WelSerch

助け合える社会を作る特別支援学校の教員 柳澤智敬

名前柳澤 智敬
ふりがなやなぎさわ ともひろ
出身地神奈川県
職業特別支援学校の教員

ノートfacebook

 

 

このライターの記事

記事をもっと見る

所属

 

メディア掲載

グリーンバード
緑区でも「ごみ拾い」

 

 

たすけあいハウス

空き家を活用して居場所づくり

 

 

認知症テーマに「旭区中白根リビングラボ」

 

 

ボランティア情報誌「あさボラ通信」第6号

 

HOUSEONE presents HUMAN Talk BOXでのラジオ出演

 

旭北地区社会福祉協議会の広報誌で空き家活用について

 

NHK『人生レシピ』2020年3月20日放送、

「どうする?空き家 心得と活用術」

たすけあいハウスの取り組みが取材される

 

2021年2月19日放送

たすけあいハウスの取り組みが取材される

じもっと

YCV:横浜ケーブルビジョン『じもっと!!』

 

スマイルASAHIの活動が記事になる
地域の人とごみ拾い

 

店タクにてインタビュー:たすけあいハウス

店タク

 

ウェルサーチとTV制作の会社を経営しながら、「障害者と健常者が一緒に暮らす」がテーマのシェアハウス「MAZARIBA」を運営されている内田勉さんが一緒に行っている「ウェルトーーク!」というトークライブにゲストとして呼ばれました。

 

その時の動画はこちらになります。

 

【ウェルトーーク!〜vol.2〜】

 

1、はじめに

初めまして!現在は、知的障害のある子供達が通う特別支援学校で教員をしています柳澤 智敬(やなぎさわ ともひろ)です。簡単に自己紹介をさせていただきます。

 

2、小学生~大学生

私は、小学校~高校まで野球ばかりの日々を過ごしていました。高校三年生になっても、やりたいことを見つけることができませんでした。そして、将来のことを真剣に考えることなく、とりあえず大学に進学しようと考えるようになりました。

 

大学へ進学したものの二年生までは、自分の将来に目を向けることはせず、友達と遊び、日々を過ごしていました。しかし、大学三年生の時、自分の将来を真剣に考えるきっかけを与えてくれたある出来事がありました。その出来事は、タイラオスへバックパッカーとして、一ヶ月程の旅行をしたことです。タイとラオスに行くまでは海外に目を向けることはあまりありませんでした。

 

今回の旅行では、様々な体験を通し、自分の目で見て、数多くのことを学ぶことができました。その中で一番、強く感じたことは、たとえお金がなくても笑顔で、精一杯生きている人がたくさんいる」ということでした。そして、私は、貧困、環境、子供の教育、障害者の問題等に興味を抱くようになり、困っている人を救いたいという気持ちが強くなりました。

 

3、大学生~社会人(整体)

海外旅行から日本に帰ってきた時には、『人と関わり、社会に貢献でき、誰かを笑顔にできる仕事をする』と心に決めました。就職活動の時には、人と関わり、誰かを笑顔にすることができる職種を探しました。そこで見つけた仕事が整体でした。

 

整体に通うお客様には、「日頃のストレスを話に来る方」、「杖を付きながら来る方」、「体を軽くしたいと思ってくる方」と様々な人がいました。

 

自分が関わった人達が笑顔になり、楽しんで帰っていただきたいと考えた私は、仕事でお金を貯め、「ホームヘルパー二級」・「障害者ヘルパー二級」といった福祉の資格を取得し、高齢者にも適切な対応ができるようにしました。そして、体だけの疲れではなく、心から癒すことができるようになりたいと考え、心理学の勉強も同時に始めました。

 

4、特別支援学校の教員へ

整体の会社で高齢者や大人と接しているうちに「子供と関わる仕事」もしてみたいと考えるようになりました。特に「子供たちに生きている喜びを感じさせたい」という心が大きくなり、教員という道を選ぶことにしました。現在では、特別支援学校の教員という仕事に就き、あっという間に10年が経過しました。

 

特別支援学校には様々な障害のある生徒が通ってきます。知的障害の特別支援学校には、例えば、「知的障害」「精神障害」「自閉症」「ダウン症」「愛着障害」等、様々な障害が重複している生徒が多く在籍しています。

 

そして、「話をすることができない生徒」、「自分の気持ちを相手に伝えることができない生徒」、「体を上手に動かすことができない生徒」、「いじめられていた生徒」、「学校に行くことができなかった生徒」等、多くの生徒と関わってきました。困っていたり、生きづらさを感じていたりする生徒を一人でも多く救い、楽しい人生を送ることができるようにしていきたいと考えたことから、休みの日には、様々なことを勉強しました。

 

取得した資格として、「二級心理カウンセラー」・「NLPマスタープラクティショナー」・「カラーセラピスト初級」・「介護予防運動指導員」・「ファイナンシャルプランナー二級」等、他にもたくさんの資格を取り、知識を身に付け、学校で実践し、それを自分で使える知識として生かしています。

 

教育には正解はありませんが、一人ひとりに合った支援ができるように心がけています。今の自分に満足はせず、日々、自分自身が成長できるように行動し、努力を欠かさないようにしています。

 

5、教員以外の取り組み

教員以外には地域や街を良くしたいという思いから、ボランティアとして様々な活動に取り組んでいます。行動していくことでたくさんのことを見させていただき、学んでいます。私が現在取り組んでいる一部のことを以下にあげさせていただきます。

 

(1)「たすけあいハウス」の管理者ー障害者、高齢者、子供たちが安心して、過ごすことができる地域にするために実家を開放し、地域の人が集まることができる場所を提供しています。

たすけあいハウスHP

たすけあいハウスFBページ

(2)「グリーンバード 横浜南チームサブリーダー」ー毎月1回、みんなでゴミ拾いをし、かっこいい街作り

(3)イベント企画「ひまわり~sun flower~」ー不定期にイベントを企画

ひまわりFBページ

(4)「BPKSーJAPAN(副理事)」ー障害者の起業を支援するNPO法人人

6、これからの夢

私は、「みんながたすけあい、わかちあえる社会」を作っていきたいと考えています。私は地域の人と関わることを大事にし、現在は、NPO法人、社会福祉法人、経営者等と話をしたり、ボランティアしたりして小さな一歩を踏み出しています。これから私が取り組みたいことを以下に書いていきます。

 

①障害の知識を広める

②高齢者を元気にする

③障害者の居場所を作る

④子供達がやりたいと思っていることにチャレンジできる環境を作る

⑤地域に恩返しする等です。

 

他にもたくさんありますが、先ずは行動を起こし、できることからチャレンジしていきます。

 

プロフィールを最後まで読んでいただき、ありがとうございました。あなたに小さな一歩(行動)を踏み出していただけるように今後も記事を書いていきますので、これからもお付き合いの程よろしくお願いします。

 

柳澤智敬の記事一覧