WelSearch ウェルサーチ|福祉の専門家や当事者たちが発信する福祉情報サイト

障害者も健常者も一緒に楽しむイベント@東京!チャレフェスの全貌を公開!

  • 最終更新日:

日本初となる障害者と健常者とエンターテイメントでつなぐ素晴らしい団体があるのをご存知でしょうか?

 

その団体とは、「NPO法人チャレンジド・フェスティバル」という団体です。累計何千人もの方が参加している毎年1度、大きなイベントを東京で開催しています。

 

そして!

 

2019年もその大イベントを開催することが決まっています。障害者も健常者も誰もが楽しめるエンターテイメント。しかも、代表の齋藤さんは、元TVプロデューサーで多くの有名番組に携わっていました。

 

エンターテイメントのプロが開催するチャレフェスでいったいどのようにして、障害者と健常者が楽しめるイベントにしているのでしょうか?

 

過去のイベントも紹介しながら、東京で行われる2019年のチャレンジド・フェスティバルについて紹介していきます。

 

今回は1500名規模のイベントですが、いったいどのようにして障害者も健常者も共生できるエンターテイメントをしているのかを大解剖していきます!

Sponsored Link

障害者イベント「チャレフェス」とは

まず最初に「NPO法人チャレンジド・フェスティバル」。通称「チャレフェス」について、ご紹介していきます。

 

チャレフェスの想いは、

 

「エンターテインメント=楽しい活動」を共にすることで「みんなが友達」になれると言うことです。

 

こういった想いのもと、活動されている法人となります。

 

【ダイジェスト】

 

チャレフェスの経営理念

チャレフェスの経営理念は、

 

みんなが笑顔で暮らせる共生社会を創り、世界平和実現に寄与する

 

ということ。

 

チャレフェスのミッション(使命)

チャレフェスのミッションは、

 

エンターテインメントの力をもって、障害者をはじめとするマイノリティの存在と能力と想いを世に出す

 

この活動を通じて、マイノリティの存在をより多くの方に知ってもらえる機会を作っております。

チャレフェスのビジョン(目標)

チャレフェスのビジョンは、

 

マイノリティが笑顔になれば、マジョリティも笑顔になる。マイノリティが世に出れば、マジョリティに気付きが生まれる。

 

エンターテインメントを核に、イベントと広告の企画制作を軸に、すべての人が認め合い、助け合い、当たり前のように幸せを感じて生きられる、機会と空間を提供し続ける。

 

エンターテイメントを通じて、少数から多数へ笑顔を広げていく。

 

そして、みんなが認めあい、助け合う村のようなコミュニティを作ろうというビジョンのもと活動されております。

 

チャレンジド・フェスティバル代表

齋藤 匠さん

 

NPO法人チャレンジド・フェスティバル代表の斎藤匠さんは、元TVプロデューサーという経歴を持っており、

 

  • ウッチャンナンチャンのウリナリ!!
  • AKBINGO!
  • 世界の果てまでイッテQ!

 

などの多くの有名番組に携わっておりました。

 

そんな中、障害者との出会いからエンターテイメントを通じて、共生社会を創出しようと活動されております。

 

 

障害者も健常者も一緒に楽しめるイベント

チャレンジド・フェスティバルは、「エンタメの力で共生社会を創る!」がテーマのイベントです。さまざまな障害者をはじめとする生きづらさを感じた人を中心とした共生の文化祭となっております。

2019年のタイトル

2019年に行われるチャレンジド・フェスティバルのタイトルはこれです!

 

『チャレフェス文化祭2019秋~ 自己表現のエリート集団! 君も覚醒しようぜ! ~』

 

今年はどんなミュージカルになるのかとても楽しみですね!

