WelSearch ウェルサーチ

相談できる薬局クスリのきのけん代表:木下幹仁さんインタビューvol.1


今回は、創業60年以上の
薬や病気のことを相談できる
薬局として有名なクスリのきのけん
代表の木下幹仁さんに
インタビューさせていただきました。

 

障害者と薬というのは、
とても大きな関わりです。

 

薬とどう関わっていけばいいのか?

 

障害者という観点から
語っていただきます!

 

今回、5つの動画にわけて、
インタビュー内容をお伝えしていきます。

 

第1回目のインタビューは、

木下さんの自己紹介について。

 

もともと政治家を目指していた
木下さんがなぜ実家の相談できる
薬局を継ぐようになったのか?

 

木下さんのエピソードです!

Sponsored Link

クスリのきのけん代表 木下幹仁さんインタビュー動画

木下さんインタビュー動画は

こちらになります。

 

第1回目は、3分半ほどの
動画となっております。

 

下に書き起こしもしておりますので、

見やすい方で見ていただければと思います。

 

【木下 幹仁さんインタビュー動画】

 

クスリのきのけんで仕事をする前は政治家志望

聴覚障害の方もいらっしゃるので、

木下さんのインタビュー動画を

こちらで書き起こしていきます。

 

テキストベースでも読めるので、

ぜひこちらもご参照ください。

 

では、さっそくインタビュー

内容に入っていきましょう。

 

木下 幹仁さん

クスリのきのけん

薬とはまったく違ったところに

 

日野
インタビュアーの日野です。

 

今回は「クスリのきのけん」
という会社の代表をやっている
木下さんにお越しいただきました。

 

よろしくお願いします。

 

よろしくお願いします。

 

日野
「クスリのきのけん」は、
老舗企業とお聞きしてまして、
創業60以上になりますかね?

 

そうですね。

今年で63年になります。

(2018年現在)

 

日野
いろいろなエピソードが
ありそうですが、経緯含め
自己紹介を視聴者に向けて
お願いします。

 

 

木下幹仁と言います。

 

札幌から東京に出てきてまだ
数ヶ月なんですけど、もともと祖父が
「木下健康堂」という相談の薬屋さんを
1955年に始めたものです。

 

それが僕の実家なんですね。

 

ちょっと僕の自己紹介をしますと、
僕もともと薬屋さんになるつもりは
全然なかったんです。

 

でも、東京に大学の時に出てきて、
上智大学という法学部にいて、
もともとは弁護士になって、
政治家になろうかなと
思ってたくらいだったんですね。

 

日野
薬と全く違った
志望があったんですね。

 

まったく違う志望を持っていたんですけど、
ちょうど司法制度改革の時期に当たっていて、
僕の努力不足が主な原因なんですが、
司法試験という弁護士になる試験に
なかなか受からず実家に帰ったんですね。

Sponsored Link

 

札幌に帰って勉強をしてたんですけど、
丁度その頃父が体調を崩して、
実家のお店を手伝うことになったんですよ。

 

実際にクスリのきのけんで仕事をしてみて感じたこと

 

手伝って働いてるうちにようやく
自分の実家の相談できる薬屋さん
っていうのがどういう仕事なのか
っていうのが分かりまして。

 

日野
それまでは家の仕事のことを
あんまり理解してなかった?

 

そうですね。

 

よく効くお薬がいっぱいあるな
って分かってたりとかはしてたんですけど。

 

だいたい色んな物がそんなに
病院に行かなくても、うちだけで
治っちゃうなとは思ってはいました。

 

それが当たり前だったんで、
あんまり気付いてなくて。

 

実際に働いてみたところ、
お客さんがすごい喜んで帰ってくれて、
お客さんが色んな相談をしてくれる。

 

もうすでに信頼が広まっていて、
地域では割と有名なお店だったので。

 

それに応えていくことの面白さとか
やりがいにびっくりしたんですね。

 

もともと僕が政治家とかそっち方向を
目指していたのは、人の役に立つ仕事が
できるかなという所だったんです。

 

相談の薬屋さんの仕事だったら
本当に色んな人の役に立てるんじゃないかな
っていうことを感じました。

 

その当時ってお店が忙しくて、
ほぼ独学だったんですけど、
医学だとかの勉強をしていくようになりまして、
のめり込んでいきまいしたね。

 

日野
分かりました。

 

クスリのきのけんさんの
仕事の内容とかはまた詳しく
お聞きできればと思います。

 

自己紹介ありがとうございました。

 

はい、ありがとうございます。

 

 

編集後記

木下さんインタビュー

ありがとうございました。

 

第1回目のインタビューでは、

クスリのきのけんのエピソードや
木下さんの自己紹介について
語っていただきました。

 

お客様の相談にのって、
お客様に合った薬を提供する。

 

それによって病気が治り、
感謝される仕事を体感したのが、
木下さんが今の事業をやっている
きっかけの部分でした。

 

こちらを読んでいるあなたも
もし病気や薬などで不安な点や
疑問点がありましたら、下記から
ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

他のインタビューも下記、

一覧から見ることができます。

 

 

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

あなたのご意見や感想なども
ぜひお聞かせいただけますと幸いです。

 

あなたの一言がこのサイトを
よりよくするためのヒントとなりますので、
コメントやお問い合わせもお気軽にお書きください!

 

 


The following two tabs change content below.
日野信輔

日野信輔

株式会社Nextwel代表取締役。WelSerch編集長。福祉×Webマーケティングで障害者のプロデュースなどしております。ネットの力で福祉業界の素晴らしいところをどんどん発信するサイトを構築してます。詳しいプロフィールはこちら→日野信輔


▼『友だち追加』から登録する▼






お問い合わせはこちら


Sponsored Link

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

YouTube公式チャンネル

公式LINE@

記事やメルマガでは書けない

ウェルサーチの「素」の部分を配信♪



RETURN TOP