WelSearch ウェルサーチ

特別支援学校の高等部は高卒扱いになるの?大学入学の資格は取れるのか?


あなたは特別支援学校の高等部を卒業したら、どのような資格が得られるかご存知でしょうか?

 

私が特別支援学校で勤務していて、特別支援学校の卒業の資格について驚いたことがあります。

それは、特別支援学校の高等部を卒業しても高卒扱いにならないということです。

 

では、特別支援学校を卒業した人たちは、大学に入学する資格はないのでしょうか?

 

そこで今回は、特別支援学校を卒業したときに得られる資格と大学入学の資格について話をしていきます。

Sponsored Link

特別支援学校の高等部では高卒の資格は取れない?

冒頭でもお伝えしましたが、特別支援学校で勤務をしている私は、特別支援学校も学校なので、「高卒」の資格を取得できるものだと思っていました。しかし、現実は違ったのです。

 

あくまでも特別支援学校の卒業の資格は、特別支援学校の高等部を卒業したということを証明するだけのものです。

 

特別支援学校は一般的な学校とは異なり、「高校卒業」の資格を与えられるものではありません。

 

特別支援学校・普通校は1年間で1050時間以上勉強しなければいけないと、特別支援学校指導要領に定められています。

これについては、実際にご覧になっていただいた方がわかりやすいかと思います。

特別支援学校指導要領の第3款

特別支援学校指導要領の第3款に「知的障害者である生徒に対する教育を行う特別支援学校における各教科等の履修等」という項目があります。詳細は以下を参照してください。

 

第3款 知的障害者である生徒に対する教育を行う特別支援学校における各教科等の履修等

第2 各教科,道徳,総合的な学習の時間,特別活動及び自立活動の授業時数等

  1.  各教科,道徳,総合的な学習の時間,特別活動及び自立活動(以下「各教科等」という。ただし,この項及び8において,特別活動についてはホームルーム活動に限る。)の総授業時数は,各学年とも1,050単位時間(1単位時間は,50分として計算するものとする。3において同じ。)を標準とし,特に必要がある場合には,これを増加することができる。この場合,各教科等の目標及び内容を考慮し,各教科及び総合的な学習の時間の配当学年及び当該学年における授業時数,道徳,特別活動及び自立活動の各学年における授業時数を適切に定めるものとする

 

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/youryou/tokushi/1284551.htm

Sponsored Link

文部科学省 指導要領より抜粋

 

もっと詳しく指導の基準を知りたい方は上記のURLで調べてみて下さい。

授業時間等は普通校と同じようにはしていますが、カリキュラムや勉強内容は異なります。

 

特別支援学校の授業内容は、自立活動といった日常生活に必要なことも授業時間として組み込まれています。

ですので、1年間にたとえ1050時間の勉強したとしても高卒の資格をもらうことはできません。

 

では、特別支援学校を卒業した人たちは大学への夢は絶たれてしまうのでしょうか?

 

 

特別支援学校を卒業した人たちの大学入学資格について

特別支援学校の高等部では、「高卒の資格はもらえない」とおつたえしました。

しかし、「大学を受験する資格」は与えられるのです。

 

ちなみに、大学(短期大学を含みますが、大学院は除く)の入学資格は、以下のいずれかに該当する方に認められます。

 

  1. 高等学校又は中等教育学校を卒業した者(法第90条第1項)
  2. 特別支援学校の高等部又は高等専門学校の3年次を修了した者(法第90条第1項)

http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shikaku/07111314.htm

文部科学省より引用)

 

このように、特別支援学校の高等部を卒業したとしても高卒扱いにはしてくれませんが、大学や短期大学を受験する資格は与えられます。

 

【障害学生支援室の取り組み】

 

現在、特別支援学校に通っている方でも、大学や短大等の受験資格はありますので、夢を捨てずに頑張って下さい。

 


The following two tabs change content below.
柳澤智敬

柳澤智敬

現在、特別支援学校で教員をしています。障害がある方やない方の居場所を作り、将来の夢に向かって歩いていくことができるように支援しています。障害があることで避難されている人、困っている人がいる中で、その人たちを救っていくことが私の使命だと考えています。より良い社会を作っていくためにどうぞよろしくお願いします。詳しいプロフィールはこちら→柳澤智敬
Sponsored Link

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

YouTube公式チャンネル

Facebookページ

RETURN TOP