできたよね、というアプローチをとったり。

 

じゃあ、こういうことできたよね。次は、こういうことにチャレンジして、こういうことやってみようね、とか。そういう感じですかね。

 

日野
じゃあ、まずできることから始めて、自信を持ってもらうということですかね?

 

柳澤
そうですね。例えば、カップラーメンが今まで作れなかったけど、まずは、お湯を沸かしてみようか?とか。お湯を沸かせたら、次はそれを注ぐことできるよねって。今度は注いでみようか、って。

 

そこから、1つ1つステップアップしていって、今度は入れられて作れたよねって。食べられておいしかったねってなるんです。1つ1つスモールステップでいくと、これができた。じゃあ、これもできるんじゃないか?ってその子自身も思ってきます。

 

そうすると、段々と自信もついていくんですよ。そういう感じで1つずつ少しずつ上げていくと、支援としては良いのかなって。

目標や計画も一人ひとり違うのが先生の大変なところ

内田
そうすると、例えば目標や計画を立てるのが、すごく難しいですね。

 

1人1人違うし、これができたら、こっちできるかなと思ったらできなくて、やっぱりこっちだったとか。すごく難しいお仕事ですね。

 

柳澤
ところどころで変わってくるので、本当に難しいですね。スモールステップでいったら、ここまでできたみたいなのもあれば、飛び越えてくるパターンもあるので。

 

だから、計画はあってないようなものなのかなと。でも、最終的なゴール地点を目指して、このアプローチをこの入り口から、この入り口から…と、支援していく。ゴール地点を決めてあげることは、良いのかなと思いますね。

 

日野
それは、家庭でも一緒ですよね。

 

特別支援学校の先生のストレス発散方法は?

内田
特別支援学校の教員って、けっこう難しい仕事だなと分かった、根気が必要だなとわかりました。

 

柳澤さんは、大変だなと思った時は、自分でどうしているのですか?自分も大変だなと、疲れちゃったりするわけじゃないですか?そういう時はどうしているのですか?

 

柳澤
自分が楽しんでいますね。子供と話をしていると、逆に大人と話すより、ストレスが溜まらないんですよね。こういうことでストレスが溜まっているとなったら、じゃあ、大人でもこうやってストレス溜まるんだとか、支援に活かしていく。

 

そしたら、こうやって発散すればいいんだなってことも覚えてくるので。子供と話をすることで、こっちのストレスも「こういう事で悩んでいたんだな」とか分かってくるので。

 

日野
自分を客観視するということですね?

 

柳澤
そうですね。家に帰ったらストレスはたまっていないかな?と自分に問いかけてみたり。そういう事が多いかもしれないですね。

 

イライラして虐待に繋がらないためには?

日野
うまく支援できなくて、イライラしちゃう、虐待に発展しちゃうケースも今ニュースにもなっているじゃないですか。そうならないための工夫みたいのはあるんですか?

 

柳澤
教員同士とかでいろいろ相談しますね。逆に、自分ができなくても、他の人ができたら、こういうやり方があるんだなとかシェアしたりします。1人で抱え込まない方がいいと思いますね。

 

日野
気軽に相談し合える雰囲気づくりがポイントになってくるのですかね?

 

柳澤
そうですね。教員の場だとチームティーチングと呼ばれているものがあります。

 

これは1人で支援するのではなくて、例えば教員は1クラスに9人の生徒がいたら3人で見るとか、2人で見るというチームで組むんですね。なので、1人じゃなくてチームがいるので、その中で皆で協力していくということが大切になってきます。なので、1人で支援しない仕組みになっています。

 

日野
そのやり方というのは、障害者雇用をしている企業とかでも当てはまりそうですね。

 

柳澤
そうですね。当てはまりますね。本当に皆で協力してやるといいです。

 

日野
そこら辺も企業さんと連携できれば、うまい雇用のノウハウも共有できるのかなと思いますけどね。

 

特別支援学校の先生はどこから支援情報を得る?

