WelSearch ウェルサーチ

車椅子に乗っている人って一体どんなユーザーなのか?


車椅子ライフデザイナーの白倉です。

 

車椅子に乗っているとよく言われるのが、

「足が悪いのですか?」という質問。

 

車椅子に乗っている人って必ずしも

足が悪いという理由だけではないんです。

 

そこで今回、取り上げた内容は

「なぜ車椅子に乗っているのか?」です。

 

くれぐれも私は医師や理学療法士

などではないので、あくまでも

誤解しやすい部分のみをご説明します。

Sponsored Link

身体が麻痺しているケースが多い

よく言われるのが、「足が悪いんですか?」という質問です。実際には身体が「麻痺」しているため車椅子を使用していることがほとんどです。

 

私のような「脊髄」などに障害が発生したりするケースもあれば、その他の病気によって身体が麻痺する場合もあります。

 

車椅子に乗っている人は大まかに2つのパターンがあります。

先天性

産まれた時点で「脊髄」「脳」などの病気により運動機能が障害となるケース(例 二分脊椎症・脳性麻痺など)

 

後天性

生活している途中で「脊髄」などに障害が発生するケース(例 脊髄損傷・脊髄などの病気(脳・頸椎・胸椎・腰椎の病気・後遺症や脊髄腫瘍・その他の病気など)

 

受け容れることに時間がかかる

私の親友は先天性の障害者なので、産まれた時から歩いたことがないので歩くことをイメージができないと言っています。私は後天性の障害者ですので、24歳までは健常者でしたが、その後は車椅子生活をしております。先天性の親友と違って私の場合は、再び歩きたいという思いをもっています。後天性の方は、どうしても健常者の時の自分と現在の自分を比較してしまうんです。

 

私の場合は、24歳の時、交通事故に遭い脊髄損傷になりました。レントゲンで見ると背骨が折れているんです。そして背骨にある神経にダメージを負っております。脊髄にダメージが起こると、脳からの命令が届かなかないことにより、運動神経が失われて、感覚・知覚機能も失われて麻痺をしてしまうんです。

Sponsored Link

 

 

脊髄損すると修復できない

私の場合は胸椎の5番が損傷しているために、その部分(ちょうど胸の心臓付近)から下は触っても全く分かりませんし、自力で動かすこともできません。人によっては、脊髄の障害の度合いによって、触ったら少しだけ分かる人とか自力で多少動かすことが出来る人もいます。

 

それでも健常者のような身体の状態ではないので車椅子の生活となってしまいます。脊髄を一度損傷したりすると修復・再生されることがないために、一生車椅子の生活になりますと医師に宣告されます。現代医学では決定的な治療法はありません。それでも全く希望が無くなったわけではありません。

 

【脊髄損傷で下半身麻痺】

 

車椅子ユーザーの未来を変える

東京の木場にある脊髄損傷トレーニングジム(J-WORKOUT)では、専門のトレーナーによるトレーニングすることで残存している神経を通して、今まで歩くことが出来なかった人が歩くことができるケースも出てきております。ジムにはまた歩きたいと思っている人たちが通っています。そして医師からは一生車椅子生活と言われた人が歩いている事実もあります。

 

【J-WORKOUT】

 

そして数年前にノーベル賞を受賞した京都大学の山中教授が研究しているiPS細胞を今後移植することができれば、神経の再生につながり再び歩くことができるようになる可能性も秘めています。脊髄の障害を持っている方は再生医療が早く行われることを願っております。

 

簡単に説明しましたが、「足が悪いから車椅子生活」ではないということだけはご理解いただけたと思います。そのため昔のアニメ「アルプスの少女ハイジ」で、ハイジの親友のクララが突然車椅子から立ち上がるようなことはありえないということだけお伝えしておきます。

 


The following two tabs change content below.
白倉栄一

白倉栄一

「車椅子ライフデザイナー」として車椅子でも生活しやすい環境を目指す専門家。大手総合スーパーに入社したものの、24歳で交通事故に遭い、脊髄損傷が原因で車椅子生活になる。その後、ハンディキャップがありながらも、店舗の人事総務課長として人事・総務・採用・教育・クレームの責任者として勤務。社内のお客さま満足度調査では、店舗が全国1位に輝いた実績もある。また2005年からは1000件以上のバリアフリースポットを調査。2016年12月には念願だった日本1周の調査を果たし、車椅子でも行ける旅を紹介している。詳しいプロフィールはこちら→白倉栄一
Sponsored Link

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

YouTube公式チャンネル

Facebookページ

RETURN TOP