WelSearch ウェルサーチ|福祉の専門家や当事者たちが発信する福祉情報サイト

【在宅勤務の事例】DIエージェントのキャリアカウンセリングを受けた障害当事者の体験談

DIエージェント

統合失調症で精神障害当事者のいざないのみことです。

 

私は、もともとイラストレーターとして活動しておりましたが、今、就労継続支援B型に週1ペースで通っております。

 

いざないのみこと
コロナ禍でますます就職も難しくなっているのではないか?

 

と不安を感じ、就職に関していろいろと調べておりました。

 

そんな中、DIエージェントさんとご縁があり、週1のペースで通うのがやっとの私でも、在宅勤務で就職できる可能性があるのかどうか知りたくて、DIエージェントさんの面談に申し込みさせていただきました。

 

今回は、DIエージェントさんの面談では、どんなことをしてくれて、どんな流れになっているのかの体験レポートをお届けします。

 

障がい者就労で在宅勤務を考えていらっしゃる方の参考になりましたら幸いです。

障害当事者の体験レポート

利用者プロフィール
名前(仮名)いざないのみこと
性別女性
在住愛知県
申込時の年齢42歳

 

サービス利用時の詳細情報
転職回数5回
最終学歴高等学校卒業
就職状況就労継続支援B型(週1ペース)
業種デザイン
雇用形態利用者

 

体験談|DIエージェントの流れ

DIエージェントさんを利用する流れは、下記のようになっております。

ご利用の流れ

 

いざないのみこと
今回1〜4までの流れをこの記事のためにお試し版として体験させていただきましたので、その流れを紹介させていただきますね。

面談【カウンセリング】について

カウンセリングの様子

▲現在は新型コロナウイルス感染症予防と全国からの相談に対応するため、オンラインでカウンセリングを実施(写真左:DIエージェント東郷さん)

 

DIエージェントのキャリアアドバイザー、東郷さんという方がカウンセリングを担当してくださいました。

 

東郷さんは、とても博識でいらっしゃって、私のデザイン業界への関心や過去の経験、そしてこれからどうしていったら良いのかを詳しく教えてくださいました。

 

DIエージェントのキャリアアドバイザーは、東郷さんのような経験豊富な方が揃っていると聞いたので安心してお任せできますね。

 

DIエージェントのキャリアアドバイザーの方が、コロナ禍での障害者就職について、わかりやすく解説してくださってますので、こちらも参考にしてみてください。

 

実際のカウンセリングの様子を書かせて頂きます。

 

カウンセリングの様子

東郷
最後に就職活動をしたのは、いつ頃ですか?

 

いざないのみこと
数年前、本屋さんで、イラストレーターを使用してPOPを作るお仕事をしていました。

 

東郷
その前は、どこに勤めていらっしゃいましたか?

 

いざないのみこと
A型作業所です。そこで、デジタルの知識を勉強しました。

 

東郷
在宅勤務をご希望ですが、どの職種をご希望でしょうか?

 

いざないのみこと
デザインかアート系です。

 

東郷
かしこまりました。

 

いざないのみことさんは現在B型作業所週1ペースで通所されていらっしゃるので、「将来的にこんな仕事が目指せるよ」とイメージが湧くような求人を見てみましょうか。

 

お住まいが愛知県だと求人数も首都圏・関西圏に比べると少ないので、全国フルリモート可能なDIエージェントだけがもつ非公開求人も含めてご案内させて頂きます。

 

と言った感じで進んでいきまして、あっと言う間に求人をいくつか出して下さいました。

 

DIエージェント注:今回は体験版でしたが、実際の求人ご紹介までは「履歴書」「職務経歴書」をご提出いただき、よりマッチした求人をご案内いたします。

紹介してもらった求人について

東郷
いざないのみことさんのご希望も踏まえて、たとえば、「まずは週3日の短時間勤務からゆっくりお仕事に慣れていきたい」といった場合は…

 

求人

▲在宅でデザインの仕事もできる「オープンポジション求人」

 

このように「フルリモートのデザイン職」「デザインセンスを活かせる広報の仕事」「オープンポジションのお仕事」など複数の求人票を見せてもらいました。

 

初めて聞く名前で障がい者求人の中でオープンポジションと言うのがありまして、入った状況で、障がい特性を活かして会社で必要な人材と一人ひとりの障がい特性を考慮した上で会社のご担当者様が、最適な配置決めて下さる求人など色々ご説明してくださいました。

 

いざないのみこと
その中で、デザインのお仕事もいくつかありまして、興味を大変そそられました。

 

でも、私の今の就労B型へ通っている状況と今行っているデザインの勉強の中で東郷さんが重要な事をおっしゃって下さいました。

 

在宅障がい者雇用の企業様の概ねの基準

在宅の障がい者雇用には、企業様の概ねの基準があると教えていただきました。

 

  • 地元の就労継続支援(A型・B型)や就労移行支援などの福祉事業所では援助が受けられ、安定した通所が出来ていれば、体調の安定根拠として評価してもらえる企業があること
  • 毎日続けて通えているか?【企業様が安心して長く働いてもらえそうだ】と安心してもらえる根拠【通所率】などが重要

 

この2点が特に重要ですと東郷さんはおっしゃっておられました。

 

さらに在宅勤務を目指すのであれば、パソコンを使ったリモートワークの求人が多いので「基礎的なパソコンスキルを身に付けること」も大切だそうです。

 

