WelSerch

合理的配慮はわがまま?障がい者が配慮を求めやすくなる3つの心構え

  • 最終更新日:

「自分としては合理的配慮を求めているのに、相手にはわがままと受け止められたみたいで、何だかスッキリしない……」

 

こんな風に思い悩んだことはありませんか?

 

この記事では、発達障がい(ASD)を持つ私が、身体・知的・精神障がいを抱えている人達に向けて、合理的配慮について語ります。

 

  • 合理的配慮とわがままの違いは何か。
  • どうすれば合理的配慮を求めやすくなるか。

 

以上の2点を知りたいあなたに、読んでほしいです。

合理的配慮を求めやすいバリアフリーな社会を願って

まずは前置きとして、日本に障がい者がどれくらいいるか、お話しします。

 

平成28年生活のしづらさなどに関する調査(厚生労働省)によると、障がい者の総数は936万人。全人口の約7.4%が何らかの障がいを持っていることになります。約14人のうち1人が障がい者だとすると、なかなか無視できない存在ですよね。

 

多数派から少数派を切り捨てるのではなく、誰もが生活しやすい社会を実現するために、一人ひとりが声を上げるのは、とても大切なことだと思います。

 

合理的配慮とは、障がい者が社会において感じるバリアを、無理のない範囲で取り除くこと。車いすを利用する人が電車に乗るために、簡易ゴムを使って段差を解消することは、まさに合理的配慮の一例です。

 

物理的なバリアだけでなく、心理的なバリアも溶かしていくことも、生きやすい世の中にするためには必要ですね。

 

「困っているから助けて」

「何を手伝えばいいですか?」

 

こんな風に、配慮を求める声を発しやすく、なおかつ聴き入れやすい雰囲気が、もっと世の中に満ちればいいのにと思います。

 

車椅子に乗る人と駅員

 

合理的配慮が世間に行き渡っていない…差別の例

ところが、合理的配慮という言葉や考え方は、まだまだ世間に浸透しきっていないのが現状です。

 

障がい者にとって、自分の弱みをさらけ出して助けを求めるのは、ある意味勇気が要ること。配慮をお願いするのは、他の人と平等な位置に立つためのものであって、決してわがままではありません。それにも関わらず、正当な理由なく差別をされて、切なくなる人も少なくないでしょう。

 

差別は決して望ましいことではありませんが、ここで例をいくつか挙げてみますね。

 

不当な障がい者差別の例

 

  • 盲導犬と共に飲食店に行ったら、一方的に受け入れを拒否された。
  • クレジットカードの申込書を記入するのに、目が不自由だから家族の代筆でいいか質問したところ、本人の直筆でないと駄目だと拒まれた。
  • アパートを借りたくて不動産屋へ相談に行ったところ、精神障がいを理由に対応してもらえなかった。

 

これらの例に共通するのは、障がい者側と事業者側のコミュニケーションが充分にされないうちに、関係が遮断されていること。事業者側が偏見というバリアを外して、もっと障がい者側の声に耳を傾けてくれたらいいのにと思います。

 

盲導犬

 

私が障がい者雇用で配慮されなかった例

発達障がい(ASD)を持つ私の例についても、お話ししますね。

 

合理的配慮といえば、当事者が障がい者雇用制度を利用して働くときに、企業側にお願いする配慮を連想する方も多いと思います。私も2015年に、初めて障がいをオープンして事務職として就職したときに、上司に配慮をいろいろとお伝えしました。

 

あすか
口頭で長々と指示をいただくと、話が理解できなくなるので、ゆっくりと話してほしいです。

一度に複数の仕事をこなすのが難しいので、ひとつの仕事に集中させてください。

 

これらの配慮をお願いしたとしても、できる事務はいくつかあるはずです。ところが、私に用意されていたのは、清掃とシュレッダー作業ばかり。聴覚過敏の障がいがあるにも関わらず、掃除機とシュレッダーの騒音に延々と悩まされながら、私はフルタイムで作業し続けました。

 

あすか
私は障がいの特性上、うるさい機械音が苦手です。清掃とシュレッダー作業を軽減していただけますか?

 

上司に合理的配慮をお願いしても、わがままと思われたのか聞き入れてもらえず。上司としては、簡単な作業を回して配慮しているつもりだったろうし、聴覚過敏まで障がいだとは信じられなかったのかもしれません。

 

結局、体調をいちじるしく崩して、私は試用期間でこの会社を退職することになりました。現在は別の会社で、合理的配慮を受けながら働いていますが、当時を思い出すだけで苦しくなります。

 

合理的配慮とわがままの違いは?

では、ここで、合理的配慮とわがままの違いを整理してみますね。

 

思いやりの有無が、両者の線引きとなります。

 

違いを簡単に説明すると…

障がい者にとって合理的配慮とは、社会生活において感じるバリアを、取り除いてもらう対応のことを指します。その対応をお願いする相手は、お店や交通機関や勤務先など、時と場合によってさまざまでしょう。

 

ここで重要なのは、相手の負担にならない範囲で依頼すること。その範囲を超えると、わがままになります。

 

比較すると、以下の通りです。

ポイント合理的配慮:相手も配慮したうえで、自分もお願いする配慮。
わがまま:相手を全く配慮せず、自分だけが求める配慮。

自分も相手も歩み寄って、心地よい着地点を見つけるのが、理想的ですね。

 

合理的配慮

 

違いを具体的に比較すると…

では、私の障がい者雇用の話を例に、合理的配慮とわがままの違いを比べてみます。

 

自分の障がい特性に合わない仕事を、上司に対して断りたいとき、伝え方ひとつでこんなにも違ってきます。

 

合理的配慮

あすか
私は発達障がいの特性で聴覚過敏があるため、掃除機やシュレッダーのような騒がしい機械を操作していると、気分を悪くすることがあります。耳栓をしても、防ぐのが難しいです。

PCを使った表作成は得意なので、何か資料作成する必要があればお任せいただけますか?

