WelSearch ウェルサーチ|福祉の専門家や当事者たちが発信する福祉情報サイト

尚工藝のデザイナーが福祉と出会ったキッカケ!宮田尚幸さんインタビューvol.1


工賃アップや福祉のブランディングをするにあたって「デザイン」というのは、欠かせない存在です。デンマークの最先端福祉を体感されており、福祉業界に数少ない「ものづくりと福祉」の領域で、デザイナーとして活動されている方がいらっしゃいます。

 

今回は、3つの記事にわけて、インタビュー内容をお伝えしていきます。第1回目のインタビューは、尚工藝・デザイナーの宮田尚幸さんに自己紹介と福祉に出会ったキッカケを話していただきました。

 

デザイナーという、まったく福祉や障害者と関係がなかった宮田さんが、なぜものづくりと福祉という領域で活動しているのか?

 

そこには、衝撃的な出会いから始まったエピソードがありました。

宮田尚幸さんプロフィール

尚工藝(なおこうげい)主宰
宮田 尚幸(みやた なおゆき)さん

 

プロフィール

自身が福祉だと感じるものごとの、商品のデザイン、ブランディングを行う。その傍ら、デンマークのハンドメイドの杖の工房「Vilhelm Hertz / ヴィルヘルムハーツ」の一員として、日本、アジアに広める活動を行う。また、対話会や執筆活動を通して、デンマークの思想を自分なりに伝え、生きにくさを感じている方への小さな拠り所を作る場を模索中。

文具雑貨のデザイン、ブランディングを経て、POSTALCO にて服飾雑貨のデザイン開発に従事。質の良いものを長く使うこと、環境への配慮の大切さに気づく。
その後、デンマークに福祉で有名なEgmont Højskolenに留学中に出会った「Vilhelm Hertz」にて半年間住込みでインターンとして働く。
デンマークで、幼い頃から抱える生きにくさが軽減したことで、ものづくり、福祉に強い関心を抱いている。帰国後、尚工藝を立上げ現在の活動に至る。

 

【宮田尚幸さんインタビュー動画】

 

福祉分野で活動する尚工藝・デザイナーの宮田尚幸さん

日野
今回のゲストは、尚工藝の宮田尚幸さん。

 

デザイナーの方なんですけれども、福祉にも携わっていらっしゃいます。

 

きっかけは以前デンマークのエグモント・ホイスコーレンという障害者と健常者が一緒に学んで一緒に生活する学校に視察に言ったのですが、そこの卒業生ということでご縁をいただきました。

 

じゃあ、宮田さん軽く自己紹介をお願いします。

 

尚工藝(なおこうげい)の宮田尚幸と申します。よろしくお願いします。

 

日野
お願いします。

 

今はフリーランスでデザイナーをやってまして、デンマークに行ったことで福祉に出会って、福祉に自分が感じることのデザインを組み合わせたことを主にやっています。

 

デンマークでハンドメイドでオーダーメイドの杖を作っている工房に半年間、丁稚奉公をしました。それをきっかけに、日本でもその杖を広めるというミッションを受けました。

 

今その工房のスタッフの一人として、アジアチーフという役割をもらって、日本に広げる仕事をしています。

極度の恥ずかしがり屋だった学生時代

日野
ありがとうございます。ちなみにもともと福祉とは全く関係ないデザイナーさんだったと思いますが、なぜ障害者がいるようなエグモントに留学したのですか?

 

そこはまあ自分でも本当に謎なんですけど…

 

日野
謎なんですね(笑

 

もともと自分が日本に生きづらさを感じていたっていうのがけっこう大きいのかなと思います。

 

今考えるとなんですけど。

 

日野
どんなところに生きづらさを抱えていたのですか?

 

小・中学校のころ、自分は極度の恥ずかしがり屋で、授業中に落とした消しゴムを自分で拾うことができないような人だったんです。

 

日野
そこまで!?

 

ど、どうしてたんですか?

 

指で全部消してました(笑

 

日野
指!?手汗ですか?(笑

 

手汗で消してました…。手汗ばっかりで…。そのくらい、人前で話すのも、人を挟んだら声をかけられないくらいの人だったので、常に緊張している状態でした。

 

日野
いやぁ〜それは大変ですね。

 

その状態が嫌で、なにか自分が変わらなきゃいけないっていうプレッシャーも同時にあったんですよね。

 

日野
それで世界を見てみよう!って感じですか?

 

なぜ福祉最先端のデンマークに行ったのか?

いろいろあったんですけど、社会人になった後にイギリスに一回行ってみたときにものすごく楽しかったんです。

 

違う文化を知ることの楽しさを知って、デンマークに行くことになりました。

 

日野
エグモントは、どうやって見つけたんですか?

