WelSearch ウェルサーチ

新幹線で障害者割引の場合ネットで予約できるのか?一連の流れを説明します!

  • 最終更新日:

今やいろいろな施設などの入場券やチケットの購入において障害者割引が適用されている施設も多くなってきました。

 

その中でも頻繁に使うことが多い、電車や新幹線の乗車券についても障害者割引があるのをご存知でしょうか?ただ、電車や新幹線の場合は、割引されるには条件があるので、障害者割引が適用されるかどうかは調べなければわからないことも…

 

そこで今回は、障害者割引の概要からJRの電車や新幹線での障害者割引についてお伝えしていきます。また、新幹線のネット予約でも障害者割引が適用されるのかどうかをまとめました。旅行や仕事などの移動で障害者手帳を有効活用してでいただくために、参考にしていただければ幸いです。

Sponsored Link

障害者割引とは?

まず初めに、「障害者割引」について説明していきます。障害者割引とは、

 

  • 身体障害者手帳
  • 療育手帳

 

のどちらかを持っている障害者に適用される割引制度のことです。

 

日野
精神障害者は、割引されないのか?

 

と思った方もいらっしゃるでしょう。

 

そうなんです。現時点では、精神障害者の場合は、自治体ごとには割引が適用されるものがありますが、全国的に統一されていないのが現状です。まだまだ精神障害者に対しての対応が遅れてしまっているのが現状ですので、より多くの企業さんが導入してくれることを願います。

 

この障害者割引が適用されるには、条件があり、前もって障害者手帳の交付を受けて、携帯しておかなければいけません。(購入する際に手帳を見せる必要がある)ですので、たとえ障害者であっても、手帳を交付されていなければ、障害者割引は適用されません。

 

たとえ手帳を交付されていたとしても、係員などに

 

障害者手帳を出してください。

 

と言われた時に、手帳を持っていない時も障害者割引は受けられません。

 

あと、電車の場合、すでに乗車していると、正規の運賃を請求される可能性もあります。このようなことから、障害者割引を利用する場合には、常に障害者手帳は、携帯しておきましょう。

 

電車や新幹線における障害者割引の注意点

電車や新幹線で障害者割引を適用する場合に、いくつかの注意点があります。これを知らないで購入しようとしたり、乗車してしまうと、せっかくの旅路が台無しになってしまうケースもございますので、この注意点はぜひ頭にいれておいてください。

 

障害者割引の注意点

  • 障害者手帳のコピーでは、購入できない
  • 乗車中でも「手帳」を持参しする(係員から呈示を求められる場合もあるので)
  • 介助者と同伴する場合は、乗車〜降りるまで一緒にいること

 

問題なく電車や新幹線に乗るために、上記のことは、注意しながら乗車していただければと思います。

 

新幹線で障害者割引はネット予約できるの?

今や新幹線のチケットもインターネットを使って、予約できる時代となっています。ですので、新幹線を予約する際にえきねっとなどを利用されている方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、疑問となってくるのが、

 

新幹線をネットで予約する際に障害者割引は適用されるのでしょうか?

 

ということ。

 

新幹線を障害者割引で利用するには、どのような流れになっていくのでしょうか?

JRでの割引の概要

まず、JRでの障害者割引の概要を理解しておきましょう。以下にわかりやすいよう表にしてまとめました。

 

対象 割引対象乗車券 割引率 記事
第1種障害者とその介護者 ・普通乗車券

・回数乗車券

・普通急行券

50% 私鉄など他の鉄道会社の線とまたばる場合を含む。ただし、回数乗車券はJR線区間単独の販売となる。
第1種障害者とその介護者、または、12歳未満の障害者とその介護者 定期乗車券
(小児定期乗車券は除く)
50% 私鉄など他の鉄道会社の線とまたばる場合を含む。

小児定期旅客運賃については、割引が適用されない。

第1種・第2種障害者が単独で利用する場合 普通乗車券 50% 片道の営業kmが100kmを超える場合(私鉄など他の鉄道会社の線にまたがる場合も含む)

 

ここに記載されている通り、新幹線の特急券は割引の対象にはなりません。割引が適用されるのは、乗車券のみとなります。

 

そもそも新幹線を利用する場合、

 

  • 特急券
  • 乗車券

 

の2枚が必要となります。

 

障害者割引が適用されるのは、そのうちの乗車券のみが50%の割引となっております。

新幹線のえきねっとなどで障害者割引はできる?

さて、ここで本題に移りましょう。新幹線のネット予約で障害者割引ができるのかどうか?ですね。結論を先に言っておきますと、新幹線の予約はえきねっとなどでインターネット上ですることはできます。

 

しかし、障害者割引を適用するとなると、みどりの窓口に行って、障害者手帳を見せなければ割引の適用にはなりません。「えきねっと」で申し込んだ切符を受け取る際は、クレジットカードも必要になってきますので、忘れずに持っていくようにしてください。

 

まとめると、インターネットで予約した場合、

 

  • 障害者手帳
  • クレジットカード

 

を持参して、原則ご本人がみどりの窓口で切符を受け取るという流れになります。

Sponsored Link

e特急券は障害者割引と併用OK?

東海道・山陽新幹線のインターネット予約であるエクスプレス予約e特急券に関しては、障害者割引と併用することができます。エクスプレス予約「e特急券」は、特急券のみを購入できます。ですので、乗車券が割引の適用となります。この予約したe特急券の受け取りは、駅の窓口や券売機となります。

 

ちなみに、

 

  • EX-ICサービス
  • EX-IC早特
  • EXきっぷ

 

といったような乗車券と特急券がセットになっているものは、割引の対象外となってしまいますので、ご注意ください。

 

【車椅子で新幹線に乗車】

みどりの窓口で受け取る際の注意点

JRの「みどりの窓口」でチケットを受け取る際には注意点があります。それは、「みどりの窓口」が基本的にかなり混んでいるということ…だから、購入するのに時間がかかります。(運がよければ、スムーズに受け取ることもできますが)

 

その点を考慮して、事前にみどりの窓口で購入だけしておくか、当日購入する場合は、乗車時間に遅れないように早めに行っておくことをおすすめします。

 

JRにおける障害者割引5つのポイントまとめ

新幹線のあるJRにおける障害者割引の5つのポイントをまとめました。(私鉄の場合、異なるケースもあることはご了承ください)1つずつおさらいしていきますので、参考にしていただければ幸いです。

1:割引率は50%

JRの場合、障害者手帳で乗車券の価格が50%割引(半額)で購入することができます。これを詳しく説明しますと、

 

片道の運賃×0.5

 

という計算式になります。(10円未満の端数は切り捨てます)

 

すべてのケースで半額になるという訳ではありません。先ほど説明した表の条件に当てはまる場合、半額で購入することができます。

 

2:他の割引との併用ができない

障害者割引は、往復割引など他の割引との併用ができないです。

往復割引:600kmを超える区間を往復する時は、行きと帰りの乗車券が10%割引されるサービス。

 

日野
障害者割引と往復割引のどちらを利用したほうがいいのでしょうか?

 

と悩んでしまう方もいらっしゃるかと思います。結論を言いますと障害者割引の方がお得ということになります。往復割引は、10%割引。障害者手帳は50%割引となっているからです。

 

あ、あと学生割引も併用できませんので、ご注意ください。

 

3:切符の購入は、障害者本人で!

障害者割引での切符の購入は、ネット予約ではできないので、JRのみどりの窓口で受け取るとお伝えしました。その際に、障害者本人が手帳を提示しないと障害者割引が適用されません。(手帳自体が本人確認になりますので)

 

また、介助者と一緒に乗車する場合は、介助者も一緒にみどりの窓口で、購入する必要があります。

 

ただ例外として、前もって新幹線の切符を購入するケースなどは、障害当事者の外出が難しい理由などで、代理での購入を特別に認めてくれる場合があります。もちろんこのケースでも、切符を購入する時に、障害者手帳を見せる必要があります。

 

自動券売機やネットでの予約では、障害者割引の切符は購入できないのでご注意ください。

 

ただ、自動券売機で、大人用の半額の値段である子供用の切符を購入することで、障害者割引の切符として、特別に認めてくれることもあります。もちろんこれは、特別なケースなので、基本的にはみどりの窓口での購入してください。

 

4:特急券は障害者割引が適用されない

先ほども少しお伝えしましたが、JRの場合、新幹線や特急列車に乗る際に、乗車券だけでなく特急券を購入しなければなりません。この特急券は、障害者手帳で割引の対象にならないんです。結果的に、新幹線や特急を利用する場合、合計金額の3割引くらいが割引になるイメージになります。

 

つまり、新幹線や特急列車では、乗車券と特急券の2枚が必要となり、乗車券のみ50%割引で購入することができます。

 

5:12歳未満の障害児は、子ども価格の半額

JRでは、12歳未満の子どもの切符の価格は、大人の半額で購入することができます。12歳未満の障害児の子どもは、子ども用の価格の50%割引で購入することができます。つまり、大人の価格の1/4の料金になりますね。

 

子ども用の定期券の場合は、1/4の料金にはならずに、大人用定期券の50%割引のままとなってしまうので、ご注意ください。

 

豆知識ですが、JRでは、12歳になった場合でも、小学校6年生が終了する3月31日までは、子供用の料金で乗ることができます。

 

 

この5つが障害者割引の5つのポイントとなります。

 

5つのポイント

  1. 割引率は50%
  2. 他の割引との併用ができない
  3. 切符の購入は、障害者本人で!
  4. 特急券は障害者割引が適用されない
  5. 12歳未満の障害児は、子ども価格の半額

 

編集後記

いかがでしたでしょうか?

 

ネット予約で新幹線を障害者割引で利用する方法についてお伝えしました。ネットで予約すること自体はできますが、障害者割引を適用して購入するためには、原則ご本人が「みどりの窓口」に行って、

 

  • 障害者手帳
  • クレジットカード(ネットで予約した場合)

 

を提示する必要があります。

 

精神障害者については、新幹線は現在、割引が適用されないのがとても残念ですね。より多くの企業さんに認知が広がり、すべての障害者が手帳を有効活用できる時代になっていくことを祈っています。

 

障害者割引を適用して、新幹線に乗る場合は、ぜひ参考にしてみてください。また、他に安くするテクニックなどありましたら、教えていただければ幸いです。こちらでも紹介していければと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。あなたのご意見や感想などもぜひお聞かせいただけますと幸いです。

 

あなたの一言がこのサイトをよりよくするためのヒントとなりますので、コメントやお問い合わせもお気軽にお書きください!


The following two tabs change content below.
日野信輔

日野信輔

株式会社Nextwel代表取締役。WelSerch編集長。福祉×Webマーケティングで障害者のプロデュースなどしております。ネットの力で福祉業界の素晴らしいところをどんどん発信するサイトを構築してます。詳しいプロフィールはこちら→日野信輔


▼『友だち追加』から登録する▼






お問い合わせはこちら


Sponsored Link

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

YouTube公式チャンネル

公式LINE@

記事やメルマガでは書けない

ウェルサーチの「素」の部分を配信♪



RETURN TOP