内田
皆さんから他に質問ありますか?あまり支援学校の先生はお話しする機会がなくて、僕は割と新鮮です。

 

支援学校の先生は、どういうところから情報を得てくるのですか?自分の知識とか、支援の方法とか。ノウハウとか。

 

柳澤
他の教員を見ますね。やっぱりうまい人は、接し方がうまいんですよね。そこから学んで、こういう支援の仕方があるんだなとか、こうやればいけるんだなとかを理解する。

 

そこで自分で試してみて、どうなのか?こういう支援でいけるのか?でも、その人の対応とかも人それぞれ変わってくるので。逆に自分ですべて試してみて、引き出しを増やしていく。こういう支援は駄目だった、こういう支援はいけるなと考えてくれるといいかなのと。

 

内田
そういう意味でも、チームでというのは大事なのですね。

 

柳澤
そうですね。チームは本当に大事ですね。

 

内田
そろそろ時間になので、最後に一言何かあれば。

 

つながりを持って、チャレンジしてほしい

柳澤
皆に頑張ってもらいたいですね。居場所を作って、いろんな繋がりができて、そこからチャレンジして欲しいかなと思います。

 

やらないで辞めるよりは、すべてチャレンジして出来なかったら、そこで反省してもっとできる様にしようよ!というのを思っていただけると嬉しいです。

 

日野
ありがとうございます。他にも聞きたいことがあるかもしれないですが、ウェルサーチでもライターとして発信していただいているので、いろんな貴重な情報をいつもありがとうございます。

 

柳澤
こちらこそありがとうございます。

 

内田
じゃあ、今回はこれでライブは終わりにしますか。

 

日野
そうですね。次回もやる予定ではありますので、また違うゲストをお呼びしてやっていければと思います。じゃあ、今日はありがとうございました。

 

最後に

第2回目の『ウェルトーーク!』はいかがでしたでしょうか?今回でラストとなりますが、10年以上も特別支援学校の先生をされてきた柳澤さんから特別支援学校の先生のやりがいや大変さなどについて、ぶっちゃけていただきました。

 

やっぱり支援がうまくいったときや、ご本人が変わったときにやりがいを感じるのですね。先生の大変さの中でもストレスを溜めない方法だったり、支援方法についても語っていただきましたので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

 

学校側と企業側の繋がりがもっと身近になってくれば、より一層、障害者の就職の選択肢も広がっていくのでしょうね。ちなみに、第2回目の前編となる記事は、こちらから見れます。

 

 

一緒にパーソナリティーをしている内田さんが運営しているシェアハウス。川崎市にある障害者も健常者も一緒に住めるMAZARIBAも随時、見学は無料で受け付けております。福祉とはかけ離れたテレビ業界で活動されており、少し違った目線から障害者福祉のことを知ることもできるでしょう。

 

第3回も『ウェルトーーク!』を開催する予定です。3回目もYouTubeやFacebookのライブ配信をしていきますので、遠方の方でも参加することが可能です。また、次回もゲストをお呼びしております。20年以上も介護職に携わっており、介護福祉士としてだけでなく、教員としても介護関係のセミナーや講師をされている方です。

 

詳細はこちらからどうぞ。

→ ウェルトーーク!

 

『ウェルトーーク!』も皆さんと一緒に作り上げていきたいと思っておりますので、「こういうトークが聞きたい」・「○○さんとのトークライブが聞きたい」といったご要望がありましたら、お問い合わせからいつでもリクエストしてください。

 


The following two tabs change content below.
日野信輔

日野信輔

株式会社Nextwel代表取締役。Welsearch編集長。福祉×Webマーケティングで障害者のプロデュースなどしております。ネットの力で福祉業界の素晴らしいところをどんどん発信するサイトを構築してます。詳しいプロフィールはこちら→日野信輔


▼『友だち追加』から登録する▼






お問い合わせはこちら


Sponsored Link

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

YouTube公式チャンネル

障害者の自立プロジェクト

公式LINE@

記事やメルマガでは書けない

ウェルサーチの「素」の部分を配信♪



RETURN TOP