WelSearch ウェルサーチ

木島英登さんがバニラエアで搭乗拒否されて炎上した件についてまとめてみた


こんにちは。
Welserch編集長の日野です。

 

今回、話題になっている格安航空会社(LCC)

バニラ・エアの車いすの方を

搭乗拒否したという出来事について、

自分自身がどのような出来事だったのかを

知りたいと思い、さまざまなメディアから

情報をまとめてみました。

 

このような話題については、

賛否両論ありますので、あえて

中立的にどのような流れで

このようなトラブルに発展したのか。

 

また、芸能人やネットでの反応など

世間の声についても少し触れさせていただきました。

Sponsored Link

バニラエアで車椅子の搭乗拒否された概要

2017年6月5日に鹿児島県奄美市の

奄美空港において、格安航空会社(LCC)
バニラ・エアの関西空港行きの便で起きた事件。

 

ちなみにバニラ・エアは

ANAホールディングスの

傘下の航空会社です。

 

この便を利用した半身不随で

車いすユーザーである木島英登(ひでとう)さんが、

飛行機の搭乗の際にタラップの階段を

腕の力で自力で上らされたという出来事です。

 

では、どのような経緯で
今回のような出来事になってしまったのか?

 

バニラ・エア車椅子での搭乗拒否までの流れ

木島さんは6月3日に知人5人と

旅行のため、関西空港を利用しました。

 

木島さんとバニラ・エアの証言によると、

関西空港には搭乗ブリッジはあるけれど、

奄美空港では降機がタラップになる

形式となっております。

 

そこで、木島さんは関西空港の

搭乗カウンターでタラップがどんな感じなのか

実際の写真を見せられて、

 

歩けない人は乗れない

 

と言われたとのことです。

 

しかし、木島さんは

同行者の手助けがあるから大丈夫と伝え、

奄美では同行者が車いすの木島さんを担いで、

タラップを下りたのでした。

 

事件はここから起こります。

 

今度は関西空港行きの便に搭乗する時に、

バニラ・エアから業務委託されている

職員さんから

 

往路で車いすを担いで、

タラップを下りたのは、

弊社の規則違反でした。

 

と木島さんは言われたのです。

 

それだけでなく、

 

同行者の手伝いがあって、

自力で階段を昇り降りできるなら

搭乗可能です。

 

と説明されたとのこと。

 

同行者が往路と同じように車いすごと

担ごうとしたら、空港の職員が止めにかかる。

 

それで、仕方なく木島さんは車いすを降りて、

階段を背にして合計17段あるタラップの

一番下の段に座って、腕の力を使って

自力で一段ずつ上がっていったのでした。

 

しかし!

 

空港職員に「それもだめです」と言われたのです。

 

それで、3~4分かけて上まで登ったとのことです。

 

登っているイメージはこんな感じ。

 

これが今回の出来事の一連の流れです。

 

【当日の流れを木島さんが解説】

 

ちなみに、奄美空港だけが車いすを持ち上げる

施設や階段昇降機がなかったみたいです。

 

だから、

 

車いすを担いだりして昇り降りするのは、

危険ということでバニラ・エア社の規則では

認めていなかったといいます。

 

この出来事をきっかけに、バニラ・エア社は

奄美空港でアシストストレッチャー

(座った状態で運ぶ担架)を6月14日~

使用するようになりました。

 

さらに、階段昇降機も今は導入されております。

 

木島さんはこの一件に対しては、

 

「車いすでも心配なく

利用できるようにしてほしい」

 

とおっしゃっていました。

 

木島英登(きじまひでとう)さんプロフィール

木島英登さんはいったいどのような
活動をされている方なのでしょうか?

 

高校3年生の時に、ラグビー部に所属しており、

その練習中に下敷きとなってしまい、脊髄を損傷。

 

それから車いす生活をされております。

 

現在は、バリアフリー研究所の代表を

されており、事業としても、

 

  1. ビジネスコンサルティング
  2. 講演・社員研修
  3. 執筆

 

などされている方です。

 

以前は電通に務めており、

マーケティング局で活躍されていたみたいですね。

 

また、本も出版されており、

 

  • 空飛ぶ車イス
  • 恋する車イス
  • 車いすの旅人が行く

 

の著者であります。

 

木島英登さんの自身の活動も「金儲けが目的」

ということは認識しており、障害を

他の人にはない強みと考えて、

自分にしかできない活動をされております。

 

【AbemaTVに生出演】

 

いろいろと話題になっているので、
メディア露出も多い木島さんですが、

中にはこのような意見まで…

 

木島英登さんがクレーマーという記事も

木島英登さんがクレーマーだ!