ですので、「今通っているB型事業所で安定就労実績を作りつつ、デザインの勉強をする事は、とても大切な事です」とアドバイスをいただきました。

 

担当者のサポートについて

東郷さんは、障害者就労のスペシャリストなので、デザインの事も良くご存じでした。私が、今、地元のデザイン会社さんで、ディレクションの勉強をしていると言う事をお話しましたら、

 

東郷
そこを教えてくれる教室と言うのは、貴重なので頑張ってください。

 

とおっしゃっておられたのが印象的でした。

 

私が今、出来る事としましては、このような流れになります。

 

できることB型作業所への安定的な通所を継続し、企業にとっての安心してもらえる根拠をつくる

デザイン【ディレクション】の勉強をして「一つでも多くのPRできるスキルを身に着ける」

将来的には、就職も出来たらいいね!!

 

という道筋が今回のカウンセリングで見えてきました。

 

いざないのみこと
中々上手くいきませんが、道筋もわからず途方に暮れる障がい者の方も多いと思います。

 

どうしていったら良いのかについて教えてくださったことは、とてもありがたいことだと思いました。

 

DIエージェントの評判は実際どうなの?

実際、体験させていただいた感想を述べさせていただきましたが、私自身はとても満足した面談で在宅勤務を目指している私にも可能性があり、すごく希望が持てました。

 

でも、ネット上での口コミや評判もやっぱり気になりますよね。

 

Googleでの実際の口コミをいくつか紹介させていただいて、その口コミに対しての見解を述べさせて頂きます。

 

口コミ

いざないのみこと
Googleでの評価は、4.1!

 

64件の口コミがあるので、信ぴょう性も高そうですね。

 

では、実際の口コミもいくつか見てみましょう!

 

口コミ 口コミ 口コミ 口コミ 口コミ

口コミ

 

いざないのみこと
このように高評価が多かったのですが、中には下記のような意見もありました。

 

口コミ

口コミ

 

いざないのみこと
上記のように、数年前は対応が遅いことがあったり、定着支援に不満を持っているといった声もあったみたいです。

 

ただ、最近の評価を見ると、このような課題もなくなっているみたいですね。

 

DIエージェント口コミの総評

いざないのみこと
このように全体的に高評価な口コミが多かったです。

 

実際にカウンセリングを受けてみた私も、自分自身の道筋が明確になり、とても満足しております。

 

まとめますと、

 

  • 性格を踏まえて丁寧に教えてくれた
  • フルリモートの求人も対応してくれた
  • 面接対策も率直な意見で対応してくれた
  • コロナ禍でも求人を紹介してくれた
  • 年齢に関係なく、求人紹介してくれた

 

といったような意見が多かったです。

 

いざないのみこと
特にコロナ禍での障がい者雇用は、障がい者にとって不安が大きいので、こうしたサポートが受けられるのは、本当に貴重なことだと思います。

 

在宅勤務をご希望でしたら、上の項目を満たせているかどうか再確認して頂けたらなあと思います。

 

DIエージェントは在宅勤務で障がい者求人を探している方におすすめ

在宅勤務を希望している私が、実際にDIエージェントさんのカウンセリングを受けてみて感じたことは、就職までの道筋を丁寧に教えてくださり、今何をすべきなのかが明確になりました。

 

いざないのみこと
特にコロナ禍で不安になっていたのですが、在宅勤務ができる就職の選択肢も広がり、とても安心しました。

 

在宅勤務で、障がい者求人を探していらっしゃる方は、ぜひD&Iエージェントさんをお試しください。まだ、見た事のない求人や、これからどうしていったら良いのかを教えてくださる会社さんだと思います。

 

障がいを持たれていると中々難しい事もありますが、まずは、地元のB型に行ってみて人と会うところから始めても良いと思います。

 

私も、自宅にこもりきりですともやもやしますし、寂しいですし、今は色々誘惑も多いですしね。

 

私が、体験した事をお話してきましたが、結論は、地元の障がい者施設に援助してもらいながらスキルを身に付けたり安定就労の根拠を作っていったりして、在宅勤務を目指すと言うものでした。

 

いやー長い道のりですが、頑張りましょう。

 

いざないのみこと
もし不安でしたら、DIエージェントのカウンセラーが丁寧に相談にのってくれますので、ぜひ有効活用してみてください。

 

こちらから登録ができます。

 

登録はこちら▼

DIエージェント


The following two tabs change content below.
高校卒業後上場企業に勤めるも、23歳の時、統合失調症を発症する。その後、A型作業所にてデジタルの技術を勉強し、地元のイラストレーターを師事する。Photoshop、illustrator、premiereなどの技術を教えてもらいつつ独自で勉強し、自閉症スペクトラムのお子さんに教えさせて頂いております。いっぱい遊びコト展AUTUMN Exhibition パークホテル東京にて原画のグループ展をやらせて頂き、海外展などのグループ展をへて、浜松市福祉交流センター 障害者アート展示会に出展させて頂いたさいに、中日新聞さんから取材のお申し込みがあり新聞にその模様が掲載されました。


▼『友だち追加』から登録する▼






お問い合わせはこちら


Sponsored Link

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YouTube公式チャンネル

障害者の自立プロジェクト

公式LINE@

記事やメルマガでは書けない

ウェルサーチの「素」の部分を配信♪



RETURN TOP