 

デンマークを調べていたら、コペンハーゲンとかの都市に住むのが今ものすごい難しいことを知りました。しかも、仕事を見つけるのがとても大変で。

 

情報を調べたら「フォルケホイスコーレっていう存在を知ったんです。そこだと全寮制なので、学びながら住むところも食事も出てくる。

 

日野
フォルケホイスコーレは、専門学校みたいですものですよね。

 

エグモント・ホイスコーレンやフォルケホイスコーレの仕組みなどについては、こちらの記事でご紹介しております。

 

学校みたいで、全寮制なので、先にお金を振り込めば半年は、住むことができたんです。まあ学校によって期間は違いますけど。

 

そこで半年過ごす間に、デンマークで働くことをしたかったので、残りの半年の就職先を学校にいながら探せるかなと。

 

そう思ってこのフォルケホイスコーレっていう学校に行くっていうのをまずそこで決めました。その中でデザインの学校とか、アート系とかいろいろあることを知りました。

自分がどう反応するか一番わからなかった

日野
専門学校みたいな形で、北欧にいろんなジャンルがあるんですよね。

 

その中でなんで障害者を選んだのですか?

 

そこに行ったら、自分がどう反応するかとか、自分はわからかったからです。

 

日野
未知の世界だったのですね。

 

今まで障害者の人と関わる機会がまったくなかったんです。まぁ、自分が片足突っ込んでるような状態だったかもしれないんですけれど(笑

 

サイトを見る限りではあんまり情報が出てこなかったんです。脳性麻痺で自分では食べることができないような方たちも一緒にいるっていう情報だけはわかりました。

 

そういう人を目の前にしたときに、「自分は、もしかしたらここにいられないみたいな状態になっちゃうかもしれないな」と思うかもしれないし。

 

日野
自分がどうなるか体験してみたいなと?

 

わからないのと、自分がどうなっちゃうのかなと。一番想像できなかったのがエグモントホイスコーレン。デンマーク行くならそのくらいの衝撃を自分に与えようかなと。

 

デンマークで福祉業界に惚れ込んでいた

日野
それで今の杖とは、どういった出会いがあったんですか?

 

エグモント・ホイスコーレンで1月〜6月までいたんですけど、この杖に出会ったのが、3月の終わりくらい。

 

コペンハーゲンで国際福祉イベントみたいなのに行った時に、たまたまこの杖の工房が公の場に初めて出店していたんです。

 

日野
それが初めてだったんですね?

 

はい。その時に自分は、エグモント・ホイスコーレンがきっかけで福祉に出会って、このフィールドで一生働いていたいと。もう福祉業界に惚れたんです。

デンマークで出会った福祉の衝撃

で、自分はデザイナーっていう職業を、大学卒業してから7年くらい、文房雑貨のデザインとかしてきたので、、自分にできるのはそれしかなかったんです。

 

だから、なにかものづくりと福祉と思ってたときに、この杖の工房の前を通って。本当にイナズマが落ちたみたいに…。

 

日野
衝撃が来たんですか?

 

はい。そこにさっそく「工房を見させてくれ!」って頼んで、工房に行って話を聞いたら本当に思想が一致してたんです。もうなんでもやります!ってなりました。

 

日野
それは、とても気になります!この杖についてちょっと次の動画で詳しく聞かせていただければと思います。

 

次回もよろしくお願いします。

 

宮田尚幸さんのインタビューを終えて

宮田さんインタビューありがとうございました。

 

第1回目のインタビューでは、宮田さんの尚工藝・デザイナーとしての活動や自己紹介から始まり、なぜ「ものづくりと福祉」の領域で活動しているのかのキッカケを話していただきました。

 

宮田さんの人生の中で、まったく想像ができなかった「障害者と共に過ごす世界」。まさにこのエグモントでの生活が、福祉に惚れ込むほどまでに至ったとは、驚きました。

 

最先端福祉のデンマークで見た「杖」に衝撃を受けたとのことですが、どのような杖なのか第2回目の動画で探っていきたいと思います。

 

宮田尚幸さんインタビュー

 

1:尚工藝のデザイナーが福祉と出会ったキッカケ!宮田尚幸さんインタビューvol.1

 

2:おしゃれなロフストランドクラッチにかけるアツい想い!宮田尚幸さんインタビューvol.2

 

3:福祉施設でデザインを取り入れる思考法をプロに聞いた!宮田尚幸さんインタビューvol.3

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

あなたのご意見や感想などもぜひお聞かせいただけますと幸いです。

 

あなたの一言がこのサイトをよりよくするためのヒントとなりますので、コメントやお問い合わせもお気軽にお書きください!


The following two tabs change content below.
ウェルサーチ 障害者・編集チーム

ウェルサーチ 障害者・編集チーム

Welsearchの障害者・編集チーム。障害を持ったさまざまな方がリアルの日常や施設・職場での体験を発信しております。障害者の生活や考えはどのようなものなのか?感じ取っていただければ幸いです。


▼『友だち追加』から登録する▼






お問い合わせはこちら


Sponsored Link

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

YouTube公式チャンネル

障害者の自立プロジェクト

公式LINE@

記事やメルマガでは書けない

ウェルサーチの「素」の部分を配信♪



RETURN TOP