 

合理的配慮の例では、自分ができないこと(騒がしい機械の操作)を伝えたうえで、自分ができること(PCを使った表作成)を伝えています。できないこと・できることを具体的に表現しているため、相手も私の特性を想像しやすくなります。その結果、上司も仕事を回しやすくなりますね。

 

わがまま

あすか
ずっと掃除やシュレッダー作業ばかりするのは辛いです。

他にもっと、やりやすい仕事はないですか?

 

わがままの例では、掃除やシュレッダーが辛いことしか訴えていないので、どうしてこの仕事が無理なのか、上司に伝わりにくいです。しかも、やりやすい仕事という抽象的な表現だと、上司も別の仕事を探すのに困ってしまうでしょう。

 

上司と部下

 

合理的配慮を求めやすくなる3つのポイント

合理的配慮は、配慮をお願いする側もされる側も、お互いに思いやることで成り立ちます。では、当事者としてどうすれば合理的配慮を求めやすくなるでしょう。3つのポイントを紹介します。

 

自分の障がいと改善案を伝える

自分にとって何が障がいで、どうすれば改善できそうなのか。それを相手に伝えられるようになるのは、とても重要です。自分の説明があいまいでは、相手がどんなに気配りしたいと思っていたとしても、どう対応すればいいか分からないからです。

 

ここでポイントなのが、障がいはもちろん、改善案もセットで伝えること。困っていることだけを訴えて、対策を考えるのを相手におまかせしたら、それこそわがままです。

 

改善案まで話せるようになるのは、場合によって難しいかもしれませんね。でも、なるべくそこは譲歩して、自分からコミュニケーションできるといいです。

 

相手の負担にならないことをお願いする

配慮を求める際には、相手にとって負担がない範囲でお願いしましょう。相手も得する提案だと、さらにいいですね。

 

たとえば、盲導犬を連れて飲食店に入ることは、自分がお客さまになるということ。飲食店も対価をもらえることになるので、どちらも得をすることになります。車いすで電車やバスに乗ることも、クレジットカードの申込書を代筆で提出することも、そうです。

 

相手が自分を手伝ってよかったと思えるように、感謝を込めて配慮をお願いするといいですお互いが笑顔になれるようなイメージです。

 

合理的配慮の具体例をイメージする

合理的配慮と一口で言っても、なかなか想像しづらいもの。自分と似たような悩みを持つ人が、どのように配慮を求めているのか、具体例を調べてみるのをおすすめします。ネットで検索してみたり、当事者や支援者に相談してみるのもいいですね。具体例をイメージできるようになれば、いざ自分が困ったときに、配慮を求めやすくなるでしょ

 

以下、参考になるサイトを紹介します。

 

内閣府

内閣府のサイトでは、合理的配慮に関するわかりやすいリーフレットや、具体例データ集を公開しています。

 

▼参考▼

「合理的配慮」を知っていますか (リーフレット)

WelSearch

当サイトでは、障がいのある人もない人も助け合って生きている事例を、数多く紹介しています。当事者によって書かれた記事もありますよ。

 

▼参考▼

福祉最先端デンマーク視察の報告会レポート

 

障がい者と家族、福祉・医療従事者、支援者……日本の6名が1つのチームとなって、福祉最先端国であるデンマークに視察に行った際の、報告会のレポートです。障がい者が自立している幸福度の高い世界を、体感することができます。

 

合理的配慮は民間事業者にも義務化される

なお、障害者差別解消法が2021年5月に改正・可決されたことはご存知でしょうか?

 

合理的配慮を行うことは国や自治体に限らず、民間事業者にも義務付けられるようになりました。この改正法は、2021年6月4日の公布日から起算して3年以内に施行されます。

 

つまり、障がいのある人がお店や会社などに対して配慮を求めることは、法律面でも後押しされるようになったんですね。当事者はこのことを頭の片隅においておくと、いざ配慮をお願いするときに、気持ちが楽になるかもしれません。

 

車椅子に乗る人と支援者

 

まとめ

合理的配慮とわがままの違いは、思いやりが有るか無いか。

 

配慮を求めやすくなるためには、以下の3つを心がけるといいです。

 

  • 自分の障がいと改善案を伝える
  • 相手の負担にならないことをお願いする
  • 合理的配慮の具体例をイメージする

 

誰もが生きやすい社会になるために、どんな人も声を発しやすく、聴き入れやすい空気が広がっていくといいですね。

 

物理的にも心理的も、バリアフリーが進むことを願っています。

 

The following two tabs change content below.
Avatar photo
2014年に発達障がいの診断を受けて、現在は障がい者雇用で働いているOLです。好きなことは文章の読み書き。苦手なことは計算と器用に立ち回ること。得意・不得意の凹凸が大きすぎて、生きづらさを感じることもありますが、自分や社会との心地良い関係を模索中です。同じ発達障がいに悩む人たちにとって、少しでも参考になり、人生の選択肢が広がるような情報を発信できたら嬉しいです。


▼『友だち追加』から登録する▼






お問い合わせはこちら


Sponsored Link

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA