WelSearch ウェルサーチ|福祉の専門家や当事者たちが発信する福祉情報サイト

【豪華な審査員】障害者の物づくりデザインやアイディアのコンテストが開催されます


 

  • こんな商品あったらいいな
  • 自分の絵が広まってほしい
  • このデザインは自信あり!
  • このアイディアは役に立つはず!

 

と思っている方は、チャンスです!

 

障がいがある方々の商品をプロデュースされている「一般社団法人むすび」さんが第1回物づくりアイディア・デザインコンテストを開催します。

 

このコンテストでは、障がいをもつ個人・支援団体の皆様を対象に「物づくり」を通して、オリジナリティ溢れる商品などのアイディアやデザインを募集しております。

 

しかも、豪華な専門家の方々が審査をし、応募者全員に作品のフィードバックまでしてもらえる嬉しい企画。

 

このコンテストの開催は、第1回目となりますので、記念すべき初のグランプリを手にしてみてください!

物づくりアイディア・デザインコンテストとは

障害者の独特な世界観、アイディア、アート、デザインなどをプロが審査し、フィードバックするコンテストです。

 

  • こんな絵を描いた!
  • こんなものを作ってみた!
  • あんなものを作ってみたい!
  • こんなものがあったら便利だな!

 

などあなたの自由な発想で、素敵なアイディアやデザインを応募していただければ、プロの方々が審査してくれます。

 

応募のあった作品のうち、特に素晴らしいものについては制作費用を負担するだけでなく、専門家によるプロデュースを無償にて行ってくれる何とも豪華なコンテスト。

 

つまり、専門家があなたのアイディアやデザインを商品として販売できるよう市場開拓や宣伝活動などの支援をしてくれるのです。

 

障がいがある方々にとっても、このコンテストを通してアイディアやデザインを考える喜びや、想いが実現する可能性を感じていただけるようなコンテストになってます。

 

そして、経済的自立の一助になればとの想いもあります。

 

主催団体「むすび」とは

代表理事の大石明恵さんは、幼い頃の事故で左手に障がいをもちながらも障がいを前向きに捉え人生をたくましく生きています。

 

また、理事を務める小島令子さんは長年、製菓技術指導者として障がい者施設で障がい者の物づくりの現場に携わってます。

 

一般社団法人むすびは、そんな2人の経験から障がいがありながらも、素晴らしい才能と可能性に満ちた多くの物づくりやアートをもっと広く世の中に知ってもらい、障がい者が社会の一員として認められ、未来に希望を抱いて生きていけるよう私たちで出来ることから応援していく活動を始めました。

 

むすびは常に障がい者の心に寄り添うことを心掛け、共に理解しあい認め合いながら障がい者と健常者の垣根のない、より良い関係を築けるよう、様々な活動を通してその機会を作っていきたいと思います。

 

こんなアイデアが商品化されてます

実際に、むすびの活動では、障がいがある方々の物づくりのアイディアやデザインを商品化しております。

 

瓶のラベルに

蜂と小花の絵が国産はちみつの瓶ラベルになりました。

朝日新聞社で参加賞を受賞

イルカのアートクリアファイルが朝日新聞社「子供地球環境新聞コンテスト」の参加賞に選ばれました。

年賀状に

イラストが年賀状になりました。

 

このような受賞や商品化されているものを見ると、

 

こんなのでも応募して大丈夫なのか?

 

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、安心してください。

 

最初はそのような小さなアイディアから商品は生まれてきます。

 

ぜひあなたのアイディア・デザインを応募して、チャンスを掴んでみてください。

 

豪華な審査員たち

『第1回物づくりアイディア・デザインコンテスト』では、4名の豪華な審査員の方々が、あなたの作品・アイデアを審査してくれます。

 

しかも、残念ながら審査に落ちてしまったという方にも、作品1つひとつに専門家からフィードバックもしてくれるので、今後の商品化のヒントをもらうことができます。

 

4人の審査員

  • 松本 徹氏
  • 佐々木 康裕氏
  • 椿 邦司氏
  • 大石 明恵氏

松本 徹(まつもと とおる)

 

  • クリエイティブディレクター
  • 株式会社ブランドM代表取締役
  • 日本デザイン学会JSSD会員
  • 東京モード学園グラフィック学科講師

 

広告代理店、大手外資系化粧品会社にてシニアディレクターとして主導。アップルコンピュータでのDTP導入、日本に於ける初の商用印刷を実現させる。マクドナルド専任ディレクターとしてマックカフェのブランディング開発に取り組み市場導入と現在に至る成長に貢献する。2019年から東京オリンピックパートナー企業によるTOKYO2020プロモーションに携かわる。

