WelSearch ウェルサーチ|福祉の専門家や当事者たちが発信する福祉情報サイト

一般的な開き戸(ドア)はどの位車椅子利用者への負担をかける?|実際の声も紹介!


開き戸を自動ドアにするシステムクリエーションです。

 

弊社の自動ドア装置は、車椅子利用者がいるご家庭におすすめしています。

 

しかし、多くの方は、以下のように考えてしまっていないでしょうか?

 

  • そこまで負担がかかっているようには見えない
  • 車椅子でも開閉できているから問題ない
  • 介護者がいるから必要ない

 

確かに介護者が常に付き添っている場合は、必要ないかもしれませんが、いつでもどこでも常に一緒にいるということは少ないでしょう。

 

また、周りから見れば負担がかかっていないように見えるドアの開閉は、車椅子利用者からすればとても大変なのです。

 

今回は、車椅子利用者にとってどれだけ開き戸(ドア)の開閉が負担になっているのか、自動ドアになることでどれだけ楽になるのかを解説します。

車椅子利用者が開き戸(ドア)の開閉で負担になる3つ

車椅子が開き戸の開閉で負担に感じることは、主に3つあります。

 

基本的な開き戸は、車椅子利用者のために作られているものではありません。

 

そのため、以下のような負担を感じさせてしまうのです。

 

  • ドアを押したり引いたりする力が入らない
  • 開き戸(ドア)を開く際に幅が足りない
  • 鍵に手が届かない

 

周りの方は、これらの負担について理解しておきましょう。

 

ドアを押したり引いたりする力が入らない

車椅子利用者は、ドアを押したり引いたりするだけでも負担がかかっています。

 

なぜなら、車椅子に座りながらだと、押す力も引く力も入れづらいためです。

 

たとえば、開き戸を押す場合、通常なら押すと同時に前に進みますが、車椅子に乗りながらだと、押しながら前に進むことが難しくなってしまいます。

 

軽いドアならまだしも、マンションやビル・店舗などの重量のある場合、片方の手でドアを抑えていなければ、ドアが閉まってしまうため、とても通りにくいのです。

 

引くタイプのドアも同様。

 

重量のあるドアは、グッと力を込めて引っ張らなければいけません。

 

しかし、車椅子のように座ったままでは、力を入れて引っ張ることが難しいです。

 

無理に引こうとすれば、バランスを崩して転倒してしまう可能性もあります。

 

開き戸を押したり引いたりすることは当然の動作ですが、車椅子に乗りながらでは、かなり難しい動作といえるでしょう。

 

開き戸(ドア)を引く際に幅が足りない

引くタイプの開き戸の場合、引く際に後方の幅が足りない場合があります。

 

車椅子でドアを引いて通る場合、ドアを引いた後に一旦車椅子で後方に下がってから通らなければいけません。

 

車椅子利用者でない場合は、ドアを引いた際に横によけたり、後方に隙間があれば問題ないかもしれませんが、車椅子の場合は後方にスペースがないと難しいのです。

 

とくに一般的な家庭は、廊下の途中にドアがあることが多いので、十分なスペースでない場合がほとんどでしょう。

鍵に手が届かない

車椅子利用者にとっては、「高さ」も負担の原因になります。

 

車椅子に座ったままでは、鍵穴に手が届かない場合があるのです。

 

一般的なドアは、比較的高い部分に鍵穴があることがほとんど。

 

車椅子利用者は、当然立ち上がって鍵をあけることができないので、とても不便です。

 

どうにか手が届く位置にあったとしても、それではスムーズに鍵をあけることができません。

 

ドアに関する実際の車椅子利用者の声

実際に車椅子利用者がドアによって苦労したこと、自動ドアがあることで便利に感じたことを見ていきましょう。

 

主に以下の2つを紹介します。

 

  • 通常のドアで苦労した声
  • 自動ドアがあったことで便利だと感じた声

 

さまざまな車椅子利用者の声があるので、参考にしてください。

 

通常のドアで苦労した声

通常のドアで車椅子利用者が苦労したケースをいくつか紹介します。

 

実際にどのような気持ちでドアを開閉しているのか、どんな不満があるのかわかるでしょう。

 

 

こちらは、押しドアで苦労されたケースです。

 

内容としてはとても心温まる内容ですが、投稿にもあるように、自動ドアではない押しドアでは気合を入れなければなりません。

 

また、投稿ではたまたま周りの方が助けてくれましたが、助けがなければドアの開閉が難しいということもわかるでしょう。

 

 

 

こちらは、ストレートに玄関ドアの開閉に困っている内容です。

 

このように、開き戸で困っている方は多くいます。

 

自動ドアがあったことで便利だと感じた声

自動ドアがあることで、スムーズだったケースや便利だと感じた声を紹介します。

 

いくつかを紹介するので、自動ドアのメリットとして参考にしてください。

 

 

こちらは、ハワイのホテルの自動ドアです。

 

動画付きなので、わかりやすいのではないでしょうか。

 

自動ドアであれば、車椅子利用者一人でも、スムーズに進入できます。

 

 

 

こちらもボタンを押すことでドアが開く、海外の自動ドアです。

 

投稿にもありますが、ベビーカーも車椅子利用者もスムーズに進入できるので、多くの人が便利に利用できます。

 

 

2つの声を紹介しましたが、自動ドアの便利さによる声に関しては、海外の自動ドアに関するものでした。

 

それだけまだ日本には、開き戸の自動ドア化が普及していないということです。

 

車椅子利用者の開き戸(ドア)による不満・負担は大きい

実際の声も合わせて解説しましたが、周りが考えている以上に開き戸による負担は大きいものです。

 

「今問題なく開閉できているから大丈夫」と考えている方もいるかもしれませんが、軽く開閉できてるように見えても、実は不満を感じています。

 

 

また「介護者がいるから必要ない」と感じる方もいるかもしれませんが、それは反対に一人では行動できないということです。

 

もし開き戸が自動ドアになっていれば、車椅子利用者が自分の好きなときに行動できます。

 

 

今回「自動ドアがあったことで便利だと感じた声」で紹介したものは、ボタン式ですが、弊社で取り扱っている「スイングドアオペレーター」はリモコンで操作することも可能です。

 

リモコンひとつでドアの開閉ができれば、車椅子利用者が感じる負担は、大きく減らすことができるでしょう。

 

スイングドアオペレーターの取り付けや費用に関しては、お気軽にご相談頂ければと思います。

 

周りがしっかり理解して、車椅子利用者の生活しやすい環境を作っていきましょう。

 

また、スイングドアオペレーターの詳細は、こちらをご参照ください。


The following two tabs change content below.
弊社は、開き扉用自動ドアを専門に販売施工をする会社です。車椅子の方や高齢で、足腰の弱ってしまった方など、玄関ドアの開閉に苦労されている方々が、快適にお出かけができる玄関ドアを提供します。今の玄関ドアを交換することなく装置を設置することで自動ドアにします。扉に触ることなく開閉できますので、コロナ対策にも有効です。電気錠を設置することで、お出かけの時に鍵のかけ忘れもなくなります。工事は1日で完了しますので、まずはご相談ください。詳細はこちら→システムクリエーション


▼『友だち追加』から登録する▼






お問い合わせはこちら


Sponsored Link

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YouTube公式チャンネル

障害者の自立プロジェクト

公式LINE@

記事やメルマガでは書けない

ウェルサーチの「素」の部分を配信♪



RETURN TOP