WelSearch ウェルサーチ

我慢しないで楽しいことをして生きる!余命宣告を受けた平川翔さんインタビューvol.5

  • 最終更新日:

あなたは「もう少ししか生きられないです」と言われたらどうしますか?自分の命について考えたことはありますか?

 

実際に28歳のときに「もう7年しか生きられないかもしれない」と医者に余命宣告を受けた平川翔さん。今回は、余命宣告を受けた命のメッセンジャーとして、講演活動や整体・カウンセリング事業で活躍なさっている平川翔さんにインタビューをさせていただきました。

 

今回は、5つの記事にわけて、インタビュー内容をお伝えしていきます。この回がラストになります。第5回目のインタビューは、余命宣告を受けた平川さんの今後の目標について語っていただきました。

 

余命宣告を受けた状態なので、毎日が大切で未来の目標が描きづらいとおっしゃる平川さん。そんな状態の平川さんが、今後やりたいことというのは、親孝行でした。しかも、両親に感謝したり、プレゼントをするなどといったことは当たり前なので、目標ではないです。平川さんが行き着いた「親孝行」というのは、いったいどんなことなのでしょうか?

 

さらに、普段から夢を叶え続けている平川さん。なぜそんなにも夢を叶え続けることができるのか?その夢を叶えるコツは我慢しないで楽しいことをして生きるということでした。

Sponsored Link

平川翔さんプロフィール

余命宣告を受けた命のメッセンジャー
平川 翔(ひらかわ しょう)さん

 

プロフィール

東洋スポーツ整体 憩-ikoi- 代表。整体師・心理カウンセラー。1988年6月9日、長野県岡谷市生まれ。学生時代バレーボール漬けの日々を過ごし、日本代表選手を目指すが病気で挫折、指導者に転向。指導活動中に怪我などで挫折する選手や子供たちを目の当たりにし、自身の体験を重ね合わせる。そして、技術指導と心体のケアができる指導者になるために整体術と心理学を勉強・体得。

 

2012年から整体師として働き始め、約7000人の心身の悩みと向き合い、2016年に東洋スポーツ整体 憩-ikoi-を独立開業。2016年9月、記憶障害が発覚。精密検査の結果、海馬収縮による脳死の余命宣告を受ける。原因不明、治療方法もない。母の涙を目の当たりにし実感した突然の死との対面。自棄の日々を過ごすが、恩師の言葉で目覚め、残り7年の間に何を残せるかという挑戦を始める。

 

【講演歴・スピーチ大会歴】

  • 『第1回 私は自分の仕事が大好き大賞作文コンクール』 優秀賞
  • 『第1回 サムライ講演会』 審査員特別賞
  • 『第5回 私は自分の仕事が大好き大賞』 審査員特別賞
  • 『人生が変わる講演会 in 諏訪』大嶋啓介氏とのコラボ講演
  • 『スーパープレゼンテーションアワード』 優秀賞

 

その他:企業、倫理法人会、中学校・高校、ジュニアスポーツチームへの講演実績あり

 

平川さんインタビュー動画はこちらになります。第5回目は、9分ほどの動画となっております。下に書き起こしもしておりますので、見やすい方で見ていただければと思います。

 

【平川翔さんインタビュー動画】

 

親孝行を突きつめた結果

日野
先ほどは、本当に素敵なメッセージをありがとうございました。

 

講演活動やカウンセリング、整体という事業をされておりますが、今後、平川さんがやっていきたいことというか、目標というのはありますか?

 

僕、前はあったんですね。それこそ、いっぱいあったんですよ。でも今、余命宣告を受けた状態なので、何年後という未来が描きづらいんですよね。毎日が大切で、毎日のために集中する状態ですので。

 

だから、何年後にこうしたいとかないんですけど、今一番、僕が大きい夢として掲げているのは、両親よりも長く生きることですね。僕、両親が大好きなんですよ。両親がいなかったら、そもそも僕が始まってない。もちろん思春期の頃や余命宣告を受けてからも、色んなところで両親とケンカもしているのですが、やっぱり今となっては、僕を産んでくれた、僕の命をスタートさせてくれた親に感謝しかないんです。

 

もちろん色んな方法で感謝は伝えています。「産んでくれてありがとう」って言ったり、何かプレゼントをしたり、どこか一緒に行くなどね。でも、なんかそれは今まで僕を育ててきてくれた親に対する恩返しとしては、ありきたりだなと思ってます。

 

どんなことができるんだろう?親孝行って何だろう?ということを僕の中で突き詰めた結果、最大の親孝行は、今僕がこうなったからこそですが、長く生きることじゃないかなと思うのです。

 

日野
親孝行について、そこまで突きつめたことはないですが、確かに親より長く生きることが親孝行に繋がってきますね。

 

親よりも長く生きる。1日でもいい、1秒でもいいから長く生きて、両親からもらったこの命を全うすることというのが、今の僕の最大の夢ですね。それ以外にもいっぱいは細かいものはあるんです。

 

夢は叶えるものではない!

