WelSearch ウェルサーチ

車椅子の購入における標準価格帯は?助成などの補助は受けられる?


車椅子ライフデザイナーの白倉です。

 

車椅子といっても、いろいろな種類のものがあり、どれくらいの価格になっているのかがわからないですよね。

 

しかも、高価なものもあるので、今の収入では購入できない…ということにも。

 

そこで、今回は車椅子の購入についてどれくらいお金がかかって、助成などの補助はあるのかについてご説明します。

Sponsored Link

ショッピングモールの車椅子

ショッピングモールなどでよく見かける車椅子は、介助者がいる場合に利用するものです。大概は車椅子生活をしている人が利用するのではなく、杖を突いて歩いたりしている方が、広大なショッピングモールでは疲れるので、介護をしている人が押してあげるために利用する場合が多いと思います。

 

私は総合スーパー(衣食住を取り扱っている)に勤務していて、お店には主要入口が3ヶ所ありましたので、10台以上は所有しておりました。総合スーパーで貸し出ししている車椅子は、一般小売価格で5万円前後の車椅子です。

 

この車椅子はあくまでも先ほど述べたように、常時車椅子を利用する方のものではないので、価格はお値打ちになっていますが、自宅でも車椅子を使用している方は、もっと機能がしっかりしているものを使用していると思います。高齢の方が使用する車椅子の価格帯は、15万前後となると思います。リクライニングができるものなどいろいろとあります。

 

自力で漕ぐ車椅子の購入はかなり高価

あとは自分で車椅子を漕ぐ人が使う車椅子です。この場合は、あちこち外出をしたりもするので、フレームの強度が高いものを選ぶでしょう。価格帯は25万円前後の車椅子を購入すると思います。こうなると、車椅子は高い買い物なんです。最近は外国製を選ぶ方も多くなっており、35万円以上するものもかなり出回っています。外車を購入するような感覚ですね。

Sponsored Link

 

ただし実際に個人が払う金額は、上記の金額ではない場合が多いです。自分が住んでいる市町村の福祉事務所にお願いすれば、10~15万円位は補助が出るでしょう。この助成は、市町村によっては、1台のみ補助が出る場合と、2台分(外用・家用)の補助が出る場合があります。これはまちまちです。

 

さらに車椅子に欠かせないものがクッションです。車椅子にクッションなんていらないんじゃないの?と思われる人がいらっしゃると思いますが、常時車椅子を利用する人にとって一番大事なものがクッションなんです。

 

一番のケアしなけばならないのがお尻

なぜなら車椅子に座っているとお尻が圧迫されてきます。しかもお尻が圧迫されていると、皮膚が真っ赤になり、悪化すると皮膚が壊死していきます。健常者であるならばお尻が圧迫されている段階で、痛くなってきますので立ち上がったりしますが、身体が麻痺している方などは痛みを感じないこともあり、圧迫されていたり、皮膚が赤くなっているのを気づかないんです。

 

皮膚が壊死すると血の巡りの悪い障害者などは、なかなか治りにくいことが言われています。褥瘡(じょくそう)、つまり床ずれにならないようにしなければなりません。そのため、車椅子のクッションは、安いもので2・3万のものがありますが、一番売れているのは5万前後のクッションになります。

 

車椅子の購入するのにどれくらいかかるかを述べましたが、大事なのは自分の身体に合うように、寸法を測って自分オリジナルのものを作ってもらうといいでしょう。


The following two tabs change content below.
白倉栄一

白倉栄一

「車椅子ライフデザイナー」として車椅子でも生活しやすい環境を目指す専門家。大手総合スーパーに入社したものの、24歳で交通事故に遭い、脊髄損傷が原因で車椅子生活になる。その後、ハンディキャップがありながらも、店舗の人事総務課長として人事・総務・採用・教育・クレームの責任者として勤務。社内のお客さま満足度調査では、店舗が全国1位に輝いた実績もある。また2005年からは1000件以上のバリアフリースポットを調査。2016年12月には念願だった日本1周の調査を果たし、車椅子でも行ける旅を紹介している。詳しいプロフィールはこちら→白倉栄一


お問い合わせはこちら


Sponsored Link

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

YouTube公式チャンネル

Facebookページ

RETURN TOP