佐々木 康裕(ささき やすひろ)

 

  • 元トゥモローランドクリエーティブディレクター
  • 株式会社ビヨンドワークス代表取締役

 

26年に渡る(株)トゥモローランド在籍中、メンズ事業部創設、事業部長として営業、生産、販売促進、店舗運営の統括を指揮し、販売促進部長として会社全体の販促、イベントのプロデュースも行う。多くの海外訪問を通じ異文化に触れることで審美眼を磨き、さまざまな視点からのマーケティング分析にも厚い信頼を得ている。現在は今までの経験とネットワークをベースにブランド、ショップの企画立案から立ち上げ、運営までの幅広いコンサルティングを展開している。

椿 邦司(つばき くにじ)

 

  • 椿建築デザイン研究所代表取締役
  • 一般社団法人国際里山文化協会代表理事
  • 公益社団法人国際茶道文化協会理事
  • 元東京都北区区議会議員

 

ヨーロッパを中心とする世界各国訪問でインテリアデザインに触れる。帰国後本格的に建築デザインを学ぶ。日本の伝統とモダンデザインの融合から住宅から茶室までトータルにライフスタイルを提案する椿建築デザイン研究所を設立。現在も「伝統と革新」をテーマに日本の茶室空間・まちづくり・ものづくり・里山文化までインバウンドを意識した国際化の中で日本文化を世界に発信する活動に力をいれている。

大石 明恵(おおいし あきえ)

 

  • 一般社団法人むすび代表理事
  • 帽子デザイナー

 

幼いころに事故により左手に障がいをもつ。「障がいがあっても何でもできるように・・」という母の厳しい愛情のお蔭で、明るくチャレンジ精神旺盛女な女性に成長。自身の経験から障がい者が希望をもって生きられる社会の実現を目指し一般社団法人むすびを設立。 また、感性溢れる斬新なでデザインが人気を集める帽子デザイナーとしても活躍中。

 

『第1回物づくりアイディア・デザインコンテスト』詳細

『第1回物づくりアイディア・デザインコンテスト』の詳細は、以下のようになっております。

募集期間

令和2年3月1日から6月末日まで。

郵送の場合は当日消印有効

対象

  • 障がいをもつ個人
  • 障がい者施設
  • 障がい者の支援団体

参加費

無料

応募方法

下記よりエントリーの登録をしてください。

 

エントリー後、追って応募用紙を郵送またはデータでお送りします。

 

選考には、面接またはSkypeなどのオンラインによるプレゼンテーションの最終審査があります。

 

応募の流れ

FAXでも構いません

発表

令和2年10月初旬

 

コンテストの賞品

『第1回物づくりアイディア・デザインコンテスト』では、グランプリ・優秀賞・アイディア賞と3つの賞をご用意しております。

グランプリ

1点:商品化に伴う費用及びプロデュースをいたします。

プロデュースの流れ

グランプリに輝いた方のプロデュースの流れは、以下のとおり。

優秀賞

1点:賞金5万円を贈呈いたします。

 

アイディア賞

1点;賞金3万円を贈呈いたします。

 

 

賞品

  • グランプリ:商品化・プロデュース
  • 優秀賞:賞金5万円
  • アイディア賞:賞金3万円

 

審査の流れ

コンテストの審査の流れは、以下のとおりです。

 

このように専門家の方に審査していただき、フィードバックも得られる貴重なコンテスト。

 

  • アイディアをプロデュースしてほしい
  • アートを広めたい
  • デザインを商品化したい
  • 専門家からフィードバックがほしい

 

といった方は、参加無料ですので、下記ボタンからフォームを記入して、『第1回物づくりアイディア・デザインコンテスト』にエントリーしてください。

応募は締め切りました

 


The following two tabs change content below.
ウェルサーチ 障害者・編集チーム

ウェルサーチ 障害者・編集チーム

Welsearchの障害者・編集チーム。障害を持ったさまざまな方がリアルの日常や施設・職場での体験を発信しております。障害者の生活や考えはどのようなものなのか?感じ取っていただければ幸いです。


▼『友だち追加』から登録する▼






お問い合わせはこちら


Sponsored Link

YouTube公式チャンネル

障害者の自立プロジェクト

公式LINE@

記事やメルマガでは書けない

ウェルサーチの「素」の部分を配信♪



RETURN TOP