 

今年のフライヤーは、このようになっております。

 

※クリックで拡大

2019年のイベントは、以下の3部構成となっております。

 

第1部

チャレフェス歌劇団による
「チャレフェス版ブレーメンの音楽隊」

 

年老いたロバ・イヌ・ネコ・ニワトリがブレーメンの音楽隊に入ろうと思い行動する珍道中。その間にブレーメンと思われるところにたどり着くと、そこは手話パフォーマンスの街だったり、フラワーアレンジメントの街だったり、料理の街だったり。

Sponsored Link

そして最後にたどり着いたのが泥棒の家であったが、その泥棒達を退散させて楽しく音楽を奏でながら生きていくのであった。

 

第2部

ロビー展示での
「様々な体験による気付き築きチャレンジ」

 

第1部の「ブレーメンの音楽隊」に出てきたものにまつわるものを中心に、観客が体験できるコーナー。

簡単な料理が作れる/フラワーアレンジメントが作れる/アート商品が買える

点字ブロック体験/手話パフォーマンス体験 などなど

 

第3部

チャレフェス音楽団による
「一緒に歌おう心に残る歌」

 

様々な障害ある人ない人による音楽団。フルオーケストラを目指して活動開始。

今回は演奏だけで聞かせることはなく、会場観客も一緒になって歌える日本の心に残る名曲を中心に披露。

 

 

過去のチャレフェス

日野
チャレフェスってどんなことしてるの?

 

とイメージしづらい方もいらっしゃるかと思いますので、過去のチャレフェスの風景をいくつかご紹介しましょう!車椅子パフォーマーによるパフォーマンスもありました♪

 

 

 

障害者も健常者もだれでも参加でき、楽しめるミュージカル。

 

 

ミュージカルなので、もちろん歌もあります♪

 

 

 

 

このような感じでエンターテイメントを軸に、誰でも楽しめるミュージカルとなっております。

 

チャレンジド・フェスティバル2019の詳細

2019年のチャレンジド・フェスティバルの詳細は以下のとおりです。

 

【日時】

今回は、2日間で合計3講演いたします。

 

2019年10月18日(金)

夜の部:開場 18:00 (開演 19:00)

 

2019年10月19日(土)

昼の部 開場 13:00 (開演 14:00)

夜の部 開場 18:00 (開演 19:00)

 

【料金】

全席指定 応援チケット:5,000円

(その内の1,000円はチャレフェス活動を通じて、障害者支援に使われます)

 

一般:4,000円

シニア・学生・障害者:3,000円

 

※シニアは65歳以上となります

※学生は小学生以上、大学生以下となります

※未就学児は無料、なお席の確保はご遠慮ください

※障害者の介助者(同伴者)は同額で1名まで同時に申込めます。

※全て消費税込みの価格となります

 

【会場】

全労済ホール/スペース・ゼロ

(〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-12-10全労済会館1F)

 

JR新宿駅南口から徒歩5分
京王線 都営大江戸線 新宿駅6番出口から徒歩1分

 

 

2019年のチャレフェスは、このような概要となっております。

 

日本初となる障害者と健常者とエンターテイメントでつなぐチャレンジド・フェスティバル。

 

  • 誰もが楽しめるミュージカルを見てみたい
  • 共生社会を望んでいる
  • 障害者が楽しめるイベントを見てみたい
  • プロのエンターテイメントを体感したい

 

という方は、ぜひ下記から参加お申込みをして、チケットを購入してください。

 

チャレフェスのイベントは、オンラインチケットサービスの「Peatix(ピーテックス)」での販売がメインとなります!

 

従来通り、紙チケットも販売しております。

 

このようなサービスに不慣れな方は、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。

 

お問い合わせ

 


The following two tabs change content below.
日野信輔

日野信輔

株式会社Nextwel代表取締役。WelSerch編集長。福祉×Webマーケティングで障害者のプロデュースなどしております。ネットの力で福祉業界の素晴らしいところをどんどん発信するサイトを構築してます。詳しいプロフィールはこちら→日野信輔


▼『友だち追加』から登録する▼






お問い合わせはこちら


Sponsored Link

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

YouTube公式チャンネル

公式LINE@

記事やメルマガでは書けない

ウェルサーチの「素」の部分を配信♪



RETURN TOP