WelSearch ウェルサーチ

日本の福祉の始まりと歴史の豆知識!原点を知り生活に活かそう!

  • 最終更新日:

こんにちは。
WelSerch代表の日野です。

 

突然ですが、

あなたは日本の福祉がどういった経緯で

始まったか知っていますか?

 

どのようなことから「福祉」という
概念が広まっていったのか?

 

気になりますよね。

 

また、福祉という概念を知るにあたって
重要となってくる、福祉の語源についても

解説させていただきます。

 

なぜそんなことを知る必要があるのか?

 

それは、この起源や語源を知ることによって、

福祉に対する想いが固まってくるからです。

 

もちろん

 

「語源や起源なんか知らなくても

福祉に対する考え方はしっかりあるよ!」

 

という方もいるかと思います。

 

でも、自分の考えをまだ
しっかりと持てていない方には、

とても役に立つことなのです。

 

この想いがあるかないかで、
福祉の仕事が楽しくなるか、
つまらなくなってしまうかが

決まると言っても過言ではありません。

 

始まりや語源をしって、ぜひ今後の

生活に活かしていただければと思います。

Sponsored Link

日本の福祉の始まりは?

いろいろと定説はありますが、

社会福祉の根底は江戸時代にあったと言われています。

 

当時は憲法がなかったため、
福祉制度なども整ってはいませんでした。

 

その中で江戸時代は、

農村は村落共同体といって、
家族やコミュニティ内で

相互扶助するという文化でした。

 

村全体で助け合っていたのですね。

 

家族に介護者がいない老人は、
親族の方はもちろんのこと、
村人たちが支援してくれていたのです。

 

さらに、地域支配を隅々まで

徹底する目的で組織された
5人組というご近所ネットワークも
あったので、その仲間内で

相互扶助をしていました。

 

 

福祉という概念自体はまだなかったですが、

このようにみんなで助け合う精神が

江戸時代にはあったのです。

 

今となっては、様々な法律もできて、
福祉制度も日々、進化してきています。

 

2020年の東京オリンピックに向けて、

さらに過ごしやすい世の中になるよう

福祉制度も変わっていてほしいですね。

 

【日本人の助け合い精神】

 

国道20号線の通行止めで中央高速に

閉じ込められた人達に無料でパンを配る

ヤマザキパンの運転手さん。

 

 

福祉の豆知識 語源について

上記で福祉の始まりについて、
お伝えしましたが、

福祉の語源って知っていますか?

 

もともと福祉というのは、

 

  • 「幸せ」
  • 「豊かさ」

 

を意味する言葉なのです。

 

難しく言うと、

Sponsored Link

 

すべての市民に最低限の幸福と
社会的援助を提供するという理念

 

とWikipediaさんは解説しています。

 

ちなみにこの「福祉」という言葉ですが、

実は「福」も「祉」も、どちらも

 

「幸せ」

 

という意味になっています。

 

福(しあわせ)+祉(しあわせ)=福祉

 

どんだけ幸せを押すねん!

と突っ込みたくなりますが…(笑)

 

このように語源から見てもわかるとおり、
福祉とは、人の「幸せ」に関係があったのです。

 

英語で福祉とは?

 

ちなみに「福祉」は英語で、

welfare(ウェルフェア)」と言います。

 

この「welfare」。

実は造語なのです。

 

造語とは、簡単にいえば、

既成の単語を組み合わせて

新しい意味のある単語を作ること。

 

つまり、welfareとは、

 

  • well:よく
  • fare:やっていく、暮らす

 

という言葉を組み合わせた単語なのです。

 

意味は、「よりよく暮らす」
となりますね。

 

このように福祉の語源をたどっていくと、

「福祉」というのは幸せだったり、

よりよい暮らしといった

意味があることがわかります。

 

もちろん1人ひとり、福祉について
考えを持っていらっしゃるでしょう。

 

今回お伝えした福祉の語源を
あなたの福祉に対する考え方を肉付けして、

 

なぜ福祉に携わっているのか?

 

というのを思い出していただければ幸いです。

 

 

編集後記

いかがでしたでしょうか?

 

やはり日本人は昔から、
助け合いの精神が強かったのでしょうね。

 

今回お伝えした、福祉の始まりや

語源については知ってましたでしょうか?

 

知っていたという方も

知らなかったという方も

福祉の語源や起源を意識して、

 

なぜ福祉に携わっているのか?

 

というのを考えるきっかけになれれば幸いです。

 

福祉の仕事がつらいときなどに

この原点を思い出すことによって、

仕事へのヤル気アップにも
繋がっていければいいなと思います。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

あなたのご意見や感想なども
ぜひお聞かせいただけますと幸いです。

 

あなたの一言がこのサイトを
よりよくするためのヒントとなりますので、
コメントやお問い合わせもお気軽にお書きください!

 

 


The following two tabs change content below.
日野信輔

日野信輔

株式会社Nextwel代表取締役。WelSerch編集長。福祉×Webマーケティングで障害者のプロデュースなどしております。ネットの力で福祉業界の素晴らしいところをどんどん発信するサイトを構築してます。詳しいプロフィールはこちら→日野信輔


▼『友だち追加』から登録する▼






お問い合わせはこちら


Sponsored Link

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

YouTube公式チャンネル

公式LINE@

記事やメルマガでは書けない

ウェルサーチの「素」の部分を配信♪



RETURN TOP