という記事も発見しました。

 

これはどういった背景があり、
クレーマーと言われているのでしょうか?

 

それは、

 

過去に4回、搭乗拒否されていたという
事実があったからみたいです。

 

参照:「歩けない人は乗せれません!」(木島英登ブログ)

 

木島英登さんは、事前連絡をすると

逆に断られてしまう可能性もあり、

独断で事前連絡がなくても問題ないと

判断したと記載されておりました。

 

それで、これまでにも数多くの

トラブルになってしまったみたいです。

 

では、この行為はクレーマーに

値するのかどうか?

 

この出来事に関して、芸能人の方も

意見を述べておりましたので、紹介します。

 

バニラエアに関する芸能人の反応

木島英登さんのバニラエア搭乗拒否の
事件について多くの芸能人も
各々の見解を述べております。

 

どんな見解をしているのでしょうか?

 

乙武洋匡さん

今回のバニラエアの登場拒否に関して、
乙武洋匡さんもTwitterでコメントしています。

Sponsored Link

 

 

もちろん、このtweetにも多くの
反響がありました。

 

一例ですが、挙げていきます。

 

 

 

 

 

 

さらに、

 

バニラ・エアが燃えている。しかし、木島さんも燃えている。

という記事でも詳しく見解を述べております。

 

要約すると、

 

元から自力で歩けない人は搭乗できないという

ルールは障害者差別解消法に違反しており、

 

この法令に乗っ取ると、すべての人が

適切なサービスを受けられることが

法律で保障されております。

 

事前に連絡したら、明らかに断られるで

あろうところを無理にでも乗ろうとするのは、

クレーマーというのだろうか。

 

実際にバニラ・エア社はこの出来事から

わずか2週間以内には、ストレッチャーを

導入しております。

 

ということは、予算的にも、手続き的にも、

準備にそれほど負担がかかるもの

ではないことがわかります。

 

このことから、バニラ・エアは合理的配慮の

範囲内であるストレッチャーさえも

準備していなかったのは、

明らかに障害者差別解消法に違反している。

 

というようなことを述べております。

 

他の芸能人の反応もありました。

橋下徹

元大阪府知事の橋下徹氏も
この騒動について見解を述べております。

 

ハフポスト編集長 竹下隆一郎さん

乙武さんの記事を掲載されている

ハフポスト編集長の竹下隆一郎さんも

このように発言されていました。

 

 

認定NPO法人 DPI日本会議

DTI日本会議は、

 

  • 身体障害
  • 知的障害
  • 精神障害
  • 難病

 

などの障害種別を超えた95団体が加盟しており、

障害のある人もない人も同じように

暮らせる社会を目指している団体です。

 

バニラ・エア車いす利用者搭乗拒否に対するDPI日本会議声明

にて、当団体の意見が述べられております。

 

述べられていることは3つ。

 

  1. 歩けない人の搭乗を拒否することは差別である
  2. 環境整備と合理的配慮の提供を
  3. 障害者が搭乗できるように規則やシステムの見直しを

 

と表明されております。

 

編集後記

いかがでしたでしょうか?

 

このようにいろいろな角度から見てみると、

 

  • バニラ・エアは障害者の差別だ!
  • クレーマーだ!
  • 木島さんも事前に連絡しなかったのが悪い!

 

など様々な意見があることがわかりました。

 

どちらが正しくてどちらが悪い。

 

というのではなく、

健常者も障害者も関係なく

みんなが生活しやすいような世の中に

していくという意識がお互いにあれば、

このような問題も少なくなっていく

のではないかと個人的に思います。

 

(キレイごとかもしれませんが)

 

この出来事をきっかけに、

バニラ・エア社も改善するみたいですし、

多くの人がバリアフリーのことや

障害者のことを考えるきっかけにも

なったのではないでしょうか?

 

これを機にさらに多くの人が、

障害者のことにもアンテナを張るようになり、

みんなで助け合っていく世の中に

なっていければと願っております。

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

あなたのご意見や感想なども
ぜひお聞かせいただけますと幸いです。

 

あなたの一言がこのサイトを
よりよくするためのヒントとなりますので、
コメントやお問い合わせもお気軽にお書きください!


The following two tabs change content below.
日野信輔

日野信輔

株式会社Nextwel代表取締役。WelSerch編集長。福祉×Webマーケティングで障害者のプロデュースなどしております。ネットの力で福祉業界の素晴らしいところをどんどん発信するサイトを構築してます。詳しいプロフィールはこちら→日野信輔


お問い合わせはこちら


Sponsored Link

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

YouTube公式チャンネル

Facebookページ

RETURN TOP