WelSearch ウェルサーチ

障害者の平均年収や月収はいくらなの?調べてわかった驚愕の収入事情


こんにちは。
Welsearch代表の日野です。

 

近年、障害者雇用も以前よりも

一般的になり、法定雇用率が

2.0%になりましたね。

 

さらに平成30年からは、

精神障害者も法定雇用率の

算定対象になる予定です。

 

このように障害者が働く機会

というのは、だんだんと増えて

いっているように思えます。

 

しかし、ここで気になってくるのが

 

障害者の平均年収

 

です。

 

雇用の機会はだんだんと

増えていると言われておりますが、

実際に障害者の平均年収も

アップしているのでしょうか?

 

現状を見てみると、多くの障害者が自立

できるだけの収入を得ていません。

 

そこで、今回は障害者の

平均年収がいったいどれくらいに

なっているのかをまとめてみました。

Sponsored Link

障害者の平均年収は?

障害者の年収はいったい
いくらくらいなのでしょうか?

 

調べてみると興味深い記事を発見しました。

 

障害者団体「きょうされん」

地域生活実態調査(2016年)によると、

障害者の98%が年収200万円以下

生活しているという結果になったみたいです。

 

ちなみにこの調査はきょうされんに

加盟している作業所などに行われ、

 

  • 男性:8865人
  • 女性:5443人
  • 平均年齢:41歳

 

の方々に実施されたものです。

 

障害別(重複も含みますが)

でも統計をとっており、

 

  • 知的障害:9381人(65%)
  • 身体障害3861人(27%)
  • 精神障害3641人(25%)

 

となっております。

 

この中で、生活保護受給者1677人を抜いた

1万2531人の収入調査もされておりました。

 

その調査ではなんと、

 

  • 年収200万円以下が98%
  • 年収100万円以下が61%

 

といった結果になっていました。

 

こんなグラフもありました。

 

「障害のある人と国民一般の収入比較」

 

この図を見てもわかるかと思いますが、

健常者と障害者にはこんなにも

収入の格差が広がっている現状です。

 

もちろんこの調査は、作業所などが

対象となっており、障害者雇用

されている方は調査の対象外

なっているので、正確な結果ではないです。

 

収入源はどこから?

障害者の98%が年収200万円以下

という結果が出ておりますが、

その200万円はどのように稼いでいるのでしょうか?

 

この調査によると主な収入源は、

 

  • 障害基礎年金2級:6111人(43.6%)
  • 障害基礎年金1級:5263人(37.6%)
  • 自治体独自の手当:1230人(8.6%)

 

となっており、ほぼ障害基礎年金に

頼っている現状となっています。

 

では、自分で稼いでいる収入は、
いったいどれくらいになっているのでしょうか?

 

工賃の平均月収はどうなっているのか?

上記の調査はきょうされんに加盟している

作業所がメインの対象となっていますが、

そこではもちろん工賃をもらっているかと思います。

 

厚生労働省から

平成26年度工賃(賃金)の実績について

の報告がありました。

 

これは

 

  • 就労継続支援A型事業所
  • 就労継続支援B型事業所

 

が対象の施設になりますが、

工賃の平均月収を調べたもので、

下の画像のような結果とのこと。

 

Sponsored Link

 

【就労継続支援B型事業所】

月収:14838円

時給:187円

前年度比:102.8%

 

【就労継続支援A型事業所】

月収:66412円

時給:754円

前年度比:102.3%

 

工賃の金額も徐々にアップしておりますが、

工賃だけの収入では、まだまだ自立

できるような金額を得ることは難しい現状です。

 

 

障害者雇用されている人の年収は?

これまで障害者の収入に関して
お伝えしてきましたが、その調査も

「作業所に通っている人」が対象なので、

障害者雇用されている方の収入は

入っていないのです。

 

では、障害者雇用されている方の

収入はいったいどのくらいなのでしょうか?

 

国の資料は少し古いものしかなく、

平成24年版障害者白書」に

それが記載されておりました。

 

事業所で雇用されている障害者の

平均月収は、以下の通りです。

 

  • 身体障害者:254,000円
  • 知的障害者:118,000円
  • 精神障害者:129,000円

 

となっております。

 

ちなみに常用労働者の平均月収は、

264000円ですので、身体障害者との

差は少ないですが、知的・精神障害者との

差は2倍以上になっておりました。

 

もちろん作業所よりかは収入が多いですが、

まだまだ少ない金額となっております。

 

【あらゆる人材を戦力に】

 

障害者の現状

こういった現状なので、

障害者の方は親や家族と同居
している人がほとんどです。

 

こちらのグラフも上記と同じ

きょうされんの調査でわかった

誰と暮らしているかの実態です。

 

 

こちらは年代別の
親と同居している割合比較
となっております。

 

 

これらの図を見てわかる通り、

親と同居していないと、

生活ができないという方がほとんどです。

 

その理由としては、やはり先ほど
お伝えした給料(工賃)の低さ

主な要因となっています。

 

つまり、親の収入に頼らないと

経済的な部分で1人で生きていくには

難しいということです。

 

 

編集後記

いかがでしたでしょうか?

 

障害者の平均年収の実情を知ると、

 

自分の知り合いにも

 

「障害者の平均月収は

いくらくらいだと思いますか?」

 

と聞くと、だいたいが15〜20万円と答え、

現実を教えると、とても驚きます。

 

でも、そこから

「障害者って何ができるの?」と聞かれ、

ご自身の事業などの経験から

いろいろなアイデアを提案してくれる人も多く、

新たな気づきを与えてくれる方もいます。

 

少しでも多くの方が、この現状を知り、

改善のためのアイデアを出し合っていけば、

自立できるまでの収入を得ることも

可能になってくるのではないでしょうか?

 

そのためには、まず知ってもらう

きっかけが大事ですね。

 

改善できそうな何かいい

アイデアなどご存知であれば、

ぜひお問い合わせください!

 

みんなで協力しあっていけば、

よりよい世の中へなっていくと思ってます。

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

あなたのご意見や感想なども
ぜひお聞かせいただけますと幸いです。

 

あなたの一言がこのサイトを
よりよくするためのヒントとなりますので、
コメントやお問い合わせもお気軽にお書きください!


The following two tabs change content below.
日野信輔

日野信輔

株式会社Nextwel代表取締役。WelSerch編集長。福祉×Webマーケティングで障害者のプロデュースなどしております。ネットの力で福祉業界の素晴らしいところをどんどん発信するサイトを構築してます。詳しいプロフィールはこちら→日野信輔
Sponsored Link

コメント

    • そうじ
    • 2017/11/02

    B型すら行けない人は一日4時間作業(内職)して週5で月800円程度

    内職作業は健常者がやっても疲れるレベル
    1日300円の昼ご飯代金にもならない
    日本の企業は弱者を奴隷扱いして成長してる。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

YouTube公式チャンネル

Facebookページ

RETURN TOP