WelSearch ウェルサーチ

無職の障害者でもクレジットカードの審査って通るのか?


こんにちは。
Welsearch代表の日野です。

 

今や生活で必需品ともなっている

クレジットカード。

 

金融機関だけでなく、いろいろな
企業がクレジットカードを提供しています。

 

そこで、疑問に思ったことが、

 

「障害者でもクレジットカードを
持つことができるのか?」

 

ということです。

 

そこで今回は、無職の障害者でも

クレジットカードの審査は通るのか
ネットやリアルでの口コミや

情報などから調べてみました。

Sponsored Link

障害者でもクレジットカード審査は通る?

障害者というと、

 

「クレジットカードが作れない…」

 

ということを多く目にしますが、

実際のところ、どのような現状に

なっているのでしょうか?

 

いろいろと情報を仕入れていると、

 

すんなり作れたよ~♪

 

という方から、

 

ぜんぜん審査に通りません…

 

といった意見までありました。

 

なぜこんなにもバラバラの意見が

出てきているのでしょうか?

 

いろいろな意見がありましたので、

まずは参考程度にまとめておきます。

 

障害者のクレカ事情口コミ

【例1】

私は身体障害があって障害者1種2級ですが、

クレジットカードは普通に通りました。

私の場合ですが、20歳前の
障害基礎年金と労働による収入があります。

 

【例2】

私の父が身体障害者一級だったのですが、

イオンカードを作ることができました。

 

でも、私は精神障害者2級で

年金受給しているのですが、

作ることができませんでした。

 

【例3】

無職の障害厚生年金3級で、

収入は年で60万円程度でしたが、

カードを作ることができました。

 

【例4】

私は、障害年金を受給していますが、
楽天カードは発行することができました。

 

【例5】

車椅子ユーザーで身体障害者1級ですが、

クレジットカードは一向に作れていません。

 

ほんと~にいろいろな意見があって、

障害者でもクレジットカードが

作成できるのかどうか迷ってきちゃいますね。

 

では、本題の無職の障害者でも

クレジットカードが作れるのか

どうかについて、迫っていきたいと思います。

 

無職の障害者でも作れる?

通常、クレジットカードを作成する場合、

会社員だったり何かしらの一定収入が

あることが前提と言われております。

 

では、無職だとカードは作れないのか?

 

というと、そんなことはなく、

無職の障害者でも作れる

可能性は十分にあります。

 

先ほど、

 

「一定の収入があることが前提」

 

とお伝えしました。

 

そう。

 

つまり、障害者年金も一定の収入と

なってくるのです。

 

もちろん審査が厳しい会社であれば、

カードを作成することは難しいですが、

審査が甘いカード会社であれば、

十分、可能性があるのです。

 

書類審査のところで障害者であるか

どうかを記載する箇所はないですし、

診断書を提出する必要もないです。

 

でも、ここで注意ポイントが

ありますので、先にお伝えしておきます。

 

注意が必要

まず2つ注意点をお伝えしておきます。

 

1つ目は、クレジットカードを作るときに

職業欄を記入するところがあるかと思います。

 

そこに、「無職」と記入してしまうと、

審査はほぼ通らなくなるので、

注意してくださいね。

 

「えっ?

じゃあ、結局、無職の障害者は

クレジットカードを作れないの?」

 

というとそんなことはないみたいです。

 

クレジットカードの審査に通るためには、

職業欄を記入する際に年金受給者

と書くと通りやすいみたいですよ。

 

2つ目の注意点は、

書類審査が通った段階で、

本人確認の電話がかかってきます。

 

その電話にきちんと本人が対応して、

受け答えができること。

 

本人確認の電話は必ず

掛かってくるのではありませんが。

これらのことがクリアできれば、

発行されやすいと言われています。

 

そこで今回の記事では、

障害年金受給者でも作りやすいと

言われているクレジットカード

についてご紹介していきます。

 