僕は「夢ノート」と言って、夢を100個書き出したりしています。例えば、

 

  • こんなところ行きたい
  • こんなことをしたい
  • 誰々さんに会いたい

 

といったような夢ですね。なので、何かしたいと思ったら僕の中で全部夢なんです。明日○○に行きたいというのも、今の僕にとっては夢です。

 

日野
平川さんは、それをどんどん叶えていらっしゃるんですよね?

 

そうですね。ただ僕が叶えるというよりは、叶えてもらっている感じがします。

 

日野
ほ〜!それは、周りの人から叶えてもらっているということですか?

 

そうですね。前までは、夢って僕自分で叶えるものだと思っていたんですよ。でも、最近になってから、夢は叶えるものじゃなくて、叶えてもらうものなんじゃないかなと思い始めているんですね。

 

日野
もちろん、それは他力本願ではなくていうことですね?

 

ではなくてです。もちろん自分で、努力と言うとちょっとアレなんですけど、まずこういう夢があるよと言うこと。

 

日野
先ほどの自分のことを伝えるじゃないですが、まずはそこも全部伝える。

 

平川流!夢を叶えるコツ!

そうです。僕、いつまでこれやりたいとか、こんなことをしたいとか言うと、「ああそれだったらできるよ」「手伝えるよ」「こんな情報あるよ」という人が現れるんです。そうすると何かさっきの話じゃないですけど、困って言ったから、あるいは、それになりたくて言ったから情報をくれるんです。それで、その夢が近くなってくるんですよね。

 

夢が近づいてくる感じ。だから僕、独立するちょっと前から夢ノートをやっているんです。1回目で100個書いたんですが、1年で50個以上叶ったんですよ。

 

日野
おお!それは、すごいですね。

 

なので、これはやってみてもらいたいなって思います。

 

日野
人にどんどん伝えるということですね。夢を書き出して伝える。

 

まずは書き出して、自分の中にこんな夢があるんだ!と知ることです。それを喋っていく。伝えるのは、もうどんな時でもいいと思うのですよ。友達の雑談の中で言う、飲み会の席で上司に「こんなことやりたいです!」って言う。そうすると、自分では思いがけない人から、アドバイスをもらいます。

Sponsored Link

 

楽しいこと・ワクワクすることをして生きる

これは僕の生き方の話ですが、僕がずっと決めているポリシーがあるんです。

 

日野
ポリシー気になります。

 

僕は、好きな時に、好きな人と、好きな場所で、好きなことをするというのを信条に生きているんですよ。だから、行動感性がまずは自分が楽しめるかどうか?なんですよ。あ〜この人とこんなことやったら楽しそうとか、あそこに行ったら楽しそうとか。

 

これをやったら面白そう、これを食べたらおいしそうとか。自分の中の楽しそうとか、ワクワクするだろうな、が描けない限り、僕はなかなか行動できないですよ。

 

日野
でも、自分もそっちタイプかもしれないです。興味があることはいけるんだけど、興味がないと乗り気がしないみたいな。

 

そうです。それって僕だけじゃないんじゃないかなと思うんですよ。皆そうなんじゃないかな。だから何かのせいして、それをやらなかったり、やれないという言い訳を作ったりするだけなんです。

 

日野
さっきの夢も話もそうかもしれないですね。例えば、今の資金力じゃこれできないから書いちゃダメかな?とか思うかもしれません。けど、そういうのもリミッターじゃないですが、制限をなしにして書いたほうが良いですよね。

 

そうですね。例えば、今の話だと、資金だったら資金繰りができる方法なんていくらでもあったりする。でも、それを今の僕は知らないから、夢って書くんです。そうすると、お金ってこうやって借りられるよとか、生み出せるよという知識が入ってくる。

 

我慢しないで生きる!迷惑はかけてもいい!

