WelSearch ウェルサーチ|福祉の専門家や当事者たちが発信する福祉情報サイト

同志社大学研究開発推進機構および理工学部特任助手 高原まどか

 

 

名前 高原 まどか
ふりがな たかはら まどか
所属 同志社大学研究開発推進機構および理工学部特任助手

スタンフォード大学SCNラボ

発信内容 主に睡眠に関する情報

自己紹介

皆さま、初めまして。こんにちは。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

この度ご縁があり、welsearchさんで記事を書かせて頂くことになりました高原と申します。私の記事では主に、正しい睡眠についての知識と、皆さんからの睡眠のお悩み相談をしようと考えております。そして今回は初回と言うことで、お悩み相談を始める前に少しだけ、自己紹介を兼ねて私自身についてお話しようかと思います。宜しければお付き合い下さい。

 

私は、大学で高齢者や障がい者の方への支援の仕組みづくりを研究しております。工学技術を用いて高齢者や障がい者の方々の睡眠をサポートする研究を行っています。そして現在、睡眠研究の世界トップレベルのStanford大学のSCNラボに研究留学しております。

 

Stanford大学SCNラボは,Sleep and Circadian Neurobiology Laboratoryの略で,睡眠の研究を行っている研究所です。SCNラボの所長は日本人の先生で、”日本人が少しでも良質な睡眠を取ることが出来るように”という思いを胸に、日々様々な研究を行っています。

 

そして、私が睡眠に関わる研究を始めたのは、私自身が過去、睡眠の問題を抱えた経験があるからです。夜ベッドに横たわっても寝れない、朝起きれない、夜中何回も目が覚めてしまう、等、睡眠の悩みは生活の質に直結しているのでとても辛い。

 

現在、日本は世界で平均睡眠時間がワースト1の国と言われています。それは、多くの人が毎日短時間の睡眠しかとれず、仕事や家事、勉強等行っていることになります。

 

そうは言っても仕事や家事、育児、勉強、学校、アルバイト、趣味、ストレスでの不眠、等、中々寝る時間を確保したり良質な睡眠を取ることって難しい。私も過去睡眠に問題を抱えましたが、原因は対人関係や過度なストレスからでした。

 

では、そんな睡眠時間の確保が難しい皆さんが、どうしたら少しでも良い睡眠をとれるのか。それは、睡眠の質を向上させるためほんの少しの行動を起こす”ことが大事となります。

 

そうは言っても、睡眠の質を向上させるにはどうしたらいいの?寝れないのに睡眠の質って言っても。。。と思われる方もいるかもしれません。

 

世間ではそんな睡眠の悩みを利用した、質の悪い睡眠ビジネスも多く出てきています。

 

ですので、これからWelsearchさんにて定期的に、睡眠研究のメッカStanfordから、正しい睡眠の知識の発信と、皆さんの睡眠のお悩み相談を始めたいと思います。睡眠でお悩みの皆さんのお役に少しでも立てたら幸いです。

 

最後に、日本は四季折々ですので、朝晩の温度差に気を付けて、自分の身体を労わってあげてくださいね。

Stanfordから愛を込めて。

 

高原まどかの記事一覧

 

YouTube公式チャンネル

障害者の自立プロジェクト

公式LINE@

記事やメルマガでは書けない

ウェルサーチの「素」の部分を配信♪



RETURN TOP