障害年金受給者でも通りやすいクレジットカード

上記でもお伝えしたように

障害年金受給者は、クレジットカードを

手に入れることができないということを
目にしますが、実際には

Sponsored Link

そんなことはないみたいですね。

 

今は、カードの審査難易度も

緩和されてきているみたいです。

 

だから、

 

カードの種類によっては、障害年金で

生活している人でもクレジットカードを

入手できる可能性が高くなってきているのです。

 

そこで今回は障害年金を受給

している方でも作れると評判の

クレジットカードを3つ紹介します。

 

ご紹介するクレジットカードは、

年金の収入しかない人でも作成できるので、

どのカードにしようかな〜と思ったら、

以下の中から、あなた好みのカードを

決めていただければと思います。

 

楽天カード

楽天カードマンのCMでもお馴染みの

楽天カードは、なんと顧客満足度調査で

常にNO1となっています。

 

障害年金受給者であっても作れる

クレジットカードで有名です。

 

楽天カード

 

ネットでいろいろと審査結果の情報を
調べてみても、けっこう多くの

障害年金受給者の方が入手できていますので、

審査難易度は易しいのかと思います。

 

また、楽天カードは楽天ポイントも

付与されるので、楽天市場で買い物を

する人にとっては嬉しいサービスですね。

 

エポスカード

エポスカードといったらマルイですね。

 

こちらも、障害年金受給者でも作れる
クレジットカードです。

エポスカード

 

ちなみに、公式サイトでも

 

年金受給者OK

 

って書いてありますので、

年金で生活されている方でも

入会基準は満たしています。

 

『マルコとマルオの7日間』という

エポスカード利用者限定のマルイの

セールも定期的に開催されています。

 

あとは、カラオケによく行く人は便利です!

 

というのも、ビッグエコーやSHIDAXなどの

大手カラオケボックスであれば、

だいたいエポスカードを提示すれば、

割引を受けることができます。

 

イオンカード

イオンといえば、

『20日・30日は5%オフ♪』

のCMでお馴染みの会社ですね。

 

イオンカード

 

イオンカードも年会費無料

作成することが出来る

節約系クレジットカードです。

 

近くにイオン系列のお店があるなら、

お買い物も節約することができます。

 

イオン系列のお店は、

 

  • イオン
  • マックスバリュ
  • イオンスーパーセンター
  • サンデー
  • ビブレ
  • ザ・ビッグ

 

となっております。

 

 

 

これら3つのクレジットカードが

障害者でも作れる可能性のある

会社だと評判が高かったです。

 

編集後記

いかがでしたでしょうか?

 

いろいろとリサーチをしてみましたが、

無職の障害者でもクレジットカードを

作成することはできるみたいですね。

 

もちろん障害年金だけでなく、

就労での収入もあった方が審査が通る

確率はグンと高まります。

 

あとは、貯金額がいくらかあれば、

それも審査の対象にはなるみたいですね。

 

ただ、勘違いしてほしくないことは、

障害者でも「絶対に」カードが持てる!

ということです。

 

通常は、勤務されていて一定の収入が

あることが前提ですので、

そこだけは忘れないでいてください。

 

あ、あと

あくまでも審査結果の詳細に関しては、

企業しかわかりませんので、

 

「この記事を読んだけど、

カード作れなかったぞ~!!!」

 

というのはやめてくださいね(笑)

 

ぜひ参考程度にしてください。

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

あなたのご意見や感想なども
ぜひお聞かせいただけますと幸いです。

 

あなたの一言がこのサイトを
よりよくするためのヒントとなりますので、
コメントやお問い合わせもお気軽にお書きください!


The following two tabs change content below.
日野信輔

日野信輔

株式会社Nextwel代表取締役。WelSerch編集長。福祉×Webマーケティングで障害者のプロデュースなどしております。ネットの力で福祉業界の素晴らしいところをどんどん発信するサイトを構築してます。詳しいプロフィールはこちら→日野信輔
Sponsored Link

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

YouTube公式チャンネル

Facebookページ

RETURN TOP