あるいは、時間ってこうやって作れるんだよ、とか。こういう手段で移動ができるとか、色々あるじゃないですか。だからまずは、僕は我慢する必要がないと思うんですよね。

 

日野
確かにそれは思いますね。我慢するのはもったいないです。

 

我慢って毒じゃないですか(笑)我慢しないでOKなんです。だから、僕は今言った4つですね、それを信条にただ生きたいなと思うんです。でも、その中で小さい迷惑をかけるってあると思います。何か調べて欲しいとか、何か情報が欲しいとか。そうなった時に、全部が全部自分の力ではできないからこそ、そういう意味で誰かに迷惑をかけることはいっぱいあるのですよ。

 

でも、それは自分が本当にやりたいから発信している情報を、「俺、手伝うよ」「私、手伝うよ」という人が手伝ってくれるわけだから、もうそこはおんぶにだっこしちゃっていいんです。で、その結果、僕が楽しくて、僕の周りにいる人、僕と知り合った人がお前と出会えてよかったよと言ってくれる。

 

そして、僕が死んだ後も、平川翔という人がいてさ、こういう奴だったと誰かに伝えてくれたら、僕はそれだけで満足なんじゃないかなって、今は思っている。

 

日野
いいですね。そういう関係ができると、どんどんいい循環が広がっていきますね。

 

そうですね。そうすると、さっき話をした僕のお世話になった社長の話じゃないですけど、僕の思いや言葉が、誰かの中に生きてくれる。最悪、僕の名前は忘れてもいいんですよ。こういう奴がいたと覚えていてくれれば。こんなに面白く生きている奴がいたと。どんな苦境でも笑っている奴がいた、ぐらいにね。

 

日野
確かに。それがその人の心の支えにもなりますよね。

 

そうですね。間接的にですが、最終的にはそういう人がいたんだと、支えになってもらえたらいいなと思います。だから、講演活動をしていますし、僕自身がなにより自分の人生を楽しんで生きようと思っています。

 

日野
そうですよね〜。やっぱり1度の人生、楽しんで生きていった方がいいですよね。

 

うちももちろん応援していますし、たぶん視聴者の方も応援してくれると思います。一緒に応援しあえる関係、Win-Winな関係ですね。皆で楽しめるような何かを作っていけたらいいですね。

 

いやー、楽しみたいですよね。もちろん今でも楽しいですけど、それをより増幅できるようなね。

 

日野
そうですね!ぜひ視聴者の皆もこの楽しいことに巻き込んでいければと思います。今日は本当に、お忙しい中ありがとうございました。

 

ありがとうございました。

 

編集後記

平川さん、5回に渡ってインタビューありがとうございました。

 

第5回目のラストのインタビューでは、平川さんの今後の目標について語っていただきました。余命宣告を受けた現状なので、未来のことは描きづらい。けど、1つ大きな夢として掲げていることは「親よりも長く生きる」ということ。親孝行を突き詰めていった結果、このような目標にたどり着いたとのことですが、親孝行の本質を教えてくれましたね。

 

また1年間で50個以上の夢を叶えた平川さんに夢を叶えるコツをおしえていただきました。モットーとしては、好きな時に、好きな人と、好きな場所で、好きなことをするということ。我慢をしないで楽しいことをして生きることで、夢はどんどん叶っていく。そして、自分だけで叶えるのではなく、人に協力してもらって「叶えてもらう」というのが夢を叶えるコツでした。

 

5回に渡ってインタビューをさせていただきましたが、平川さんには、命の大切さ、今を生きることの大切さというものを深く気づかせていただきました。今は辛いかもしれないけど、今を一生懸命に生きていれば、応援してくれる人が現れて、楽しく生きていける。

 

このインタビューを通じて、平川さんの講演がますます聞きたくなってきました。これを見ているあなたも、平川さんに講演をお願いしたいということであれば、下記お問い合わせから連絡ください。熱い講演をしてくれるでしょう。

 


お問い合わせはこちら
 

他のインタビューも下記、一覧から見ることができます。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

あなたのご意見や感想などもぜひお聞かせいただけますと幸いです。

 

あなたの一言がこのサイトをよりよくするためのヒントとなりますので、コメントやお問い合わせもお気軽にお書きください!

 

 


The following two tabs change content below.
日野信輔

日野信輔

株式会社Nextwel代表取締役。WelSerch編集長。福祉×Webマーケティングで障害者のプロデュースなどしております。ネットの力で福祉業界の素晴らしいところをどんどん発信するサイトを構築してます。詳しいプロフィールはこちら→日野信輔


▼『友だち追加』から登録する▼






お問い合わせはこちら


Sponsored Link

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

YouTube公式チャンネル

公式LINE@

記事やメルマガでは書けない

ウェルサーチの「素」の部分を配信♪



RETURN TOP